JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14384
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

先月生まれた娘が生後18日で胆道閉鎖症と診断され、葛西手術を受けました。 ステロイドや利胆剤(ウルソ)などが投与さ

解決済みの質問:

先月 生まれた娘が生後18日で胆道閉鎖症と診断され、葛西手術を受けました。
ステロイドや利胆剤(ウルソ)などが投与され、術後約1カ月が経とうとしていますが、
黄疸がなかなか引かない状況です。

そのような状況の中で、何か良い薬や治療法がないものかインターネットで調べてみた所
"インチンコウトウ"という漢方薬が胆道閉鎖症の術後黄疸消失や肝機能改善に有効のようである、という記事を見つけました。

主治医にこのことを話してみた所、
「確かに使用している病院もあるが、あまり効果のあるものではない、また効果も実証されていない為、使わない」との回答でした。
インターネット上では、いくつかの病院ではインチンコウトウによる効果が出ているという記事もある為
副作用などのリスクが非常に高いということではないなら、使用をお願いできないものかと考えております。

ただ、主治医の話の雰囲気から、「実はこの漢方薬について単に詳しくなく、よく分からないから使えないだけなのでは?」
と、少し勘ぐってしまっています。

つきましては、本件についてご意見や、差し支えなければ類似の経験談があればご教授いただけないでしょうか?

宜しくお願い致します。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。

個人的には、お嬢様に対して、茵蔯蒿湯(インチンコウトウ)をトライしてみてもいいのではないかと考えます。

主治医が、「実はこの漢方薬について単に詳しくなく、よく分からないから使えないだけ」というのは、2つの意味で正しいでしょう。

1つは、インチンコウトウが肝臓の線維化を抑制することで胆道閉鎖症による肝不全を防止する効果を有する可能性が順天堂大学の小林弘幸教授によって示され、海外の医学雑誌に論文として掲載されているという、医学的な研究業績と、それに続く臨床経験について知らない可能性があります。

もう1つは、漢方医療そのものを知らない可能性です。
漢方薬の場合は、西洋薬とは異なり、症状に合わせてお薬が決められるわけではありません。
舌の性状やお腹の固さといった「証」を診て、その患者様ごとに処方されるお薬が変わるのが本来の漢方医療です。

症状は同じなのに処方される漢方薬は違ったり、同じお薬が異なる症状に対して用いられることが漢方ではしばしばございます。
http://kanpo.kenko-jp.com/100/ent158.html
http://www.kamponavi.com/library/l03.html

お嬢様の主治医は、この2つの事実を知らないでしょう。
しかし、この2つの事実の間にもまた、大きな矛盾が横たわっています。

インチンコウトウで胆道閉鎖症の治療を行っている医師、研究している医師の大多数が漢方の専門医ではないのです。
本来インチンコウトウが使用されるべきは、「体力中等度以上で、口渇があり、尿量少なく、梗秘するものの次の諸症」に効くとされる漢方薬です。
しかし彼らは、この「証」を全く無視して、インチンコウトウを胆道閉鎖症の患者様に絨毯爆撃的に投与し、効いた、効かない、といった議論をしています。

つまり、漢方薬を西洋医学の方法論で研究しているわけで、これが果たして正しい結果を指し示すものなのかははなはだ不明確であると言わざるを得ないでしょう。
「確かに使用している病院もあるが、あまり効果のあるものではない、また効果も実証されていない」という主治医の言葉は、くしくも当たっているかもしれません。

冒頭に述べましたように、お嬢様にインチンコウトウを試みる価値はあると思います。
しかしそれを行うのであれば、胆道閉鎖症と漢方薬の知識を十分にもった漢方専門医にお嬢様の「証」を診てもらい、お嬢様にこのお薬が合うことを確認してもらってから投与するのが安全策でしょう。「副作用などのリスクが非常に高い」かどうかも含めて、漢方的な診察が必要です。

ご参考までに、以下に日本東洋医学会の専門医の検索ページのリンクをお示し致します。

【漢方専門医の検索】
https://www.jsom.or.jp/jsom_splist/listTop.do
質問者: 返答済み 5 年 前.

早々かつ非常に丁寧なご回答ありがとうございます。

 

漢方の投与にあたっては、専門医に「証」を診ていただく必要があるということですね。

 

ちなみにですが、漢方の専門医の方たちは、このインチンコウトウが

胆道閉鎖症による肝機能障害や、黄疸に有効かもしれないということは

ご存知なものなのでしょうか?

(常識レベル?インチンコウトウに詳しい医師は知っているレベル?)

 

それはさておき、近所の漢方の専門医からあたっていくしか無いということでしょうか?

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
> 漢方の専門医の方たちは、このインチンコウトウが胆道閉鎖症による肝機能障害や、黄疸に有効かもしれないということはご存知なものなのでしょうか?

知っている専門医は多いと思います。漢方薬の評価を上げたニュースであったのは間違いないので(最初の論文発表がたしか2010年でしたから、最近のトピックでもあります)。

ただ、前述の理由(漢方の理論に基づいて研究されていない)ことを受けて、批判的なスタンスの人もいます。

それもこれも含めて「近所の漢方の専門医からあたっていくしか無い」ということにならざるをえないかと存じます。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問