JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

猫山司に今すぐ質問する

猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14191
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

33歳の長男のことでご相談を申し上げます。約10年間統合失調症と診断され内服加療中でしたが、3年前にセカンドオピ

解決済みの質問:

33歳の長男のことでご相談を申し上げます。約10年間統合失調症と診断され内服加療中でしたが、3年前にセカンドオピニオンを受けて発達障害、いじめによるPTSD、強迫神経症と、遅発性ジストニアと診断を受けて近医の発達障害の専門クリニックにて薬の減量をしていたところでした。昨年11月25日からそれまでデパケンR700mgから600mgに減量されて以降、イライラ感・易怒性が強まり、聴覚過敏の状態でもありました。屯用処方のセルシンを内服し、臥床するなどして自己コントロールをしていたのですが、12月1日の深夜0時過ぎに自宅前の24時間営業のスーパーの前で若者数人が酒盛りをして大声で騒いでいたことに感情のコントロールができなくなり自宅にあった模造刀を持ち出してその若者たちに抗議にいき捕えられ、警察に通報され、留置場に48時間拘留された後措置入院になりました。本人はすぐ冷静になり、デパケンRの減量で感情のコントロールができなくなったことを県の精神科判定医に話したそうですが、聞き入れてはもらえず、やむなく保護室での入院生活をおくっています。保護室では汲み取り式のトイレにダンボールの蓋をしただけであり、尿臭がその病棟に入った途端立ち込めています。さらに布団を直接床に敷かれているのですが、枕がありません。その原因は以前患者さんが枕をトイレに落としたことがあるからということですが。眠りにくいと話しています。そこで、質問ですが、入院環境の変化と発達障害の専門クリニックでの11月25日以前の処方を希望しても、入院先の主治医は病院には置いてないので同じ薬効のものを処方すると説明をしています。また主治医が85歳と高齢で何度も同じ事を繰り返し質問をするのが苦痛であり、病院や主治医 の変更を希望していますが、応じられないといわれているのも相まって、却って易怒性が強くなり、不眠イライラ感を強め、自らホリゾンの注射を希望し、リスパダール内服液を一日に何度も要求しているようです。昨日の本人との電話ではろれつが回らない声で「なんで電話をしてきたのか?精神病院に私たち夫婦が連れて行ったのがそもそも悪かったと怒りがこもった声が弱く、倦怠感も強くなっている状態でした。そこで11月25日の処方内容ですがエヴィリファイ12㎎2T 1×朝デパケンR200mg2T 1×朝デパケンR100mg1T 1×朝デパケンR100mg1T 1×夕リボトリール1mg3T  3×毎食後ワイパックス0,5mg3T 3×毎食後ルボックス50mg3T 毎食後メチクール500μg3T 3×毎食後セルシン5mg2T 1×屯用 1日3回まで 今回の入院時の処方デパケンR100mg3T 3×毎食後リーマス100mg3T 3×毎食後プロビタン50mg3T 3×毎食後マグミット330mg3T 3×毎食後メバロチン5mg2T 2×朝、夕 眠前薬ロヒプノール2mg2T ベンザリン5mg1T セロクエル25mg2T ソメリン10mg1T センノシド12mg1T 12月28日に看護婦詰所で主治医に話したらレボトミンの注射が更に1日2回4日間増量されています。眠前に不眠を訴え、ホリゾンの注射をし、他に何かわからないのですが注射をしているようです。副作用づけになるのではないか、急激な身体的変化を起こさないかと心配です。12月13日に直接面談を主治医としてきました。12月28日にも電話で主治医と話をしていますが、こちらの思いに沿っての説明はなかなか難しいと感じました。今後この病院を信頼しても良いのか不安です。措置入院であれば仕方ないのでしょうか?異議申し立てはできないのでしょうか?そのことで却って本人に不利益が講じないのかとも考えるとどうしていいか困惑しています。どうか良いアドヴァイスをお願いします。


