JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14294
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

23歳の息子の緑内障手術のことでお尋ねします。 17歳の時に高眼圧症と診断され数種類の目薬をさしてきました。 以

解決済みの質問:

23歳の息子の緑内障手術のことでお尋ねします。
17歳の時に高眼圧症と診断され数種類の目薬をさしてきました。 以降、個人病院と総合病院で定期的に検査、診察を受けてきましたが、今年3月頃より眼圧が上がり出して
6月終わりには40近くなり、7月8日に左目、13日に右目の切開術をしました。
術後、左目は16になりましたが、右目を手術する時にはまた47になり、退院時には左目30、右目17てした。目薬は左目にトルソプト、チモプトール、クラビット、フルメトロン、右目はクラビット、フルメトロン、内服薬ダイアモックス,アスパラカリウムを朝晩1錠、2錠を続けてましたが7月28日、
左目32,右目51になり右目にもトルソプト、チモプトールに両目にトラバタンズが追加になり、徐々に眼圧は下がり9月に内服薬をやめたのですが、少しずつ上がり始め11月に左目38になり、レーザーしても下がらず、再手術になりました。
切開術は3回までできると聞いていたのですが、前回の手術からすぐに眼圧があがったので、切開術ではさがらないだろうということで、トラベクレクトミーをすることになっています。
説明を聞くとリスクが大きいようで、心配です。やはり切開術では難しいのでしょうか?
息子は強度の近視で眼振があり、矯正視力が0.4くらいです。
明日が手術でどうにもならないかと思うのですが、あまりにも心配と不安でお尋ねしました。
よろしくお願いします。



退院後の検診で
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。

何といっても目の手術ですからご心配ですね。
ただ、切開術に比べてリスクが高い手術であるという認識をする必要はないと思います。

既に説明を受けられているとは思いますが、線維柱帯切除術(トラベクレクトミー)は、薬物療法とレーザー治療で効果がない難治例に適応となる手術で、白目の部分を通り抜ける新しい房水の排出路を白目と黒目の接する場所につくります。

眼圧降下作用が大きく、効果の長期的な持続が見込めますので、眼圧が40台、50台にまで上がり、切開術も一時的にしか効果を示さないご子息には適切な術式だと考えます。


手術の成功を祈念しております。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
拙回答をご閲覧いただきありがとうございました。
もし、回答の内容に不足な点がございましたら、可能な範囲で対応いたしますのでご質問をご追加いただけますと幸いです。

医療 についての関連する質問