JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

docmmartに今すぐ質問する

docmmart
docmmart, ER救急医 准教授
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4173
経験:  医師
61793059
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

62歳男性心筋梗塞で集中治療室に入って約一カ月ですがその間に透析がはじまり、次は肺炎を起こし次は虚血性腸炎で血便が出

解決済みの質問:

62歳男性心筋梗塞で集中治療室に入って約一カ月ですがその間に透析がはじまり、次は肺炎を起こし次は虚血性腸炎で血便 が出ている状態喉を切開して人工呼吸器を取り付けているが今は酸素に変わっているがいつまでも手を拘束された状態で眠らせているため鎮痛剤が切れた時暴れるらしい、そのためまた鎮痛剤を使われる口は荒れ放題で血だらけになっているため、私が薬局で薬を買ってきて塗っているがこのままの状態から抜け出せないため、転院をさせるほうがよいのか、それとも医療としては間違っていないのか、が聞きたいです。またICUにいても転院は可能でしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
はじめまして。

私は、様々な重症患者を手がけている医師です。
お力になりたいと思います。

この投稿を書かれているのは、ご子息でしょうか。それとも奥様?
お若いのにとてもたいへんなことになり、さぞかしお辛いでしょうね。

糖尿病から心筋梗塞、腎不全、肺炎に虚血性腸炎と、ほんとうに重症であられ、しかも呼吸も人工呼吸器も取り付けられた状態なんですね。今は酸素だけということですから呼吸は自発でできる状態なのでしょう。

すべての情報が手元にあるわけではないので詳しいアドバイスはできませんが、今の状態での転院はかなり難しいでしょうね。
つまり、容態が不安定すぎるということです。

手の拘束は辛いですね。
いらいらもわかる気がします。
主治医はどのように説明されているのでしょうか。

どのようなお薬で眠っておられるかご存知ですか。
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
さて、お返事を待ちましたがないようですので、手元にある情報だけでお尋ねの件のお答えをしたいと思います。

まずは、転院に関しては私の意見は変わらずで、不安定すぎるので今は考えられない方がいいと思います。

次に、医療として間違っていないかというご質問にお答えいたします。

ご本人は糖尿病であったということで、その合併症が残念ながら大きく出てしまいました。
心筋梗塞から、もう一月経つんですよね。心筋梗塞と診断されてからすぐにおそらくカテーテル治療を受けられたのでしょうか。一番の山は通り超えられています。
私は、ハートセンターと呼ばれるようなところで仕事をしていますので、心筋梗塞の怖さを身に染みて知っています。

次に、腎不全ですが、これは今回始まったことのようなのでこのまま続くのかどうか、それとも一時的なものなのかはわかりかねますが、腎臓の機能が悪い以上、今はこれを続けなければなりませんね。

肺炎も、少し間違えれば命取りのところでしたが、喉に切開してそれで呼吸されているということ。虚血性腸炎もあるということで、おそらく強い抗生物質を静脈から入れる治療をされていることでしょうね。また、血糖のコントロールもさまざまなストレスのために難しいのではないか?と想像しています。

そういう状態であちこちに挿入されている管は絶対に必要です。
呼吸のための装置、点滴、そしておそらく鼻からもチューブが入れられているのでは?

今は絶食で体も腸も安静状態が絶対的に必要な状態です。

手を拘束されているのもそれなりの理由があるのですし、安静を保つために鎮静剤は必要でしょうね。

お口のケアは、特別にお願いするといいと思いますよ。
また、このように、転院を考えたり、先生の方法がまちがっていないかどうか迷いだしておられるということは、主治医とのコミュニケーションが十分に取れていない可能性はあると思います。
今後の見通しをぜひ直接伺ってみて下さい。
一般的な質問にはソーシャルワーカーに中に入ってもらうのもいいかもしれません。

医者を信じろと言っても今は難しいのはほんとうによくわかります。
けれども、ご本人はほんとうに重症患者で不安定な状態にあることは大きな事実です。

いかがでしょうか。

docmmart, ER救急医 准教授
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4173
経験: 医師
docmmartをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • Dr_GATO

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2642
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2642
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    ER救急医 准教授

    満足した利用者:

    1799
    医師
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/NO/nounomoribito/2014-6-24_125138_名称未設定.64x64.png nou-no-moribito さんのアバター

    nou-no-moribito

    医師

    満足した利用者:

    300
    脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    医師

    満足した利用者:

    340
    総合診療医
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/HO/horacicurgeon/2015-11-16_288_doctorbanner.64x64.jpg Dr.K さんのアバター

    Dr.K

    医師

    満足した利用者:

    162
    医師、医学博士として、臨床及び研究に10 年以上従事。専門は呼吸器疾患で、特に呼吸器がん(肺癌、悪性胸膜中皮腫など)や喘息、COPDなどの呼吸器良性疾患及び、一般外科、救急医療に関しても精通しております。呼吸器外科専門医、呼吸器専門医、気管支鏡専門医、がん治療認定医、外科専門医、産業医。
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/PC/PchanDr./2013-5-7_01659_IMG2692.64x64.JPG P-chanDr. さんのアバター

    P-chanDr.

    医師

    満足した利用者:

    40
    泌尿器科専門医・指導医
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/HE/heartDr./2014-7-24_112459_TshirtFemale5B15D.64x64.JPG Dr-KUMA さんのアバター

    Dr-KUMA

    医師

    満足した利用者:

    125
    国立大学病院勤務経験あり
 
 
 

医療 についての関連する質問