 セカンドオピニオンのことですが、知的能力は普通です。県立の進学高校在学中に執拗ないじめをうけています。いわれなき謹慎処分を高校からいわれ、不登校となり自主退学を高校からいわれ、退学となっています。その後好きな英語を独習し、英検2級検定に合格しています。理数科系は驚くほど苦手ですが、文科系は得意です。セカンドオピニオン先は愛媛の味酒心療内科の笠先生です。小野内科でもかなりの時間をかけてテストを受けた結果発達障害の診断をうけています。


 なお、本人は九州の自宅に夫と生活をしていました。私は本人が某医科大学から退院をしたのち、妹に暴力を振るい妹も不登校となり、本人と離れて暮らすために妹を連れて上京して仕事をしています。


 本人は「いまだに高校の時に言われていた言葉が幻聴となり、関係妄想もあります。しかし、今回のような行動化はありませんでした。

投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんにちは。猫山と申します。精神科医です。

まず異議申し立てについてですが、都道府県ごとに精神医療審査会があり、待遇改善要求や退院請求ができます。入院時に病院側から説明がなされるべきですが……
http://www.e-rapport.jp/law/welfare/no04/01.html

その他の部分に関しましては、ご質問が長文ですので、熟読後に回答させていただきます。
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14191
経験: 医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.
ありがとうございました。CKが高値なのはメバロチンが原因ではないかという話を薬剤師に聞きました。激しく拘束は受けてないようですが。尿検査はしてないようです。明日主治医に電話連絡をしてみます。(本日正月休み明けの初出勤日だったためか?忙しいので明日電話をするようにと取り次いだ看護婦から伝言を聞きました。)が、他に考えられることはないでしょうか?
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ちょうどいま回答の続きを書いていたところだったのですが……

大変お手数なのですが、追加のご質問につきましては別にスレッドを立てて、別のご質問としてご投稿願えないでしょうか?
相談者様は月極会員様ですので、そうしていただくのがルールなのだそうです。

なお、初めのご質問文の中にCK高値の件は書かれていなかったかと思いますが、実際の値ともども教えていただけますと幸いです。値いかんでは生命に関わることもございますので。
ついでながら、お住まいの都道府県を教えていただけますか?

以下、JustAnswerサポートデスクの見解です。

これが遵守されない場合、相談者様は会員資格を解除される可能性があり、また私への報酬も取り消されます。ご理解をいただけますと幸いです。

*********************************************
JustAnswerでは月極会員が公正使用の方針といった会員規約に反する行為を行った場合は、その行為に対して警告を行い、違反行為により支払われた専門家への報酬の取り消しを行います。

悪質な場合は月極会員の解除といった対応も行っています。月極会員ユーザーページ内のリンクに、公正使用の方針としまして「特定ユーザーへの過剰承諾禁止」についての記載がございます

弊社ウェブサイトは質問ごとに料金を設定し、「承諾」することでユーザーは支払いに同意し、報酬が専門家に支払われるシステムです。
このように通常使用をしていただいている限り質問者の承諾回数は1回のみで間に合います。そのため月極会員の方の承諾は1度のみとしております。

返信機能は別の質問を投稿するためではなく、質問に対する回答内容に不明な点がある場合にご利用いただく機能です。

承諾後に、返信機能を用いて投稿された追加質問に専門家が回答しても無報酬となりますので、別の質問がある場合は、ユーザーは、返信機能を利用するのではなく、新たにスレッドを立てて、別の質問を投稿する必要があります。
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14191
経験: 医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.
ありがとうございます。別にご質問をさせていただきます。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご理解いただきましてありがとうございます。
こちらのスレッドの回答はそのまま作成継続中ですのでしばしお待ちください。
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14191
経験: 医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
お待たせしました。
先ほどの操作で書きかけていた回答が消えてしまったので、書き直しに時間がかかりました。

