JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

左耳タブの前側すぐの場所に、パチンコ玉大のしこりがあります。 耳下腺腫瘍と診断され、5月16日に手術予定となってい

解決済みの質問:

左耳タブの前側すぐの場所に、パチンコ玉大のしこりがあります。
耳下腺腫瘍と診断され、5月16日に手術予定となっています。

最初に気づいたのは、ハッキリした記憶は無いのですが、3月前くらいです。
ひげそりの時、指先に米粒大よりも少し大きめの感触がありました。
痛みもないので、以後は特別意識することなく経過しました。
4月初め、妻が私の左耳たぶ前側の腫れに気づき、4月6日、市内の外科病院を訪れました。

病院の受付で症状を説明したところ、形成外科の受診となりました。
形成外科は、週2日だけの診察日で、水曜日は医大の教授、金曜日は同じ大学の準教授が診察し、午前診察、午後手術対応となっています。
4月6日(金)の診察で、耳下腺腫瘍の疑いと診断されました。
MRIを撮影し、4月18日(水)の教授診察を受け、耳下腺腫瘍の診断が確定し、手術となった次第です。
手術は教授の医大病院でなく、外科病院で行います。

耳下腺腫瘍についてはネットで知識を 得ましたが、症例の少ない病気だと認識しました。
そこで気になるのは、以下の2点です。

1点目
教授は水曜日、準教授は金曜日しか外科病院に来ません。
教授・助教授の居ない日は、外科病院の外科医が対応するとなっています。
そんな体制なので、術後のケアが心配です。
このような例はよくあることなのでしょうか?
ちなみに、外科病院は二次救急指定病院で、外科医はたくさんいます。

2点目
昨日23日、胃の具合が悪くかかりつけの医院に行き、耳下腺腫瘍の手術の話をしました。
医師は、私のしこりを触診して、「本当に耳下腺腫瘍と言ったか?」と聞かれました。
診察は形成外科で、MRIを撮ったことを話しました。
何故なのか聞いたら、「しこりの位置が耳下腺よりも上側のような気がするがなあ~」と言われました。
ちなみに、医院の医師は、外科病院の形成外科は大学教授であることを知っていましたので、「教授の診断ならそうなんだろう」ということになりましたが、不安になりました。

私のしこりの中心位置は、丁度左耳たぶの上側ラインにあり、耳たぶ端から前側10ミリ程の場所で、直径15ミリくらいです。
耳下腺の範囲に入るのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.

こんにちは猫山と申します。

 

第1点ですが、形成外科はマイナーな診療科で医師数も多くはないですから、こうした体制の病院はよくあると思います。
形成外科医と申しますか、執刀医が常勤していないという意味で、何か術後トラブルがあった場合の連絡がとりづらいというデメリットはあるでしょう。

顔面神経麻痺やFrey症候群(手術後に耳下腺から唾液を作る指令を出す耳介側頭神経が再生の際に汗を作る汗腺に迷入することで、食事の際に耳前部が赤くなったり汗をかいたりする現象)に一般外科医が対応できるのかどうかはわかりません。

 

2点目ですが、「左耳たぶの上側ラインにあり、耳たぶ端から前側10ミリ程の場所」がどこなのか、正直よくわかりません。耳下腺の解剖図を以下に示します。

http://merckmanual.jp/media/mmhe2/figures/fg111_1.gif

頭書の「左耳タブの前側すぐの場所」ということなら耳下腺で矛盾しないと思いますよ。

耳下腺造影を行っていれば、本当に耳下腺腫瘍なのかどうかは一目瞭然なのですが(耳下腺は口の中に唾を出す入り口が開いていますから、そこから造影剤を入れ耳下腺に逆流させて耳下腺腫瘍の状態を評価することができます)、MRI検査だけで確定診断がついたのでしょうか。

 

限られた情報から判断する限りでは、私の見解としても、「教授の診断ならそうなんだろう」「非常勤の病院で手術を行うリスクも鑑みた上でその病院で手術することは問題ないと判断したのだろう」というところになります。

 

以上、ご参考になれば幸いです。

猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問