JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

猫山先生へ 33歳の長男の事でご相談を申し上げた者です。今までアドヴァイスをいただきありがとうございました。 1

解決済みの質問:

猫山先生へ
33歳の長男の事でご相談を申し上げた者です。今までアドヴァイスをいただきありがとうございました。
1月13日に帰郷し、長男に面会を13時から14時まで1時間の面会後、直接父親とともに主治医に面談を申し込み14時過ぎから約1時間面談を受けました。その結果を報告させていただきますので、今後についてのご教示をお願い申し上げます。

父親:今日本人と面会し、顔が浮腫んで、ろれつがまわらない、体が だるそうなので気になり、先生に面談を申し込んだ。お忙しいところよろしくお願いします。
①、措置入院に際し、2名の医師の診断結果は何でしょうか?
主治医:1次審査の結果は、統合失調症の幻覚・妄想様診断、私もそのように判断している。

父親:約10年間統合失調症と診断されていたが、発達障害の診断を受け過剰に薬物療法がなされているので、 減量をしていきましょうと、発達障害の専門である医師に説明を受け、減量加療中であったが、前医のクリニッ クの医師からの紹介状は?
主治医:もらっている。
父親:前医の診断名は?
主治医:ADHD、高凡性発達障害、統合失調様症状と書いている。

父親:発達障害についてどう考えているか?
主治医:首をかしげて、首を振りながら、発達障害であんな症状や行動を起こしますか?
母親:発達障害にいじめを受けて2次障害をおこしている。前医にかかる前にもセカンドオピニオンを受けている。
   私たちもそう認識をしている。

父親:現在の病状は?
主治医:LDLコレステロールが143だったので、メバロチンで下げ、88まで下がっている。(1月7日の結果)
     尿酸値が8,0だったので、サロベールを出して5,6まで下がった。
     CKは62まで下がった。
     ドアー蹴りや大声を出すなどの迷惑行為があり、本人の希望もあり、ホリゾンの注射や、レボトミンの注     射をしていた。それでも早朝覚醒があり、イライラすると訴えがあり、リスパダール液を1mlのんでもらっ     ていたが、10日から、リスパダール液や注射をしようしなくても眠れるようになってきた。興奮しないよう     にしないといけない。
母親:カルテを見せてほしい。
主治医:いいですよ。とカルテをみせてくれる。
*現在処方(1月7日)
バレリン錠200mg5T(朝2T,昼2T,夕1T)
リーマス200mg3T(朝1T,昼1T,夕1T)
エヴィリファイ6mg1T(朝1T)
ピ・シーロール0,123mg2T(朝1T、昼1T、夕1T)
サロベール100mg2T(朝1T、昼1T)
リボトリール3T(朝1T,昼1T、夕1T)

寝る前
ロヒプノール2mg2T
ベンザリン5mg1T
ソメリン10mg1T
エヴィリファイ6mg1T
センノシド12mg1T

父親:今日の状態をみて多すぎるのでは?と思っているが、バレリンになぜ変えたのか?リーマスは必要なのか?
母親:それぞれの血液濃度は?
主治医:バルブロ酸は77,49 リチュームは0,50で正常範囲
母親:ピ・シロールは以前アキネトンを処方されたが、息子がやめてほしいと言って一旦中止していただいたが、
  又、再開されたので、中止してくれといったのに何故出されたのか?何故出されたのか?
主治医:震えを止める薬だ。
母親:息子は抗パーキンソン剤と向精神薬の副作用で遅発性のジストニアになったので、やめてほしいとお願いをしたのだ。本人も家族も一緒に病気だけではなく、このジストニアにも、長い間苦しんできた。やめていただきたい。
主治医:あれは何ですか?癖ですか?(長男のまねをして、首を振りながら)私は今までそんなことを経験したことはない。この病院にはそんな人は誰もいない。
母親:向精神薬を内服する前はそのようなことはなかった。全く普通だった。


母親:入院時の胸の写真や心電図、脳波は異常なかったか?
主治医:脳波は今回してないが、胸の写真と心電図は異常なかった。

母親:入院して枕をもらってないし、シーツ交換をしてもらってないようだが、何故か?枕の提供を息子は希望している。
主治医:枕とシーツ交換ですね。わかりました。この病院は400人以上の患者がいる。私だけでも70人以上の患者を受け持っているので、忙しい。今回の行動がなかったら、このような事はなかった。薬は症状を見ながら徐々に減らしていく。

父親:発達障害についての資料をお持ちしたので、ぜひとも診断の見直しをしていただきたい。
主治医:わかった。(資料をカルテのポケットに入れながら、興味を示す

翌日の14日に息子に再度面会に行き、枕の提供はしてもらったようだが、シーツ交換はまだしてもらってないようです。

 
面談を終えて、人間の尊厳や自尊心も全くむしされた病院、主治医の対応など、本当に情けなく、憤どうりが込み上げてきました。
1日も早くこの病院から退院をさせ、発達障害の本格的な治療に結び付けたいと思っていますが、今後のどうすればよいかご教示くださいますようお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
お待たせしました。

精神科特例といって、医療法には、精神科病床は他科に比べて少ない医師数で運営できることになっているのですが、それでも患者48人に対して医師1人配置と決められていますので、1人で70名の患者様を受け持っているのは持ち過ぎでしょうね。85歳で現役を続けられているくらいですから、人手は足りていない病院なのでしょう。
http://www.e-rapport.jp/law/other/mental_hospital/01.html

発達障害を知らない。
これは予想通りで、診断から攻める作戦は成功だったと思います。

ただ、遅発性ジストニアまで知らないとなると、たぶんこれ以降治療薬の話をしても埒が明かない可能性が大です。

次なる作戦としては、一刻も早く措置入院を解除して、医療保護入院に切り替えてもらうことです(医療費はかかるようになりますが)。
医療保護入院に切り替えれば保護責任者(この場合はお父様になります)の判断で退院をさせることが出来るようになります。逆に、お父様が同意すれば、ご本人が入院を拒んでも入院させておける入院形態です。

まだ退院できる状態だとは思えませんので、医療保護入院に切り替えてもらえるよう働きかけながら、元々の主治医の先生とも相談して、転院先をみつけられるのがベストシナリオです。
正直に申し上げて、「措置入院になった発達障害患者」というだけで敬遠されることは予想されますから、これは足を使って探すしかないかもしれません。
転院先さえ見つかれば、医療保護入院ならばお父様の責任下で転院していただくことができます(措置入院のままだと転院には都道府県知事の同意が必要となります)。

並行して、本日ご記載頂いた内容についても精神医療審査会に伝えるべきでしょう。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

わかりました。ありがとうございます。

本日、休みをとって退院請求の原案を別スレッドをたてて送りますので、よろしくお願いします。

医療 についての関連する質問