まず、入院の経緯そのものについてですが、これは措置入院となってしまったのは致し方が無いと思います。
措置入院は「自傷他害の恐れがある精神疾患患者」様を都道府県知事の判断で入院させる、患者様の治療はもとより、社会防衛の性格をもった入院形態でもあります。
成人男性患者様が往来で模造刀を持ち出しては、他害の恐れありと見做されるのは不自然ではありませんし、それが薬物調整の過渡期にあったから、という事情は入院形態の判断においては汲み取ってはもらえません。

問題となるのは、その後の処遇です。
これはもう、医療界の問題として本音でお話をするしかありませんが、ご子息のような年齢の男性患者の措置入院を引き受けてくれる精神科病院は極めて少数なのです。
措置入院=暴力的傾向があり、看護に人手もかかると見做されるからです。特に若い男性患者の措置入院はどこの病院も敬遠します。

必然、ご子息のような患者様の受け入れ先は、空床率が高い、前時代的な病院になりがちです。
精神科病院であっても、近代的な病院ならば、保護室とはいえご記載のような「座敷牢」的なものではありませんし、閉鎖病棟といえども尿臭が漂っているようなことは間違ってもありません。
処置入院の解除は難しいかもしれませんが、処遇改善については前述した精神医療審査会に申し立てをされるべきかと存じます。
住所地の、もしくは入院されている病院がある都道府県を教えて痛ければ、私の方で連絡先をお調べすることも可能です。

次にお薬ですが、長くなりますので、項を分けてこの後に投稿します。
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14191
経験: 医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
まず、見やすくするために、ご記載頂いた入院前後の処方を以下にコピー&ペーストしました。

[入院前(11月25日)]
エヴィリファイ12㎎2T 1×朝
デパケンR200mg2T 1×朝
デパケンR100mg1T 1×朝
デパケン R100mg1T 1×夕
リボトリール1mg3T  3×毎食後
ワイパックス0,5mg3T 3×毎食後
ルボックス50mg3T 毎食後
メチクール 500μg3T 3×毎食後
セルシン5mg2T 1×屯用 1日3回まで

[入院時処方]
デパケンR100mg3T 3×毎食後
リーマス100mg3T 3×毎食後
プロビタン50mg3T 3×毎食後
マグミット 330mg3T 3×毎食後
メバロチン5mg2T 2×朝、夕
眠前薬ロヒプノール2mg2T ベンザリン5mg1T セロクエル25mg2T ソメリン10mg1T センノシド12mg1T
レボトミンの注射が更に1日2回4日間
眠前に不眠を訴え、ホリゾンの注射

率直に申し上げて、どちらの処方も感心できません。
それは後述するとして、ご子息が今回措置入院するに至った原因がデパケンRが700mgから600mgに減量されたためであるかどうかは疑問です。
デパケン「R」とは、気分安定薬であり抗てんかん薬であり、1日2~3回分服しなければ血中濃度が安定しなかったデパケンを改良し、1日1回の服用で済むようにした徐放製剤です。
つまり減量してもすぐに血中濃度が減少していくこともないので、作用の減弱も緩やかです。
「600mgに減量されて以降、イライラ感・易怒性が強まり、聴覚過敏の状態でもありました」とのことですが、飲んですぐにシャープに効き目が出るお薬ではない代わりに、減量してすぐに症状の悪化が見られるお薬ではありません。
「発達障害の専門クリニックにて薬の減量をしていたところでした」とのことですから、デパケン以外の、それ以前に処方されていたお薬の減量が今回のご子息のエピソードの原因だったのではないかと考えます。

