JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, ER救急医 准教授
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4173
経験:  医師
61793059
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

統合失調症について質問させてください。 統合失調症は子どもに遺伝しますか。 また、その可能性が少しで

解決済みの質問:

統合失調症について質問させてください。

統合失調症は子どもに遺伝しますか。


また、その可能性が少しでもある場合、子育てをする上で
気を付けるべきことはありますか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
先ほど、産婦人科のご質問でお答えを書いたものです。
前のご質問に関連しているかとも思いますので、お答えを書かせていただきます。

遺伝性はあると言われています。
子供がかかる率は、16.4%。
兄弟では、10.8%。
孫では3%。

ただし、一卵性双生児における発病率は100%ではなく、60%くらいだということから遺伝的要因プラス環境的要因ではないかと考えられています。
ただし、そのうちどちらかが主な原因になるかというリサーチがあるのですが、やはり遺伝的要因の方が大きいようです。

子育て上で気をつけることですが、もし、両親がその病気であるのならば、治療を続けられて再発しないように気をつけられることが一番重要です。
親が再発を繰り返していたら、子育てに影響が出ることは明らかですよね。
また、子供に対して批判的に対処したり、過保護や、過干渉は避けるべきです。
あと、子供の自尊心を傷つけないように注意してあげて下さい。

こうやって書き出してみますと、ふつうの子育て上での注意とあまり変わらないのですが、やはり知っているのと知っていないのでは違ってきますよね。
子育て上の心配事があれば、公的機関で助けてくれるようなところもありますし(児童相談所等)、一人で悩まないことも大切ですよ。
質問者: 返答済み 5 年 前.

ありがとうございます。

 

やはり遺伝性はあるのですね。

 

そう考えると、やはり悲しいですし、

色々と不安になります。

 

まず病気でありながら、無事に出産をできるかどうか、

健康な子どもが生まれてくるかどうか、

 

子どもに自分の病気を言わずにいることができるのか、

もし知らせる場合にどう対応すればいいか

 

子ども自身の体調を心配して成長がずっと不安

 

など色々考えます。

 

 

 

専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
あなたが、ちゃ んと治療を受けている限りは、産婦人科医とあなたの主治医と連携をうまく取りながら妊娠を考えればいいと思いますよ。
妊娠は計画性にされて、妊娠される前からいろいろ主治医と相談されてくださいね。
そう、計画性にすることが大切です。

他にもたくさん、遺伝性の疾患はあり、みなさんそれを乗り越えられていますからあなた一人ではないということを忘れないでくださいね。

不安なことはよくわかります。
でも、サポートは受けられるはずですので、その時になるまでお時間のあるときにどこでどういうサポートがお近くで受けられるか調べておくのもいいことかもしれませんよ。
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
言い忘れましたが、妊娠を計画する前に、葉酸を飲まれることをお勧めします。
神経管に関する異常のある赤ん坊を生むのを防げます。
また、35 歳を超えるとダウン症を含めた遺伝子異常の赤ん坊の生まれる率も高くなりますので、早めに、そしてあなたの体力の十分あるうちに子育てが終えられるように計画をされるといいかと思いますよ。
これで、だいぶ違ってきます。
現状ではあなたのご病気がうまくコントロールされているようで、私もとてもうれしいです。
そちらに関しては猫山先生が最適のご相談相手かと思います。
産婦人科系は、こちらにお任せください。
いずれにしても猫山先生と私はすぐにコミュニケーションの取れるようにしていますのでご心配なく。

ご参考まで。
質問者: 返答済み 5 年 前.

ありがとうございます。

本当に助かります。

 

葉酸は、妊娠を計画する前にという以前に早めに今から飲んでいた方が良いものですか。

 

調べてみると、大量摂取はいけないというような情報もあり、

実際のところはどういう感じなのでしょうか。

 

(色々と質問してしまい、すみません。。)

専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
もちろん過剰摂取はなんでもいけませんよ 。
妊娠を予定されている時期の数ヶ月前から、始めると良いと思います。
例えば、てんかんのお薬を飲まれていて妊娠可能な年齢である場合、毎日服用をさせている神経内科医もおられます。
こういうことも、次の産婦人科受診の時に質問リストに加えておいて量を確認すれば安心ですね。

通常の量は、妊娠前は400micogramです。
妊娠したら、妊婦用のビタミンに600micogramくらい含まれていますが、産婦人科医によっては1000micogramを推薦する場合もあるようです。

docmmartをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問