JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

私は視力がすごく悪くて、コンタクトレンズの度数が-7.50{両目共}です。さいきん老眼も加わり手元や新聞がぼやけてき

解決済みの質問:

私は視力がすごく悪くて、コンタクトレンズの度数が-7.50{両目共}です。さいきん老眼も加わり手元や新聞がぼやけてきました。
レ―シックを受けようと思っていますが。CKのほうが安全性が高いとききました。CKとわどんな手術ですか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんにちは、猫山と申します。

CKは「Conductive Keratoplasty (伝導式角膜形成術)」と呼ばれる老眼治療法です。

レーシックの様にレーザーにより角膜の形状を変えるのではなく、高周波のラジオ波を当てることで、角膜 の形状を変化させ老眼を矯正します。

メスで切ったりレーザーで切除したりしない、安全性の高い手技と言われています。

参考サイト
http://www.sakanishiganka.com/ckmonitor.html
http://lasik-ranshi.net/cat7/ck.html
質問者: 返答済み 5 年 前.

 

老眼と近視の両方を直すには、どんな手術を受けるのが適切だと思われますか?

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
相談者様の場合、老眼 兼 近視ですから、選択は難しいところです。

あまり近視の度合いが強いとレーシック手術はそもそも受けられませんし、CKは前述のように、逆に近視気味に視力が矯正されることになります。

有水晶体眼内レンズ(フェイキック:IOL)手術もやはり、老眼には無効です。
http://www.keio-eye.net/lasik/phakiciol.html

近視と遠視の両方に有効な手術としては多焦点眼内レンズ手術が挙げられます。
http://morii-ganka.jp/disease/rougan.html
http://trtprebyopia.savoza.com/
しかしこれもまた全ての距離でくっきり焦点が合うわけではありませんし、レーシック手術などに比べて、国内での手術施行症例数が少なく、安全性や、施行医療者の熟練度に不安が残ります。

近視と老眼のどちらかのみを治療され、もう一方は眼鏡でカバーされるのが、現状もっとも確実で安全な治療法であろうと考えます。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問