JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

6月に右鼠蹊ヘルニアの手術を受けましたところ、右側の睾丸に 触ると痛みがあります。これは神経を切断したためでしょう

解決済みの質問:

6月に右鼠蹊ヘルニアの手術を受けましたところ、右側の睾丸に
触ると痛みがあります。これは神経を切断したためでしょうか。一生この痛みが続くわけですが、
この場あい保証とか慰謝料の請求はできるのでしょうか。
よろしくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
おはようございます。猫山と申します。

2点確認させて下さい。

1. 右鼠蹊ヘルニアの手術はどのような術式だったか分かりますでしょうか。もちろん大まかでかまいません。
ご参考までに以下サイトをご参照ください。
http://www.goodyinfo.net/sokei-shujutu.html

2. 鼠蹊ヘルニアの手術に伴う神経障害性疼痛は起こる確率が比較的高い合併症なので、通常は術前の説明同意文書にその旨が記されます。説明文書に術後の疼痛についての記載はございませんでしたでしょうか。

以上、確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.
メッシュを入れる方法ですがどちらかははっきりさません。
説明書はすでに処分してしまいました。でも睾丸についてはなかったと思います。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信ありがとうございました。

術前の説明文書には、おそらく術後の慢性疼痛に関する記載があったはずです。
と申しますのは、鼠径ヘルニアの手術では、精管、血管、神経で構成される鼠径管と呼ばれる管に操作が及びますので、神経が締め付けられたり圧迫されたりして、術後に疼痛が高い確率で生じるからです。

通常はこの疼痛は3ヶ月以内に治まる急性疼痛ですが、10%以上の患者様で、鼠蹊部から睾丸に放散する慢性疼痛が慢性的に続きます。
つまり、相談者様においても、術中に執刀医が誤って神経を切ってしまったわけではなく、通常の手術が問題なく行われ、それでもなお慢性疼痛が生じている可能性が高いと思われます。
このように高確率に生じる合併症ですから、鼠径ヘルニアの説明文書には慢性疼痛の記載が必ずなされます。相談者様はそれに同意して手術を受けられたわけですから、保障や慰謝料を請求できる可能性はきわめて低いでしょう。

お困りになっている慢性疼痛では、一般的な鎮痛薬は効果がありませんので、まず主治医とよくお話し合いになって、慢性疼痛に効くタイプのお薬を処方してもらうか、必要ならばペインクリニックを紹介していただくべきかと考えます。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問