JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14291
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

職務中(知的財産に関する事務仕事)居眠りを先輩から指摘されます。時々、意識が飛ぶことがあるらしいのです。そのため、睡

解決済みの質問:

職務中(知的財産に関する事務仕事)居眠りを先輩から指摘されます。時々、意識が飛ぶことがあるらしいのです。そのため、睡眠時無呼吸症候群の可能性を確かめる検査も行い、軽度から中程度との診断でした。産業 医に相談すると、大したことではない、とのご判断でした。MRIの検査等をして、居眠りの原因がわかるのでしょうか。8年前に軽い脳梗塞を起こしており、MRIでは、はっきりでると考えております。持病としては、25年間、糖尿病をインスリン治療を行い、この10年間は狭心症に苦しみ、7年前に冠状動脈のバイパス手術を行いました。54歳・男性です。
よろしくご指導賜りますようお願い申し上げます。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
おはようございます。猫山と申します。神経内科医です。

①検査を受けられたのであれば、睡眠時無呼吸がt中枢性のものか末梢性のものかにつ いても診断がなされたのではないかと考えますが、いかがだったでしょう? 検査を受けたその病院でMRIを勧められたのですか?

②狭心症や脳の梗塞を起こされていますが、血糖値のコントロールは良好でしょうか。

③他に持病や常用薬があれば教えて下さい。

④相談者様の身長と体重を教えていただけますか?

⑤脳梗塞を起こした部位を出来るだけ詳しく教えてください。

以上、確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

神経内科医・猫山先生

 以下に御質問に対しての回答を申し上げます。なお、小生は薬学部の卒業で医学部の基礎(分子生物学)で学位を取りました。現在、農水省管轄の独立行政法人で研究職です。

①PGS検査は呼吸器内科で行いましたので、「睡眠時無呼吸症候群ではないか」と医師に尋ねたのは私の方からです。そのため、「中枢性のものか末梢性のものか」という説明はありませんでした。7時間の睡眠で53回1分程度の無呼吸があり、最長は73秒でした、との説明を受けました。軽症から中程度との診断でした。その際にMRIの話はありませんでした。

②脳梗塞を起こしてからは、FBSの自己測定を毎日欠かさず、その結果、この5年はHbA1cの値も5.5~6.0と血糖値のコントロールはOKです。低血糖もほとんどありません。インスリンの量は毎食前40ユニットと日本人離れしていると医師に言われております。

③若いころから頭痛に悩まされているため、現在毎日昼夜の2回、ボルタレンを服用しています。また、7年前に手術を行い、入院した際よりマイスリーを1~2錠常用しています。他にも、バイアスピリン、セロケン、ヘルベッサー等の薬は服用しております。

④身長は174cm、体重は79kgです。

⑤MRIは約8年前に取ったため、良く覚えておりませんが、たしか、脳の左側の側頭部に

異変があり、右手が1週間ほど、不自由になった記憶があります。3日ほど点滴を行い、その後リハビリを行い、2週間ほどで退院しました。毎年、人間ドックは行っておりますが、脳ドックは行っておりません。

以上、取り急ぎのご報告まで。よろしくお願いいたします。 拝

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

もしかすると最初のご質問の意図を読み違えていたのかもしれませんので改めて確認させてください。

相談者様は「睡眠時無呼吸症候群と診断されたが、軽度から中程度なのでこれが職務中の居眠りの原因だとは思われない。他に原因があるかもしれないが、それはMRIを撮影すれば判明するのだろうか」という意図でご質問されていたのでしょうか?

お手数ですが、再度確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

神経内科医・猫山先生

 回答申し上げます。

 

私の居眠りは高校生くらいの時から頻発し、当時は受験勉強のため、5時間くらいしか寝ていなかった為であろう位に考えておりました。しかし、最近は7時間以上の睡眠を取り、ストレスも特にない以上、居眠りを指摘されている以上、何らかの回答が必要ではないかと考える次第です。MRIによって結論が出るような簡単な話では無いとも考えます。しかし、職場への報告として、原因は分かりません、という回答だけは避けたいと考えます。「気がゆるんでいるから」ではなく、医学上問題はないか、という回答が欲しいわけでございます。

 

よろしく、アドバイスのほど、お願い申し上げます。 拝

 

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信ありがとうございました。
事情は理解いたしました。

結論としては、睡眠時無呼吸症候群(SAS)が相談者様の居眠りの原因である可能性が高いと思われます。
SASの重症度は無呼吸低呼吸指数によって定められ、これは、無呼吸(睡眠中に10秒以上換気が停止すること)が1時間あたり何回起こるかを算定したものです。
無呼吸が5~15回で「軽症」SASと評価されますので、1時間に7回の無呼吸を起こしている相談者様は無呼吸低呼吸指数による評価では軽症となります。

しかしながら、1回当たりの呼吸停止 時間が1分、時にはそれを超えるとのことですから、呼吸停止の回数は少なくても、換気状態は1時間に7回、それぞれ10秒間の無呼吸を起こしている患者様とは比べ物にならないでしょう。

この点について勘案していただいた診断書を呼吸器内科医に作成していただき、職場に提出されるべきではないかと考えます。
また、相談者様ご自身の健康のためにも、持続陽圧呼吸療法といった治療に関しても検討していだくべきでしょう。減量も考慮されるべきかもしれません。

ちなみに中枢型SASと閉塞型(末梢型)SASの鑑別は、PSG検査で鑑別が可能です。
口鼻での気流停止時に胸部と腹部の動きも停止していれば、その無呼吸は中枢型です。
閉塞型は胸部・腹部ともに呼吸運動をしていますが、動きが逆になり、有効な喚気運動になっていません。
中枢型であった場合、脳梗塞の既往、もしくは新たな脳病変の存在を念頭に頭部MRIを含めた検査を行うべきでしょうが、高校生時(脳梗塞発症前)からの居眠りということですから、統計学的には閉塞性SASである可能性が高いでしょう。

日中の居眠りということで鑑別すべき疾患としては、てんかんの一種である欠神発作(急に意識を失い、数秒から数10秒間後、突然に意識が元に戻る発作)やナルコレプシーが挙げられますが、前者の場合はてんかん専門医のもとでの脳波を中心とした検査、ナルコレプシーならば睡眠専門医による診察と血液検査(日本人ナルコレプシー患者では全例でヒト主要組織適合抗原の一種であるHLA-DR2とDQ1が陽性になります)によって診断が付けられます。
職場から、厳密な鑑別診断も求められるならば、これらの検査を受けられる必要があるかもしれません。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問