JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

以前、まる3日眠れなくなり、その時にヒルナミンを処方して頂いた事が有ります。 その後、ロヒプノールを服用しておりま

解決済みの質問:

以前、まる3日眠れなくなり、その時にヒルナミンを処方して頂いた事が有ります。
その後、ロヒプノールを服用しておりましたが、改善されてきたので、眠剤は服用を止めておりました。最近また、なかなか眠れなくなったため、以前のヒルナミンが残っていたので、ロヒプノールと一緒に服用した所、1日中眠気が残ってしまいました。ロヒプノールだけだと、1時間半ぐらいで目が覚めてしまいます。ヒルナミンとの併用は止めた方が良いでしょうか?現在、医療機関には受診しておりません。ベンザリン・リスミーは効きません。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。

まず、ロヒプノールとヒルナミンですが、これは「効き過ぎ」や副作用がないかぎりにおいては併用しても問題はありません。
実際、精神科の患者様の中には、睡眠薬とヒルナミンを一緒に服用されている方々がたくさんおられます。
一般的な睡眠薬はベンゾジアゼピン系薬物と呼ばれる化合物のグループに属しています。ロヒプノールもベンザリンもリスミーも、ベンゾジアゼピン系の薬物です。
強い不眠を呈されている患者様では、これらベンゾジアゼピン系薬物を複数錠服用しても眠れず、ヒルナミンのような薬物を追加投与される場合がございます。

ヒルナミンは鎮静効果が高い抗精神病薬(統合失調症の薬)です。
ベンゾジアゼピン系の薬物とは脳における作用部位が異なるので併用すると相補いあって強い眠りを催させます。
しかし一般的な意味で申し上げてヒルナミンがかなり「強い」お薬であるのは確かで、精神疾患の無い、単なる「不眠症」の患者様に処方されることは稀です。
その意味で、相談者様が「以前、まる3日眠れなくな」った時に、通常の眠剤ではなくヒルナミンが処方されたのは珍しいことだと言えるでしょう。

ヒルナミンを併用しなければ十分な睡眠がとれず、しかし併用すると眠気が残るのであれば、お手元のヒルナミンを半錠に切って、ロヒプノールとともに服用してみることをお勧めします。

ただし、これはあくまで「つなぎ」です。
できるだけ早い時期に、心療内科/精神科を受診して(やはり心療内科医/精神科医が睡眠薬の扱いには長けています)、不眠の原因を確認した上で、正式に適切な睡眠薬の処方を受けられることをお勧めいたします。

以上、ご参考になれば幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
拙回答をご閲覧いただきありがとうございました。
もし、回答の内容に不足な点がございましたら、可能な範囲で対応いたしますのでご質問をご追加いただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.
ご回答ありがとうございます。確かに拝受致しました。
十数年前より、睡眠時間が3・4時間の生活が続いて居りました。熟睡できる環境ではなかった為、お酒を飲んで寝る様になり、段々酒量の量も増え、ア ルコール性肝硬変・食道静脈瘤と診断されました。眠剤の使用に抵抗が有った為、肝機能の数値が安定するまでは断酒をしておりましたが、良くなればまた飲酒をして寝る生活を続けて居りました。精神的なストレスも有りましやが、昨年の暮れから原因不明のふらつきに悩み、断酒をして1年になります。肝臓の方は、正常値に戻り、食道静脈瘤も消えました。昨年から精神科にも受診致しました。精神科の病気は有りませんでしたが、アルコール依存症、睡眠障害との診断でした
今年の6月にむずむず脚症候群と診断。ビ・シフロールを服用。8月には痛みに変わり線維筋痛症との診断でトリプタノール・リボトリールの服用開始。副作用なのか、筋痛症の症状なのか分からず、精神科のドクターとはインフォームドコンセントが十分取れず、お薬は自己中止。筋痛症の診断の出来るドクター・医療機関を探している段階です。不眠の原因は現在の体に出ている症状と筋痛症について、どの科に受診して良いのか分からず、筋痛症学会にお願いして、病院を探して頂いておりますが、1ヶ月近く経っても連絡が来ないあせりからだと思います。眠剤のロヒプノールも残り少なく、処方して頂ける医療機関にも受診していないため、現在持っているアモバンを服用しようと考えております。
の異変を感じ副作用だと考え自己中止致しました。精神科のドクターとはインフォームドコンセントが十分取れず受診中止。筋痛症もどうなのか疑問を感じ、現在
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信が切れてしまっておりますが、そういう事情・経過であるならば強固な不眠が生じるのも了解できます。

別の病院でもかまいませんので精神科/心療内科を受診されて、ヒルナミンを含む選択肢の中から睡眠薬・鎮静剤を処方していただくべきと考えます。
睡眠薬の急な断薬は、リバウンドで様々な自律神経症状を引き起こし、相談者様の現在の病状を複雑にする可能性がありますので、避けられた方がよろしいかと存じます。

最初の質問に対する回答は以上でございます。
ヒルナミンとロヒプノールの併用は可能で、効果の出方次第で量を調整すればよい、ということになりますので、よろしくお願いいたします。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問