JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Nyarlathotepに今すぐ質問する
Nyarlathotep
Nyarlathotep, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 420
65535416
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Nyarlathotepがオンラインで質問受付中

橋本病でチラージンを服薬治療中です。 さらに、うつ病らしく心療内科でお薬を処方していただいてます。 プロチアデン

解決済みの質問:

橋本病でチラージンを服薬治療中です。
さらに、うつ病らしく心療内科でお薬を処方していただいてます。
プロチアデンとユーパン、ミルナシプランを朝夕一錠ずつ飲んでいます。
あと、胃が痛くて我慢できないときにファモチジンを飲んでいます。
特にユー パンを飲まないと背中などが痛くて気分も悪くなります。

しかし、体のだるさも気分の憂鬱さもとれませんし、毎日をすごすのがつらいです。
私の体調は良くなるのでしょうか?
また、ネットでユーパンは甲状腺機能亢進症に使われると聞きました。
この飲み合わせで大丈夫なのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Nyarlathotep 返答済み 5 年 前.
精神科医です。

まずユーパンは、もっとも一般的に用いられる精神安定剤のひとつです。
効能・効果は、
「神経症における不安・緊張・抑うつ/うつ病における不安・緊張/高血圧症,動脈硬化症,肺結核,甲状腺機能亢進症,胃・十二指腸潰瘍,術前・術後,月経前,分娩前などにおける不安・緊張・抑うつ/てんかん性精神障害/心身症(過敏性腸症候群,高血圧症,慢性胃炎,胃・十二指腸潰瘍など)における不安・緊張・抑うつ・易疲労性・睡眠障害/統合失調症における睡眠障害/頸椎症,腰痛症,筋収縮性頭痛/麻酔前投薬/脳脊髄疾患に伴う筋けいれん・疼痛における筋緊張の軽減」
と広範ですが、基本的には精神科領域の疾患に伴う不安や緊張に使われることが大半だと考えていただいていいでしょう。

橋本病はコントロールされているという前提で、うつ病薬物療法として評価するなら、あまり高い点数は差し上げられない処方です。
プロチアデンとミルナシプランという2剤の抗うつ薬をそれぞれ中途半端な量で用い、併用していますが。抗うつ薬治療の基本は単剤で最高用量・十分期間(6~8週間)を試し、効果不十分なら他のお薬へリレーし、ここの患者さんと相性が良い抗うつ薬をみつけることです。
プロチアデンは1日最高150mgまで使えるところを50mg、
ミルナシプランは1日最高100mgまで使えるところを50mg、
ですから、いわゆる「ちょい出し併用」で、結局のところプロチアデンもミルナシプランも風十分量で効果を発揮できずにいる可能性があります。

付け合せのユーパンは問題ありません。
メインディッシュの抗うつ薬の使い方が、不適切です。
専門家:  Nyarlathotep 返答済み 5 年 前.
Nyarlathotepをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問