JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, ER救急医 准教授
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4173
経験:  医師
61793059
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

初めてご質問いたします。 先日ガンで亡くなった父の件で、叔父から聞き、気になっている事がござます。 些細な事

解決済みの質問:

初めてご質問いたします。

先日ガンで亡くなった父の件で、叔父から聞き、気になっている事がござます。
些細な事かもしれませんが、危篤状態の医療の現場で、通常に行われている事なのかどうか見識者の先生に
教えていただきたくご相談いたします。

ガンで入院中80歳の父が危篤状態となり酸素吸入を行 っておりました。
血圧・心拍数を波状で表示するモニターの数値は比較的安定しており、呼びかけにも眼で反応しており、
当日は病室に宿泊予定でした。しかしほんの数分病室を外し、戻りましたら容態が急変し、血圧・心拍数が
急激に下がり、まもなく息を引き取りました。現場にいた叔父の話によると看護師の方が父の体の向きを変え、
モニターの電池交換行った後のタイミングだったので、その行為が引っかかるらしく、もしかしたら電池交換をした
事が、死を早める何らかの結果に繋がってしまったのではないかとずっと気にしております。

交換した事が直接的な原因でないにしても、親族の前でこのような行動は配慮がなく、不安を増すばかりです。
電池交換と父の逝去のタイミングがタイミングなもので私もずっと気になりご相談させたいただきました。 

ご回答いただければ幸いでございます。
どうぞよろしくお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
はじめまして。

私でよろしかったら、お力になりたいとおもいます。

お父様、残念なことでしたね。
お寂しくなられ、お気持 ちをお察しいたします。

ガンを患われていたのですね。
亡くなるまえにはいったいどういう状態であったのかはわかりますか。

例えば、ガンが末期の状態であったとか、他にも合併症があったとか、心臓や肺にもご病気があったとか、なんでもかまいませんにで、書き込んでいただけるとお答えがしやすいです。

電池交換は、モニターが電池交換を示唆していたから?それとも定期的なものであった?
その辺りはわかりますか。

お父様の体位の変換はいつものルーチンであったのですよね。

よろしくお願いいたします。



専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
お返事を待ちましたがないようですので、今手元にある情報からお答えを書かせていただきます。

お父様は危篤でいらっしゃったということですので、おそらくガンの末期でかなり弱った状態であられたと想像いたします。
そういう場合は心臓の動きは胸につけたリードで、心臓の動きや呼吸状態をモニターし、そしてそれとは別に特別なセンサーで血液中の酸素、サチュレーションをモニターします。

もし、リードやセンサーがしっかり正しい位置につけられていないともちろんモニターは正しい数値を表示しません。
体を動かす、体位を変換するのはルーチンのことでしょうが、その際にリードやセンサーがずれる可能性はありますね。
もしずれのためにちゃんとモニターが作動していないとなると、まず、ずれをなおし、それでもモニターがちゃんと作動していないなら電池切れになっていないかなど、モニター側の原因を探り、電池を換えてみたりすることもあります。

お父様の状態がどのような状態だったのかその場に居合わせていないものがあれこれ想像で書くのもなんなのですが、考えられることはそれくらいでしょうか。

しかし、お父様の状態はおそらくいつ何時急変するかもしれないという状態にあったとすれば、すべてのタイミングが偶然であったとも言えますのでむずかしいですね。

いかがでしょうか。
質問者: 返答済み 5 年 前.

ご回答ありがとうございます。遅くなりましたがわかる範囲で追加情報をご連絡します。

父の死因は肺線癌です。発病は5ケ月前。死因に影響及ぼしたと考えられる傷病は

膵臓癌・肝炎・肝細胞癌だそうです。 もともと足のムクミを気にしており、

いろいろな医療機関で検査をしておりました。肺がんで入院後、ジェムザールという抗がん剤を投薬し、足と腕がむくみがとてもひどくなり、苦しんでおりました。

その後、抗がん剤の治療を停止し、緩和ケアの治療にはいり、強い痛み止めの投与を

始めた矢先の事でした。

 

 

専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
追加の情報をありがとうございました。

緩和ケアに入ったところだったんですね。
強い痛み止めのお薬というのはモルフィネですね。

モルフィネなどお薬は、量によっても患者さんによっても違いますが、呼吸機能を下げる副作用がありますので、心肺モニターで、しっかり呼吸の状態をモニターします。

考えられることは、お薬をあげた直後であったならば、 それで、呼吸の状態が低下、心肺の機能も低下、そして呼吸が止まった?というシナリオです。

その時に、前回の指摘通り、モニターの波が平坦になった時にモニター側の原因の可能性を確認する上で電池交換を行ってみた?というシナリオですが、ありえるかどうか。
やはり、あなた自身もその場にいなかったし、私もそうですし、なんとも言えませんが。。。

いかがでしょう。

ご返答をお待ち致しております。
docmmartをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問