JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14384
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

3月2日にも相談しましたが、再度お願いします。 53歳、メーカー勤務の夫の事ですが、入社して30年間で今までに仕事

解決済みの質問:

3月2日にも相談しましたが、再度お願いします。
53歳、メーカー勤務の夫の事ですが、入社して30年間で今までに仕事上のストレスが原因で3回うつ病になってそのたびに
1~2ヶ月ほど休職して現在にいたっています。最近では5年半ほど前にうつ病にかかり、2年半ほど
薬を飲んでいました。
昨年開発部門に異動になり勤務時間も長くなり、また仕事上のプレッシャーも重くなったようで、今年に
なって から「仕事がはかどらない」とか「自分には能力が無い」としんどそうにしています。
以前に先生に相談した際に、夫はストレスが一定値を超えるとうつ病になりやすい体質なので早めに受診した方がいいとアドバイスを頂いたので、3月10日に以前かかっていたこじんびょういんで受診しましたところ、「それはうつ病の再発や」と言われて以前飲んでいた薬を処方されました。ベタマック錠100mgとノリトレン錠25mgを1日2回です。
3月10日の夜から薬を飲み始めたのですが、翌11日の朝から眠気と体のだるさで起き上がれなくなり、
本人は12日からも普通に会社に行くつもりにしていたのですが、とても行ける状態ではなく、12日から
3日間休んでほとんど寝ていました。
それまでは普通に生活していたのにあまりの変わりように私も驚いて、14日の夜に個人病院に私が一人で主治医に相談に行きました。現状を伝えて、「これって薬の副作用ですよね?」と聞いたところ、主治医は「前に飲んでいた薬やのに副作用なんか出ーへん。それはうつ病が重くなったんや」ととおっしゃるのです。「それならなんで薬を飲んだと同時にうつ病が重くなるのですか?」と聞いても明快な答えは返ってきませんでした。
夫は夫で「もう薬は飲むのをやめて、明日から会社に行く」と云いだして、本当に薬をやめたらシャキッとなって15日から会社に行っています。
ですが猫山先生の言われたように、今の仕事上のストレスが多い状態が続いたら、夫の場合重いうつ病になる可能性が高いので、私としては何とかしたいと思っていますが・・・
17日に今かかっている個人病院の予約があり、その時にもっと副作用の少ない軽めの薬をもらおうかなとも思うのですが。
夫は会社での立場も考え、できるだけ仕事を休まずに続けたいと考えているのですが、薬の個々人に合わせたさじ加減が難しいのでしょうか?それと夫はよほど薬を飲んだ4日間がしんどかったのか、もう病院には行きたくないと言い出して、これをど説得しようか悩んでいます。
尚、今かかっている個人病院はあまり患者の話を聞かずにすぐ薬を出すので、診察時間が短く、よって切羽詰まった時にいつでも予約がとれて診て貰えるのです。
以上ですが、先生の御意見をお願します。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんにちは。猫山です。
再度のご相談ありがとうございます。

まずは、病院受診に踏み切られたことに関しては正しい行動をされたと考えます。
ただ、ご記載を拝読する限りは、少なくとも今回の受診に関しては、主治医が「あまり患者の話を聞かずにすぐ薬を出す」ことが問題なのではなく、その主治医に精神科薬物療法に関する十分な知識と技術がないことが問題であるのだと考えられます。

うつ病の薬物療法の基本は、「単剤を十分量・十分期間使用すること」です。2剤以上の抗うつ薬を同時に処方することは下策です。例えば、ベタマックとノリトレンのように、です。

それに加えて、ノリトレンは、欧米では1963年、我が国では1971年に発売が始まった、古い古い抗うつ薬です。効き目は強いお薬ですが、口渇、眠気、便秘、全身倦怠感という副作用のために、今どきこのお薬をうつ病の患者様に処方することは稀です。他の色々なお薬を使用しても効果が得られない難治性の患者様に、最終選択薬として用いられることがあるくらいです。
ご主人が「朝から眠気と体のだるさで起き上がれなく」なったのはノリトレンの副作用でしょう。

一方、ベタマック(スルピリドという物質で、ベタマックはいわゆるジェネリック薬です)は効果が弱く、これまた服用する意味が希薄です。

スルピリドというお薬の用法・用量を以下に引用します。

=======================================
胃・十二指腸潰瘍:1日150mgを3回に分割経口服用する。
うつ病・うつ状態:1日150~300mgを分割経口服用する。1日600mgまで増量することができる。
統合失調症:1日300~600mgを分割経口服用する。1日1200mgまで増量することができる。
=======================================

スルピリドは中枢移行性が低い薬で、たくさん飲まないと脳まで届きません。
低い用量では首から下に効いて胃薬として、すこし用量を上げると抗うつ薬として、さらに上げると抗精神病薬として作用するといったユニークな薬です。

この守備範囲の広さのために、診断能力が低い精神科医にとっては「とりあえず処方する」薬としては重宝されています。精神科版「葛根湯医者」といったところでしょうか。

やはりこれもかなり古い薬なので、一定年齢以上の精神科医に好んで使われることが多い印象がありますが、治験がおおらかな方法で行われていた時代に承認されたお薬ですので、現在の水準で治験を行ったら承認は下りないだろうと私は思っています。

そもそも効果が低い薬を、ぎりぎりの低用量(1日200mg)で用いられているわけですから、効果は期待できません。

副作用が強いノリトレンと、効果が少ないベタマックという併用に、この主治医のセンスのなさを感じます。

と、申し上げても、日本の精神科医の平均的なレベルなのかもしれませんが。
【うつ病:適切な治療を受けているのは1/4】

処方下手は、初期に受けた研修か、センスの問題ですので、その主治医の症状改善を望まれるのは酷かもしれません。
ご記載の方言からすると関西の医師なのかもしれませんが、関西の精神科薬物療法は、一般的に申し上げて低レベルです。

次回受診時、お薬を指定できるのであれば、「SSRIかSNRIを、定められた用法・用量に従って単剤で処方してください」と依頼されるべきでしょう。
http://utukokufuku.com/archives/156

薬の自動販売機にお薬を買いに行くのだと思われればストレスも少ないでしょう。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

御回答ありがとうございます。

やはり以前に飲んでいたとはいえ、ノリトレンの副作用がきつかったのですね。

ただ、今かかっている医師は私が副作用のことを指摘しても、頑として認めようとしなかったので、今度受診した時に素直に薬を変えてくれるかどうか不安です。

本当は病院を変えた方がいいのでしょうが、夫自身があまり受診に積極的ではないので、悩むところです。

今のところ夫は仕事ではストレスを抱えていますが、休日には趣味を楽しみ、睡眠も食欲も普通ですが、夫のような体質の人間はやはり今の段階でも様子を見るのではなく、積極的に薬を飲んだ方がいいのでしょうか?

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
転院の必要性とその方法、継続的な受診と服薬の必要性については、前相談への回答で述べた通りです。
http://www.justanswer.jp/neurology/6bqdi-53-30-3-1-2.html
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問