入院前の処方に関してこれ以上あれこれ言っても始まりませんので、現在の処方の問題点を挙げます。
①まず、デパケンRを毎食後に分服している意味がありません。前述の方に、わざわざ1日1回投与で済むように開発された剤形を、1日3回飲む必要はありません。
②リーマスは、まず処方意図がわかりません。発達障害にも統合失調症にも効くことはしられていないお薬です。また、血中濃度は測定しているのでしょうか。
③眠剤が多いのは、心情的にはわかりますが、多すぎるような気がします。これは、「暴力的な措置入院患者」が夜間不眠で暴れては困る、という病院側の懸念の現れでしょう。
④レボトミンの筋注にも意味がありません。毎日注射するなら経口服用させればいいのです。服薬を拒んでいるわけでもありませんから、注射でなければならない理由がありません。
⑤セルシン(ジアゼパム)の筋注に至っては逆効果とすら言えます。これはセルシンの特徴なのですが、他の大多数のお薬と違って、セルシンは、注射するよりも口から飲んだ方が早く良く効くのです。
“ジアゼパムは経口、経静脈、筋肉注射、坐剤の各経路で投与できる。経口投与されると速やかに吸収されて作用を発現する。筋注での作用の発現は、はるかに遅く不安定である”(Wikipediaより引用)。
入院前の、経口の頓服の方が正しい使用法でした。
レボトミンとセルシンの筋注は、CKを上昇させる以外の効果は無かったと言えるでしょう。
⑥ルボックス150mg/日の急激な断薬:ルボックスはSSRIと呼ばれる抗うつ薬/抗不安薬のひとつです。SSRIは急激に中止すると、離脱症候群という精神症状+身体症状を引き起こします。

このように問題点が多く、このまま経過を見ていて良い方向に向かうとは考え難い薬物療法が行われています。

主治医が85歳というのもかなりの不安要素で、もちろんご高齢でも勉強されている方はおられますが、私の経験上、この年代の精神科医は「精神病院は入院したら一生出来てこられないところ」という収容型の治療時代に教育を受けていますので、まず、退院させるために治療をするという意識が希薄です。
また、最近のお薬には詳しくありません。1996年に発売されたルボックスというお薬に離脱症候群があることはご存じないのかもしれませんし、1957年に開発されたレボトミンよりも有効で安全なお薬があることもご存じないのかもしれません。
最近の概念である発達障害など、恐らく十分な知識はないでしょう。

こうした、主治医の適格性も大きな問題点であると愚考いたします。
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14191
経験: 医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

返答が遅れてしまって申し訳ありませんでした。パソコンの不具合が生じてしまいました。

 

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
いえいえ。お気になさらないでください。

拙回答が少しでもお役に立てば幸いです。
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14191
経験: 医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • Dr_GATO

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2642
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2642
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    ER救急医 准教授

    満足した利用者:

    1799
    医師
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/NO/nounomoribito/2014-6-24_125138_名称未設定.64x64.png nou-no-moribito さんのアバター

    nou-no-moribito

    医師

    満足した利用者:

    300
    脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    医師

    満足した利用者:

    340
    総合診療医
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/horacicurgeon/2015-11-16_288_doctorbanner.64x64.jpg Dr.K さんのアバター

    Dr.K

    医師

    満足した利用者:

    162
    医師、医学博士として、臨床及び研究に10 年以上従事。専門は呼吸器疾患で、特に呼吸器がん(肺癌、悪性胸膜中皮腫など)や喘息、COPDなどの呼吸器良性疾患及び、一般外科、救急医療に関しても精通しております。呼吸器外科専門医、呼吸器専門医、気管支鏡専門医、がん治療認定医、外科専門医、産業医。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/PC/PchanDr./2013-5-7_01659_IMG2692.64x64.JPG P-chanDr. さんのアバター

    P-chanDr.

    医師

    満足した利用者:

    40
    泌尿器科専門医・指導医
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HE/heartDr./2014-7-24_112459_TshirtFemale5B15D.64x64.JPG Dr-KUMA さんのアバター

    Dr-KUMA

    医師

    満足した利用者:

    125
    国立大学病院勤務経験あり
 
 
 

医療 についての関連する質問