JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

脊椎カリエスによる変形と強皮症よる食道の逆流がひどく 栄養がとれません 担当医によると入院はできない と。83才に

解決済みの質問:

脊椎カリエスによる変形と強皮症よる食道の逆流がひどく 栄養がとれません
担当医によると入院はできない と。83才になります どうしたらいいのでしょう
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
おはようございます。猫山と申します。

すこし周辺情報をください。

①相談者様はこの83歳の患者様ご本人ですか?

②なぜ入院できないのでしょう? 他の病院を紹介してくれることもできないのでしょうか? 外来で点滴を行う等の処置も行ってもらえないのですか?

③食道の通過障害があることから全身性強皮症の内臓病変と考えますが、今後の見込みについてははどのように説明を受けていますか?

④難病指定は受けられていますよね?

以上、確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

私の叔母です 肺 心臓は弱くやっと歩いてます 他は膠着状態で胃の

激痛時々レイノウ現象 逆流がひどいです

外来で点滴は週1回  入院より施設を進められました  今 叔母は一人暮らしのせいかと

難病指定は受けてます 5年前から

カリエスは幼少からで障害者3級です

 

 

 

 

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信ありがとうございます。

最終的な落ち着きどころが施設になるのは仕方がないかもしれません。

しかし、現時点で短期的に状況を改善する必要があります。
今の状態で施設に入っても、お薬も食べ物も嚥下出来ないのでは早晩医学的な対処が必要になるでしょう。

現時点で既に胃褸造設の適応だと考えます。
入院し、胃褸によって栄養 状態を改善し、然る後に胃褸があっても受け入れてくれる施設を紹介してもらうべきでしょう。

ともかく、このままでは叔母様には生命の危険があります。主治医の責任として、施設を進める前に叔母様が施設に入れる状態にする必要があるでしょう。

主治医とそういった話がしづらいのであれば、ケースワーカーを通じてでも、速やかにその方向で話を進めるべきだと愚考致します。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

胃ろうとは胃に穴をあけチュウブですかt? 静脈栄養とはなんですかv?

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.

ご返信ありがとうございます。

 

胃ろうについてはご理解の通りです。以下のサイトをご参照ください。

【胃ろう(PEG)について】

http://www.peg.or.jp/eiyou/peg/about.html

 

静脈栄養は私の回答で出てきた用語ではないですね。主治医から説明があったのでしょうか。これは中心静脈栄養(IVH)のことを指していると思われます。

【中心静脈栄養法とは?】

http://www9.plala.or.jp/siroiipi/keikaneiyo4.html

 

IVHでのPEGでも高カロリーの栄養を体内に送り込むことが出来ますから、栄養状態改善の目的であればどちらでも有用です(末梢の静脈からの点滴は、もっともカロリーが高いものでも500ml1本でご飯1杯分にもなりません。それを週に1回行っても、栄養状態の改善にはあまり寄与しません)。

ただ、IVHではお薬を体内に入れることができません。

 

なので胃ろう(PEG)の適応であると考えます。

質問者: 返答済み 5 年 前.
中心静脈の事ですね 前 母がしていたので。 看護士さんから外来ではできないと聞き 
担当医に話を聞く前に入院はできないと言われたので・・・・
担当医にもっときちんと聞かなくては駄目ですね  中心静脈は動けないような状態にならないとしないものですか?
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信ありがとうございます。

中心静脈栄養は、寝たきり患者様専用の栄養法というわけではありません。消化管の手術をされた患者様などには短期間行われることはしばしばです。
病院で、大きなパックをぶらさげた点滴台をガラガラと押しながら歩いている患者様をご覧になったことがおありではないでしょうか。現在はかなり一般的に行われています。
ただ、点滴ですので、行えるのは入院患者様のみとなります。

その点、胃ろうは、外来でも造設できますし、自宅での管理も可能ですので、患者様の自由度は高くなります。まずは入院で訓練されてから外来で自己管理、という形をとります。
また、前述したように、栄養分だけでなく、お薬を注入できるのもメリットです。

どちらでもかまいませんので、急ぎ入院して、栄養状態は改善した方がよろしいかと存じます。身長にもよりますが、30㎏弱では、それだけでもかなりの衰弱が予想されます。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問