JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

初めまして。山田と申します。(50歳) 一ヶ月前から右目の白い部分右端三分の一が赤くなり眼科に行きました。 強膜

解決済みの質問:

初めまして。山田と申します。(50歳)
一ヶ月前から右目の白い部分右端三分の一が赤くなり眼科に行きました。
強膜炎と言う診断でリンデロンA液を処方され10日程で赤い色は引きましたが
止めるとまた赤くなりを繰り 返しています。
10日前に眼底検査をしたところ異常はないと言う事です。(糖尿病はないです)
昨日も1日止めるとまた赤くなります。
当初から強膜も浮いている感じがしてコロコロしてます。
最近、車を運転していて遠くの視力が急に落ちてきた感じがしてます。
長期間リンデロンを使えないと言われてます。
何か違う病気でないか心配してます。
他の眼科に行った方がいいのですか?
いい治療法があればご回答をお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。

強膜炎は激しい痛みを伴う白目部分の炎症性疾患なので、ステロイド点眼液の処方は眼科的な処置としては間違っていません。

ただし、これは眼科から説明があったかもしれませんが、細菌やウイルスの感染、アレルギーなどで起こる結膜炎とは異なり、強膜炎は炎症の原因が不明で、大部分は全身性の炎症性疾患(サルコイドーシス結核、痛風)の部分症状として現れたり、関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、結節性多発性動脈炎といった自己免疫疾患の部分症状として現れることが知られています。

つまり、眼に強い症状が現れる内科的疾患であるということができます。
ステロイド(リンデロン)点眼は、その場その場で局所の炎症は抑えますが、根本原因を治すわけではありません。

視力の低下が起きているのであれば、炎症が眼球の裏側にまで達している可能性があります。

現在通われている眼科がどのようなタイプの医療機関かはわかりませんが、リウマチ内科などが併設されている総合病院の眼科を受診し、眼の対症的な治療を行うとともに、強膜炎の原因疾患を内科と併進で検索し、根本的な治療を行う必要があります。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問