JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, ER救急医 准教授
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4173
経験:  医師
61793059
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

67才になる父親ですが、数年前から足の痺れがあり、約1年ほど前くらいからは歩行も杖(スキーストック2本を杖変わりに歩

解決済みの質問:

67才になる父親ですが、数年前から足の痺れがあり、約1年ほど前くらいからは歩行も杖( スキーストック2本を杖変わりに歩行)を使用しないとまともに歩けず、半年前に「腰部脊柱管狭窄症」ということで手術をしました。術後、数ヶ月経ってもなかなか歩行状態は良くならず、足の痺れ感も強いままで最終的には車のブレーキやアクセルを踏む感覚もわからなくなり、再度病院受診をしたところ、頸から来ているとのことで手術を勧められ(手術をしないと歩けなくなると言われ)、今年の2月中旬に頸の手術をしています。結果、頸の術後も歩行は改善されず、また両足の痺れ感も変わらずで (両足裏の感覚が余りなく雲の上を歩い ているような感じ-と本人)、今はリハビリ専門の病院に転院しリハビリを続けていますが改善はされていません。※医師からは、頸の下辺りの血管が一部断絶されているので、下肢の痺れや他の症状(黙って横になっていても、勝手に足がビクビクと痙攣したようにかなり大きく動き寝付けない)がでるのも仕方がない-と言われています。歩けなくなるまではジッとしていることがないほどに運動をしていたスポーツマンでしたので、今の父の気落ちした姿を見るのが辛いです。今の状態から改善する方法はないのでしょうか?父は他に心臓肥大(医者も驚くほど大きいようです)等もあります。(質問内容がまとまらず申し訳ありません)
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
はじめまして。

わたしでよろしかったらお力になりますよ。

お父様のご様子、たいへんご心配ですね。

少しお話を整理させていただきたいのですが、今現在一番お困りなのは歩行の件と足の痺れであってどこにも痛みはないのでしょうか。

心臓の肥大があると言うことですが、病的なものなのか過去のスポーツによるスポーツ心臓なのでしょうか。

糖尿病などその他の既往はございますか。

頚の術前の診断名は?術前に上半身の症状はなかったのでしょうか。

服用されているお薬は?

リハビリ病院には入院されているのか通いでリハビリを受けられているのかどちらですか。

手術を受けられたのはどちらも同じ先生から?
術前、術後のどこかでセカンドオピニオンはとられましたか?

整形外科の先生以外に神経内科の医師に診察してもらったことはありますか?

最後のMRIはいつでどのような結果だったのでしょう。

よろしくお願いいたします。
質問者: 返答済み 5 年 前.

 仕事を持っているもので返信が送れて申し訳ありません。
 心肥大は数十年前から言われており、若い頃から沢山スポーツをしており(足の痺れが強くなるまでは色々な所で開催されるマラソン大会にもずっと出ていました)、スポーツ心臓とは言われています。※腰の手術前に心臓の検査を再度受けるように言われ循環器受診しておりますが、この時に医師からは「スポーツ心臓というものはない」とは言われましたが・・・。 糖尿病はありませんが高血圧・不整脈があり薬は服用しています。
 頸の手術前も上肢の痺れ・頭痛・めまいといった症状は全くなかったので、義父も「その歩行状態(バランスもまともにとれずヨロヨロ歩き)は頸が原因」と言われかなりショックだったようです(この後に自暴自棄状態になりお酒を大量に呑み激しく転倒しており、この後からも更に歩行状態は悪くなっていました)。
 内服薬は心臓の薬・整形の方からの薬と沢山服薬していますが、現在、義父は入院中でお薬手帳なども病院にあるので薬品名はわかりません(義母も詳しい薬品名はわからないようです)
 腰・頸共に同じ病院で医師も同じです。また頸の病名は「頸椎ヘルニア」というようなわかりやすい病名ではなく、漢字が沢山並んだ難しい病名と義母からは聞いています(第4・5番目の椎間板を削り、腰から骨を取って削った部分に移植し固定しています)
 他にかかった病院としては、術後も足のビクビクとした痙攣(厚めの布団が持ち 上がるほど足首から上が痙攣し、最終的には膝から足先が痙攣状態で上に持ち上がる)が治まらず、一度、神経内科(神経難病なども診ている病院)を受診しましたが、医師からは「これは頸から来ているものだから、今の整形で治療したほうがいい」といわれたそうです。(診察の時は義母のみが医師から話を聞いているので、この時、他にどんな説明があったのかはわかりません)。神経内科では特に何か検査をした訳ではなく、足の痙攣の様子を見て、足を少し触っていただけ-と義母からは聞いています。
 はっきりとした状況がわかっておらず申し訳ありません。
 今回、ご相談したのは、義父の足の痺れと痙攣、歩行障害が本当に頸からくるものなのか、または他の疾病からくるものなのかが分からないため、少しでも今の状況から改善の見込みがあれば・・・という気持ちで相談しました。
 もし頸からのもので、今後も治療の方法がなく、現状のまま過ごさなければならないのであれば、本人・身内もある程度の覚悟をしたいとは思うのですが・・・・。
 ※義父・義母は地方で2人暮らしをしており、今回は入院・手術のため息子(私は嫁です)
  宅にきています。義母も心臓の調子が悪く、色々と病気を持っているので、今の状況の
  義父を1人でみていくのは難しい状況です。
 

専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
お返事お待ちして いました。
ありがとうございました。

ご家族のご心配は相当のものでしょうね。
お気持ちはよくわかるつもりです。

さて、お父様を診察できる立場にない私ができることは非常に限られているのですが、どうやら受診されたのは、整形外科も神経内科も一つずつのようですね。
一番いいのは今現在の診断名を元に、セカンドオピニオンを取ることであると思います。

ほんとうに今の症状が頚椎の病気からくるものなのか、それともそれ以上の神経学的な難病?からくるものなのか、こうなったらはっきりさせるべきであると思います。

今現在の診断名がわからないのでなんとも言えないのですが、それだけの痙攣が出ているところを見ますと後者であるような気もしますね。

アドバイスとしては、別の脊髄専門医を訪ねる。
神経内科も専門にもう一度かかる。
セカンドオピニオン外来という形でもいいかと思います。

これらに関しましてはリンクを次の投稿で貼らせていただきますので、参考にされて下さい。
うまくこれが悩みの解決への突破口になればいいのですが。。。
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
https://www.jssr.gr.jp/jssr_sys/shidoi/listInitTop.do


http://www.kktcs.co.jp/jsn-senmon/secure/senmon.aspx


http://www.geocities.jp/armisael95/link/2opinion.htm


http://v630.xsrv.jp/secondopinion/cat0004/1000000006.html


http://www.click-bank.jp/gairai/050/075/


セカンドオピニオン外来はご本人が入院されているような場合、資料があればご家族のみでも受け付けてくれるところがあります。
その他、メジャーな病院ではセカンドオピニオン外来を持っているところがたくさんありますのでお近くで探されて自費にはなりますが治療方針への手がかりとされて下さい。

ご質問はございますか。
docmmartをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問