JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

アメリカに住んでおります。 アメリカ人の夫のことでご相談させてください。この2-3年なんですがトイレに行く頻度が増

解決済みの質問:

アメリカに住んでおります。
アメリカ人の夫のことでご相談させてください。この2-3年なんですがトイレに行く頻度が増えました。日中、夜中に限らずもよおすようです。尿の量はその時々で違い、普通であったり多量であったりまたはごく少量であったりします。
まず泌尿器科に行きレントゲン、CT、MRIすべて受けましたが、膀胱炎を含む異常は全く見られないということでした。尿検査も日を変えて4回受けましたが異常はないという診断でした。血液検査では、糖尿病も腎臓結石も見つかりませんでした。夫はアメリカ軍隊に所属していた1990年に右足(足首から下)を骨折し、2回に渡り手術を受け、2回目の手 術(2009年)ではジョイントリプレイスメント(すみません。日本語でどう言ったらわかりません)を受けタイタニアムを挿入いたしました。
そのころから上記に書きましたような排尿の異変が始まりました。その後右ひざが痛み始め、そして下腹部全体が痛み出し、それが右下腹の背中まで広がりました。不思議なことにこの症状は立って動いているときには起こらないのです。椅子に座っている時、車を運転しているとき、横になっている時に始まります。
もしや傷んでいる右足が体の神経に何かしら影響を与えているのではという周りからの言葉で神経科専門の医師に会い、MRIを受けましたが、何も異常が見当たらないということでした。
もしや骨の歪みが原因かもと、カイロプラクターでアジャストメントを2度受けましたが、その後逆にトイレをもよおす頻度が増え下腹部と背中の痛みも増したようです。
いつからだったか夫も私もわかりませんが、夫は右足の右裏のみを地につけてで歩きます。痛みのひどい左裏が地面にあたると痛むからです。
職場でもトイレに頻繁に行くことで非常に恥ずかしい思いをしていますし、毎日睡眠不足が続き夫も私も体力的に限界が来ています。

ご指導よろしくお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
おはようございます。猫山と申します。神経内科医です。

およそ頻尿を起こす病気に関するあらゆるスクリーニングを行われているように思われますが、少し補足情報を下さい。

1. ご主人の身長と体重を教えていただけますか?

平均的な平日(仕事に行かれる日、working day)*************
2. 朝起きた時から夜寝る時までに、何回くらい尿をしますか?

3. 夜寝てから朝起きるまでに、何回くらい尿をするため置きますか?

4. 急に尿がしたくなり、我慢が難しいことがありましたか?

5. 急に尿がしたくなり、我慢できずに尿を漏らすことがありましたか?
******************************************************************
6.排尿痛は無いと考えてよろしいですか?

7.膀胱鏡検査(examination of the bladder and urethra using a cystoscope)を受けられたことはありますか?

8. 膀胱や尿道の焼けるような感じ、痛み、不快な感じ、押される感じはありませんか?
******************************************************************
足、脚の痛みについてですが、
9. 1990年に右足骨折、2009年に2回目の手術で人工関節置換術を受けられたとのことですが、それまでの19年間は右足はどのような状態だったのでしょうか(歩行状態、痛み、日常生活に及ぼす影響など)。

10. 2009年以降はいかがでしょう。

11. 「右足が体の神経に何かしら影響を与えているのではという周りからの言葉で神経科専門の医師に会い、MRI」を撮影されたとのことですが、この時の撮影部位はどこですか?
 腰椎や胸椎のMRI検査は施行されたでしょうか。

12. 「右足の右裏のみを地につけて歩きます」とのことですが、手術をしたのは右足なのに痛みがひどいのは左脚裏なのですか?
******************************************************************
13. 現在、ご主人はこの頻尿に対して何か薬物療法を受けておられますか?

14. ご主人に他に持病や常用薬はございませんでしょうか。

以上、確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

早速のお返事ありがとうございます。

 

1. ご主人の身長と体重を教えていただけますか?

182cm、110kg 48歳 白人

平均的な平日(仕事に行かれる日、working day)*************
2. 朝起きた時から夜寝る時までに、何回くらい尿をしますか?

8回前後トイレに行きます。尿の出るときもありますが、出ないときもあります。

3. 夜寝てから朝起きるまでに、何回くらい尿をするため置きますか?
4回前後


4. 急に尿がしたくなり、我慢が難しいことがありましたか?

急にしたくなりますが、我慢はできます。尿が漏れる感じがするのではなく、とても不快な感じがするからです。

5. 急に尿がしたくなり、我慢できずに尿を漏らすことがありましたか?
急にしたくなりますが、我慢はできます。もらしたことはありません。

 

6.排尿痛は無いと考えてよろしいですか?

