JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

私は、今年2月に交通事故を起こし2台の車とその運転者に全治3週間以上のケガを負わせてしまい、刑事処分及び行政処分を終

解決済みの質問:

私は、今年2月に交通事故を起こし2台の車とその運転者に全治3週間以上のケガを負わせてしまい、刑事処分及び行政処分を終え、被害者の方 に対しては保険にて示談で治療、保証させていただきました。

しかし、私には症候性てんかんの持病があり10年前に発症し、現在治療しております。
自動車普通免許を取得後、AVM(能動静脈奇形)持病がわかりましたが、その際にてんかんもあることが
わかりました。てんかんは現在てんかん薬の飲用で発作はありません。(当時に主治医にも運転は止められていない。)

なお、上記の事故はてんかん発作が原因ではなく、前方不注意で道交法上行政処分(30日免許停止)と
なりました。
しかし、事故現場で事故処理にあたった警察官にてんかんの持病の話をしたことから、警察より診断書の
提出を何度も要求されています。
要求は、正式な書面(行政文書)や手続きはなく、電話や手紙みたいなもので幾度か要求されています。

本来、事故原因がてんかんでないのであれば、てんかんに関する診断書提出は任意となると認識
しているのですが、認識違いでしょうか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。神経内科医です。

診断書は必要です。
今回の事故とは関係無しに、相談者様は運転免許更新時に然るべき診断書を提出する必要がありました。
http://www.geocities.jp/i_nami_08/douro.html

2002年まで、てんかんは運転免許取得の絶対的欠格事項(病状に関わらず免許がとれない、更新できない)でした。
2002年6月から法律が改正され、「てんかん発作が過去2年以内(注)に起こったことがない者で、今後当該発作が起こるおそれがないと認められるものについて」については免許の取得・更新が可能になりました。
【警察庁交通局 運転免許の処分基準等の見直し素案】
別紙2-2-(1)-(ア)(イ)
http://www.seirokyo.com/archive/news/kekkakujoukou/license.html

この素案を受けて、日本てんかん学会が以下のような決定を下し、警視庁と合意しています。
http://square.umin.ac.jp/jes/pdf/info003.pdf

従って、相談者様が2001年からてんかんの治療を受けているのであれば、事故とは関係なく、専門医による診断書の提出が必要だったのです。

警察から求められているのはそういう意味でのことだと思いますし、提出しなければ免許の取り消しとなります。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問