JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, ER救急医 准教授
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4173
経験:  医師
61793059
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

10月19日に人間ドッグ検査結果の蛋白分画で少しのM蛋白がみられる総蛋白7.4総ビルリビン 1.5ですその後12月

質問者の質問

10月19日に人間ドッグ検査結果の蛋白分画で少しのM蛋白がみられる総蛋白7.4総ビルリビン
1.5ですその後12月16日の検査で それぞれ6.8と0.9です MGUSといわれ11月28日にCT検査
軽度の脾臓腫大が見られる 今のところIgG1146増加見られず骨髄穿刺で形質細胞の増加は
みられません 骨も溶け出していませんリンパ増殖性疾患に伴うM蛋白血症である可能性は否定できません 診断には脾臓摘出による検査が必要ですといわれました 臓器障害がないため
MGUSと判断しますH24.2.10日に心エコー検査をしますといわれました 胃カメラもやります
と言われましたが 断りました こんなに次々と検査する必要があるのですか素人考えですが
心配になって相談いたしました 違う病院で再検査も考えております よろしくおねがいします
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
はじめまして。

私でよろしかったらお力になりたいと思います。

MGUSということなのですね。
MGUSというのは、意義未確定のM蛋白血症と呼ばれるものですが、もう詳細はご存知のこととは思います。

検診等で、あなたのように偶然見つかるケース、増加しているようです。

MGUSと診断されたのであれば、治療の必要はありません。
ただし、一部の症例では、脅かすつもりではありませんが、腫瘍性疾患に移行する可能性があるようです。
そのために、定期的に経過を観察する、これが大切なのです。

確かに次々と、検査をといわれてもまいってしまいますね。
それは、私も感じました。

こういう場合はやはり、セカンドオピニオンをおすすめしますね。
検査も数を打てばなんとやら、と言うことではなく、やはり、的を得ていないと信頼性がなくなります。
docmmartをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問