JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, ER救急医 准教授
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4173
経験:  医師
61793059
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

父の相談の続きです。薬の影響もなくなり、食事を受け付けるようになりました。 数日前の血液検査では、肝臓の値も少しづ

解決済みの質問:

父の相談の続きです。薬の影響もなくなり、食事を受け付けるようになりました。
数日前の血液検査では、肝臓の値も少しづつよくなってきました。しかし、総蛋白の値は低く、貧血気味でもあるため、やはり、中心静脈での栄養を考えています。点滴よりも栄養状態は良くなるものでしょうか。
前回、床ずれのことで相談しましたが、空気のベッドに変えてもらい、薬も塗ってもらったために、現在よくなっています。看護士さんも、時々体 の向きを変えてくれています。最近、父は体が動かせないとよく言っているので、もしかしたら、空気のベッドで体が動かしにくいのでは、と思います。床ずれがよくなったら、空気のベッドより、普通のベッドの方がよいのでしょうか。
また、入院してから、体を全く動かさなくなり、最近では、食事のときなど、ベッドを少し起こすだけでも「痛い痛い」と言います。体の向きを変えるときも、とても痛いようです。入院する前は、階段も自分でのぼれたし、トイレにも自分で行ってたのに、入院したその日から、おしめをしています。一度も歩いていません。このまま、寝たきりになるのではと心配です。何かしてあげられることはないのでしょうか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
どうされているのかと思っていたところでした。

少しはお食事ができるようになったそうで、よかったですね。
しかしまだまだ栄養状態はよくないです。

そういう状態ではまだまだ床ずれができやすいですので、今のままの治療をエアーベッドでされていたほうがいいと思います。

中心静脈栄養の栄養はまだだったんですね。
最初のご質問からずいぶん経ちま すので、もうそれは処置済みだったと思っていました。
中心静脈からはもちろん点滴より高カロリーの栄養が注入できます。

ただし、問題は合併症です。
カテーテルから細菌が入って敗血症を起こす可能性や、肝臓の機能が悪くなる可能性や、長引けば長引くほどその合併症の可能性は高くなりますので、あらかじめ説明はあったでしょうがもう一度その辺りを主治医にお確かめくださいね。
長い目でみると、確かに中心静脈栄養の栄養の方が高カロリーの栄養を入れられるのですが、点滴の方が長生きするという医師もいるくらいですので。
そして、以前に私が説明した胃瘻の件ももう一度読んでいただきたいです。
難しい判断ですね。

お体を動かせないようでは困りましたね。
前にお勧めした痛み止めはどうなりましたか?
点滴からでも痛み止めは打ってもらえますよ。

痛みが少なくなれば少しでもベッド上であってもお体を動かしやすくなるはず。
リハビリをお願いしてください。
少しでもベッド上でリハビリをされた方が寝たきりになりません。
今のままで放っておかないで主治医にご相談くださいね。

docmmartをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問