JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

初めまして、実は82歳になる祖母が、以前から関節痛や手の震えなどで通院していたのですが、腸閉塞と腸炎を患い、別の病院に入院し、遠いということと入院施設がないこともあり以前通院してい

解決済みの質問:

初めまして、実 は82歳になる祖母が、以前から関節痛や手の震えなどで通院していたのですが、腸閉塞と腸炎を患い、別の病院に入院し、遠いということと入院施設がないこともあり以前通院していた時にもらっていた薬を今回入院した病院から処方され、先日退院しました。しかし、退院したあと急に痴呆が始まり、今までは物忘れ程度のことはありましたが、幻聴や幻影が見えているようで、畳敷の居間や廊下に草がたくさん生えているとか、トイレに家族の一人が入っていて豆を食べているからトイレにいけないといいだしたりしているのです。いくら高齢といえどもこんな急に痴呆が進行することがあるのでしょうか? 病院を変えてから飲む薬が変わったのでそのせいではないかと疑っています。あと、目付きが変わり、生気がないように見えます。病院を変えた方がいいのでしょうか?ただ近くに病院がなく、高齢者無理に連れてわざわざ他の病院に移ったほうがいいのか悩んでいます。
専門家の意見をお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.

こんばんは。猫山と申します。精神科医 兼 神経内科医です。

 

急激に認知症(痴呆)が進行する、もしくは認知症を発症することはありえなくはありません。脳血管性認知症の場合です。

小さな脳梗塞が、運動ではなく知能を司どる脳部位に起こった場合、ある日突然認知症症状を発症することはございます。したがってお祖母様におかれましても、脳のMRI検査等は必須でしょう。

 

しかしながら、服用されているお薬を拝見するに、認知症ではなく、薬原性の精神症状を呈されている可能性が高いと考えます。

http://www.treatneuro.com/archives/5835

 

ビ・シフロール、アドパー、シンメトレル、ドプスは全て抗パーキンソン薬ですが、お母様の「関節痛や手の震えなど」はパーキンソン病によるものなのでしょうか?

 

「以前通院していた時にもらっていた薬を今回入院した病院から処方され」というご記載と「病院を変えてから飲む薬が変わったのでそのせいではないかと疑っています」というご記載の間に齟齬があるように思うのですが、お薬は変わったのでしょうか?

 

いずれにせよ、神経内科による脳の検査、そこで異常がなければ、精神科を併診しての精神症状のコントロールが必要です。

 

認知症や痴呆は、その言葉の定義として「治らない」ことを含んでいますが、抗パーキンソン病薬の副作用における幻覚・妄想といった精神症状は、治療可能で回復が期待できます。

ただそのためには、早期に、然るべき手立てをとる必要がございます。

 

以上、ご参考になれば幸いです。

 

質問者: 返答済み 5 年 前.
回答ありがとうございます。脳のMRIは入院前に
とり異常ないと診断されました。手の震えはパーキンソン病からだと診断され、以前の病院では、ルプラック錠8mg朝1、ダイアート60mg朝1,テルビナフィン錠125[TCK]朝1,ラシックス錠40mg朝1アルマール錠10朝夕1,ビシフロール錠0.5mg朝夕0.5mg朝夕1,マドパー配合錠朝夕1,ドプスOD200mg朝夕1.アモバンテス錠7.5寝前1,オメプラゾン錠20mg夕1,ヘルパ ミン錠10朝夕1,シンメトレル錠100mg朝夕1,ガスロンNOD錠2mg朝夕2mg、プルゼニド12mg寝前2を処方されていました。現在は質問に書いた通りです。なぜ変わったのかはわかりませんが、以前は幻聴や妄想などはありませんでした。回答いただいた副作用の強いシンメトレルは以前より量朝夕2錠ずつに量が増えていたので気になります…あと気づいたのですが、退院後極端に足が動かなくなり、入院による運動不足のせいなのかと思っていたのですが、今日朝自分で起き上がることができなくなっていて、こちらも薬の副作用の可能性があるのではと思いました。また回答いただければありがたいです。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.

ご返信・追加情報ありがとうございました。

 

「退院したあと急に痴呆が始まり」とのことですから、脳血管性の認知症が生じたとすれば、退院前後に脳梗塞なり出血なりが起きたことになります。入院前のMRIは比較のための対照としては有用ですが、今回の認知症様のエピソードが脳血管性のものではないという根拠にはなりません。現時点でのMRIは必要でしょう。

 

お薬の内容だけ拝見する限りは、それだけで精神症状が精神症状が急に起こるほどの変更がなされたとは思われません。

パーキンソン病患者様としてはかなりのご高齢ですので、もともと精神症状の副作用が起こりやすい基盤はあったのだと思います。

退院という環境変化が、きっかけとしては働いたかもしれません。

 

「退院後極端に足が動かなくな」ったのは、お薬の副作用というよりはむしろパーキンソン病の進行と考えた方がいいのではないかと考えます。

 

パーキンソン病と精神症状は切っても切れない関係にあります。

パーキンソン病は進行性の神経変性疾患ですので、次第にお薬の量も種類も増えていきます。一定量以上の抗パーキンソン病薬は多かれ少なかれ幻覚・妄想を引き起こしますので、病歴が長い患者様では精神科的介入が必要となります。しかし幻覚や妄想を抑えるお薬はパーキンソン症状を悪くする副作用を有しているのです。

 

お母様に関しては、処方を元に戻せば精神症状も治るといった単純な問題ではないでしょう。

元々こうなりうる素地はあって、入退院をきっかけに精神症状が表面化したと考えるのが現実的です。

精神症状を抑えようと思えば前述のようにパーキンソン症状が悪化する可能性があり、一方でパーキンソン症状そのものにも進行の徴候が見られています。

 

精神科と神経内科の併診による、多角的な治療が必要とされる局面であると言えます。

可能ならば両科を備えた総合病院への転院が望ましいでしょう。

 

以上、ご参考になれば幸いです。

猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問