はい、痛みはありません。

7.膀胱鏡検査(examination of the bladder and urethra using a cystoscope)を受けられたことはありますか?

いいえ受けたことはありません。

8. 膀胱や尿道の焼けるような感じ、痛み、不快な感じ、押される感じはありませんか?

はい、横になっているときに、不快な感じがし、押される感じと痛みも感じます。これは下腹から背中にまで広がりました。この症状は初期のころにありなくなっていったんですが、カイロプラクターのアジャストメントを受けてからまた始まりました。焼けるような感じははじめのころはありましたが今はありません。


足、脚の痛みについてですが、
9. 1990年に右足骨折、2009年に2回目の手術で人工関節置換術を受けられたとのことですが、それまでの19年間は右足はどのような状態だったのでしょうか(歩行状態、痛み、日常生活に及ぼす影響など)。

はい、右膝から足先までの痛みは常にありました。どうしても我慢ができなくなり2009年に手術を受けました。


10. 2009年以降はいかがでしょう。

2009年の手術の後、足の痛みは増し、焼けるような痛みが走り、神経が損傷していると診断され、GabapentinとAmitriptyline(神経損傷の薬ということです)を処方されています。2009年の手術の際、タイタニウムを挿入したのは親指の付け根の部分です。

11. 「右足が体の神経に何かしら影響を与えているのではという周りからの言葉で神経科専門の医師に会い、MRI」を撮影されたとのことですが、この時の撮影部位はどこですか?
 腰椎や胸椎のMRI検査は施行されたでしょうか。

胸の下あたりから、足の付け根までの辺りです。胸椎は含まれませんでした。


12. 「右足の右裏のみを地につけて歩きます」とのことですが、手術をしたのは右足なのに痛みがひどいのは左脚裏なのですか?

右足裏の、左側(内側、親指の側)を地に着けません。右端(外側、小指側)のみで歩きます。お分かりいただけますでしょうか?説明が下手で申し訳ありません。

 

13. 現在、ご主人はこの頻尿に対して何か薬物療法を受けておられますか?

Oxybutynin(膀胱に作用しトイレに行きたい感じを減らすとか。。。)


14. ご主人に他に持病や常用薬はございませんでしょうか。

いいえ、ありません。

 

よろしくお願いします。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信ありがとうございます。
回答は2~3時間後になります。ご了承ください。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
お待たせしました。

ご主人がお困りになられている頻尿の原因としてもっとも可能性が高いのは間質性膀胱炎(Interstitial Cystitis/Painful Bladder Syndrome:IC)であると思われます。
ご記載の、既に行われている検査の網から漏れる、頻尿の原因となる疾患としては他に過活動性膀胱(overactive bladder:OAB)と心因性頻尿(nervous pollakisuria)がありますが、前者は痛みを伴わないことから、後者は夜間の頻尿は起こさないことから、今回の鑑別診断からは除外しました。

日本では、間質性膀胱炎は、担当した泌尿器科医にその知識があり、かつ診察時にその病名が頭に浮かばなければ診断が付かない疾患だと言われていますが、膀胱鏡検査が行われていないので、少なくともご主人を診察した泌尿器科医の念頭にもこの疾患はなかったのだと考えます。
間質性膀胱炎は膀胱炎の一種ですが、いまだにその発症原因が解明されていない病気です。

【間質性膀胱炎】
http://health.yahoo.co.jp/katei/detail/index.html?sc=ST061010&dn=2
http://www.myclinic.ne.jp/yamada_cli/pc/free.html

【Interstitial Cystitis/Painful Bladder Syndrome】
http://kidney.niddk.nih.gov/kudiseases/pubs/interstitialcystitis/

原因が不明であるため治療も確立していませんが、抗コリン薬(Oxybutynin:ポラキスは抗コリン薬です)、抗ヒスタミン薬などの薬物療法、レジニフェラトキシン膀胱内注入療法、食事指導、膀胱訓練などが患者様に応じて行われます。
下腹部と背中の痛みは間質性膀胱炎で説明は可能ですが、間質性膀胱炎の治療が進んだ時点での症状の推移が分からなければ正確な因果関係は評価できません。


ご主人の全身状態を複雑化しているのは右足の疼痛ですが、GabapentinとAmitriptylineが投与されていることから、Post Traumatic Neuropathy(PTN)を呈していると思われます。
これを頻尿と結び付けて考える必要は現時点では無いように思われます。
しかしながら足裏の痛みの痛みのコントロールがうまくいっていないようですから、こちらについても引き続き薬物調整は必要でしょう。
腰椎レベルで起きた神経障害が下流の神経支配領域に問題を引き起こすことはありますが、逆はほぼありませんので、「右足が体の神経に何かしら影響を与えている」はあまり考えられなくてよろしいかと存じます(実際、腰椎のMRIで異常はみつからなかったわけですし)。

