JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14313
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

リウマチの件で御相談があります。 現在72歳の母が、10年前にリューマチと診断されました。 いろいろな薬

質問者の質問

リウマチの件で御相談があります。

現在72歳の母が、10年前にリューマチと診断されました。

いろいろな薬を試してきましたが、現在は、プレドニゾロン5㎎/日とセレコックスを服用し、ボルタレンサポを使用しています。

去年と今年、リウマトレックスを服用(量はわかりません)していた時、腎盂炎2回、敗血症1回かかっています。

これらの病気にかからない為には、リウマトレックス、プレドニゾロンの服用は止めた方がよいのでしょうか?

よろしくお願い致します。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。

結論から申し上げますと、リウマトレックスやプロドニゾロンの服用を止めるわけにはいかないと思います。

慢性関節リウマチは自己免疫疾患ですから、より根本的な治療は免疫力を抑制する治療ということになります。

お母様のリウマチの重症度について記されていませんが、リウマトレックスが用いられているくらいですから重症の部類に入るのだろうと推察します。
このお薬は、非ステロイド性抗炎症剤および他の抗リウマチ剤で十分な効果が得られない慢性関節リウマチに限って使用が許される最終選択肢的な抗リウマチ薬です(本来は抗がん剤です)。ちなみに用法は、「2mgを12時間間隔で3回投与し、5日間休薬する。これを1週間単位で繰り返す」です。

リウマトレックスも、プレドニゾロンも、強い免疫抑制作用をもっています。
そういったお薬を高齢の患者様に用いるわけですから、当然免疫力が低下し、いろいろな感染症にかかりやすくなります。

しかしながら一方で、免疫を抑えなければ、お母様の関節の破壊は進み、苦痛と、活動性の低下をもたらします。従って免疫作用を抑えるお薬を止めるわけにもいきません。

このあたりのバランスをとりながら、お薬とうまく付き合っていく方法を模索することにならざるをえないでしょう。

以上、ご参考になれば幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
拙回答をご閲覧いただきありがとうございました。
もし、回答の内容に不足な点がございましたら、可能な範囲で対応いたしますのでご質問をご追加いただけますと幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
拙回答をご閲覧いただきありがとうございました。もし、回答の内容に不足な点がございましたら、可能な範囲で対応いたしますのでご質問をご追加いただけますと幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
拙回答をご閲覧いただきありがとうございました。
もし、回答の内容に不足な点がございましたら、可能な範囲で対応いたしますのでご質問をご追加いただけますと幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.

拙回答をご閲覧いただきありがとうございました。

もし、回答の内容に不足な点がございましたら、可能な範囲で対応いたしますのでご質問をご追加いただけますと幸いです。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.

拙回答をご閲覧いただきありがとうございました。

もし、回答の内容に不足な点がございましたら、可能な範囲で対応いたしますのでご質問をご追加いただけますと幸いです。

質問者: 返答済み 5 年 前.

では、免疫力低下による病気を繰り返しているので、リウマトレックスかプレドニゾロンのど

 

ちらか一方のみの服用でもよいのでしょうか?

 

 

 

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
リウマチの重症度が不明ですので、確定的なことは申し上げられません。

前述したように、リウマチの治療は、患者様の免疫力を低下させる治療です。
腎盂炎や敗血症は、免疫力が低下したために起きた合併症ですから、副作用ではなく、治療効果そのものの結果であるとも言えます。

ただ、どちらも確かに生命に関わる合併症です。
リウマトレックスかプレドニゾロンのいずれか、もしくは両方を止めるべきか否かは、お薬を止めることによって生じるリウマチの悪化と、腎盂炎・敗血症のどちらが患者様にとってマイナスか、という比較に基づいて判断されます。

リウマトレックスかプレドニゾロンのいずれかを止めたいということであれば、それによってどの程度リウマチが悪化し、どの程度感染症のリスクが下がるか、という利害得失を慎重に検討しなければなりません。

これは医学的な判断のみならず、患者様ご本人やご家族のご意向、死生観も大きく反映されますから、薬剤を減らすことのプラスとマイナスについて主治医から説明を受け、相応が納得した形で調整が行われるべきでしょう。

まずは、リウマトレックスかプレドニゾロンのいずれかを止めることで何が起こるかを、主治医に尋ねてみられることです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

母は現在、車イスの生活で食事も自分では食べられませんが、今、処方されている薬であまり痛みは訴えていません。

 

7年位前に両膝人工関節手術をしました。

この頃は手首が少し変形してきています。

 

先に先生のお答えで、関節の破壊が進むとありました。破壊とは具体的にはどのようになるのでしょうか?

 

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
お久しぶりです。

関節リウマチとは関節の滑膜に対して自己の免疫が攻撃を加えるようになる自己免疫疾患です。

関節には骨と骨の接合であり、その間にクッションとして軟骨が介在します。
自己免疫で滑膜が破壊され、それによって摩擦係数が増すことで軟骨が磨り減り、遂には軟骨が消失して、関節部で剥き出しでぎざぎざの骨と骨がぶつかり合うようになる――想像を絶するこのプロセスが、関節リウマチにおける「関節の破壊」です。

主治医から説明は受けられているかと愚考いたしますが、蛇足まで。
質問者: 返答済み 5 年 前.

7年前に先生が、手術前の説明でそう言っていたのを思いだしました。

 

手などが、変形してしまうのも関節の破壊からくるのでしょうか?

母の手首の変形が始まったのは、ここ1ヶ月位の事と思います。

 

曲がりきってしまうと痛くない。という話を聞いた事があるのですが、本当でしょうか?

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
いや、痛いと思いますよ。

医療 についての関連する質問