JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14313
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

精神科に通う30代半ばの女性です。統合失調症で現在ジプレキサ、パキシル、リーゼを飲みとても安定しています。

質問者の質問

精神科に通う30代半ばの女性です。 統合失調症で現在ジプレキサ、パキシ ル、リーゼを飲みとても安定しています。服薬してから体重が6、7㎏増えました。 主治医に訴えたところ、ジプレキサ5㎎→2.5㎎に減薬になりました。その結果食欲はだいぶ治まり体重が3㎏減りました。 私はもともと160cm、58㎏ですのでもともと太り気味ですが、最近、変形性膝関節症と診断され、筋肉をつけること、体重を減らすことが大事だとアドバイスされました。 筋肉トレーニングは、サーキットトレーニングに通ったり、歩いたりしています。食事は間食はできるだけ控えています。でも体重は減らず、少し増えているような感じもあります。 今の薬はとても安心できるので代えたいとは思っていません。何かよいダイエット方法はないでしょうか?また、別の方法はないでしょうか? どうぞよろしくお願いします。


 


追記、筋肉トレーニング後に大豆のプロテインを飲んでいます。

投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.

こんばんは。以前、引っ越しされた際にジプレキサ⇒リスパダールへの変更に関するご質問に回答した猫山です。

 

ジプレキサ、継続できているようで、それに関してはよかったと思います。

 

ただ、お困りのように、ジプレキサは副作用として体重増加を起こすことが広く知られているお薬です。

ジプレキサの減量によって食欲亢進が改善されたとのことですから、相談者様の場合は体重増加は主にジプレキサによるものであったと考えてよいでしょう。

 

研究によってわかっていることは、

①用量と体重増加の程度は必ずしも比例しない。

②ジプレキサが良く効く患者様ほど体重も増えやすい傾向がある。

……これは治療者とっても悩ましい問題で、効いているが故に、患者様の体重が増えていても減らす・他剤に変更する、という決断を下すのが難しくなります。

相談者様もジプレキサを2.5mgまで減量されていますが、これは統合失調症の状態維持には少し頼りない量です。

 

③ジプレキサによって生じた体重増加を解決する薬物療法(痩せ薬)はなく、食事量と運動量によってコントロールするしかない。

……そのためなのか、ジプレキサの発売元の製薬会社が食事療法と運動療法に関しての情報提供をしています。

https://www.schizophrenia.co.jp/resource/diet/bmi.aspx

 

④動物実験レベルでは、餌の量が同じでも、ジプレキサを投与されているマウスは、されていないマウスよりも体重が増えることが報告されています。これは、ジプレキサによる体重増加が食欲亢進による二次的なものだけでは説明できず、直接的に新陳代謝に影響を及ぼす可能性を示唆しています。

 

よって、結論と致しましては、ジプレキサを服用中に生じた体重増加を解決する「よいダイエット方法」や「別の方法」の方法はありません。

米国で行われた多くの研究でも、いわゆる通常のダイエットを、ジプレキサを服用していない方よりもハードに行わなければ体重は減少しないということになります。

 

以上、ご参考になれば幸いです。

質問者: 返答済み 5 年 前.

回答ありがとうございます。

 

運動をもう少しハードにしたいところなのですが、

体力がありません。2、5から5ミリに戻した場合、

体力に変化があるでしょうか?

 

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信ありがとうございます。

ジプレキサには鎮静作用がありますから、5mgに戻すと少し体が重く感じられるかもしれません。この辺りは個人差がありますし、慣れも生じるのでそれほど気にさ れる必要はないかもしれません。
ただ、増やすことで運動能力にプラスに働くことは考えがたいですね。

体重増加時の運動のパラドックスなのですが、痩せようとして運動をハードにすると膝や腰に負担がかかって、結局運動が出来なくなってしまうことがあります。
相談者様もすでに膝関節症の診断を受けられているとのことですから、う運動量を増やされるのであれば水泳やプール内ウォーキングがお勧めです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問