カイロプラクターの施術がご主人の病状に悪影響を及ぼしたかどうかは専門外ですので私には判じかねます。
立位よりも座位の方が膀胱内圧が高くなりますので間質性膀胱炎の症状は出やすくなるかもしれませんが、臥位で症状が悪化する原因は私にもわかりかねます。


まずは間質性膀胱炎の専門施設にコンタクトされ(上述の英語サイトに関連学会等の連絡先が記載されています)、間質性膀胱炎の可能性がないか、診察・検査を受けられることをお勧めいたします。

以上、ご参考になれば幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
拙回答をご閲覧いただきありがとうございました。
もし、回答の内容にご不明な点がございましたら、可能な範囲で対応いたしますのでご質問をご追加いただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

ありがとうございます。夫はそれでもまだ右足と頻尿との関連性を疑っています。専門家でもないのに困ったものです。早速泌尿器専門医師と連絡をとり、間質性膀胱炎の可能性を訴え、膀胱鏡検査をお願いしていみます。これが原因だとわかり正しい治療がなされることを願うばかりです。もしそれでも異常が見つからなかった場合、次はどういうアプローチをするべきかよろしければご指導いただけないでしょうか?

 

また馬鹿な質問だとわかっていながらお聞きしたいのですが、、、、、

実は私にも原因がはっきりわからず数年継続している疾病があります。これについてご相談をお願いしたい場合は、別に改めてこのサイトで手続きを行い申し込むことになるんでしょうか?

それとも、このまま続けて相談を書き込んでもよろしいのでしょうか?

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
まずご主人の頻尿の件ですが、間質性膀胱炎は日本でよりもむしろ欧米で有病率が高い疾患ですから、間質性膀胱炎の診療経験が豊富な専門医の診察が受けられれば、さほど時間はかからずに結論が出ますし、もし間質性膀胱炎でなかった場合に他にどのような可能性が考えられるかも示唆はあるのではないかと……期待したいところです。

ご主人が疑われている右足のPTNとの関係については、私も神経内科医ですので、何とか関連付けられないものか考えてみたのですが、合理的な説明は思いつきませんでした。
間接的な関係としては、体重がおありですので(米国の方としては標準でしょうか)、痛みのためにバランスが悪くなって腰椎に負担がかかって神経根障害が起こっている可能性も考えましたが、MRIで異常は無かったとのことですからこれは除外してもいいでしょう。実際、同じ発想でカイロプラクティックを受けて悪化していることからは、逆に何らかの関係がなくもないことを示唆しているとも解釈できますが……
また、PTNの治療に用いられているAmitriptylineが非常に抗コリン作用が強いお薬で、既にご主人が頻尿の治療薬として服用されているOxybutyninと同じような作用を持っています。実際、尿失禁の治療目的にAmitriptylineを使うこともあるくらいです。
米国の医療体制下において、Amitriptylineを処方する神経内科医(ペインクリニシャン?)と、Oxybutyninを処方する泌尿器科医との間にどのような連絡があるのか不勉強にして存じませんが(両方ともGPによる処方なのでしょうか)、この2剤を併用するとかなり尿は出づらくなるであろうと思われます。いわゆる排尿困難が起こりやすく、それまた頻尿の原因になりえます。幸か不幸かどちらも効いていないようですので、別の系統へのお薬への置換は検討されてもよろしいかと存じます。

最後に、相談者様の別質問の件ですが、新たにスレッドを立てて、新たな質問として投稿していただく必要があります。
JustAnswerでは「1スレッド1質問1承諾」が原則で、「返信機能は別の質問を投稿するためではなく、質問に対する回答内容に不明な点がある場合にご利用いただく機能です」というのが運営サイドの公式見解です。
ご理解を賜れますと幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

わかりました。詳しくご説明いただきありがとうございました。今回「回答を承諾する」をクリックするとこのセッションはおわり(お支払い後)、この件についてまたご質問させていただきたい際は、新たなセッションになってしまうのでしょうか?

 

また、私の疾病についてのご質問をさせていただく際、猫山先生にまたご指導いただくことは可能でしょうか?

 

 

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
基本的には承諾後は別スレッドでのご質問としていただいた方がわかりやすいのですが、相談者様は月極会員ではないので、承諾後のご質問投稿も、この件に関しては可能です(このあたりのシステムは非常にややこしいのです)。

ご指名いただくことは可能です。ご質問の文頭に「猫山へ」と入れていただくのがもっともシンプルな方法です。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問