JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14291
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

29才の娘ですが、2ヶ月程前から両目の充血がひどく右白目にうすいクリーム色の盛り上がりが出来、普段コンタクトレンズ使

解決済みの質問:

29才の娘ですが、2ヶ月程前から両目の充血がひどく右白目にうすいクリーム色の盛り上 がりが出来、普段コンタクトレンズ使用で、<今使用は中止しています。>近医受診したところ瞼裂斑と言われました。詳しく検査をしていただきましたが、将来緑内障になる可能性があるので、定期検査を受ける事と、ステロイド剤はあまり使わないほうが良いとの事で、目に優しい点眼薬のみで3ヶ月きましたが、(眼鏡使用)充血は毎日夕方から出始め黄色の盛り上がりも、変わりません。今後やはりコンタクトは使わないほうが良いのか、ステロイド剤は、使用しないほうがよいのか?仕事も忙しくなかなか受診するのも大変そうなので、ご相談させていただきました。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
おはようございます。猫山と申します。

ご記載を拝読するかぎり、典型的な瞼裂斑であるようです。

コンタクトレンズの機械的刺激を受け続けたことで強膜(白目の表面の膜です)が肥厚し、その肥厚した強膜内で血管が増殖することで充血が生じますし、肥厚し、盛り上がった部分が瞬きの都度瞼と擦れますので、これによっても充 血が生じます。

いったん肥厚した強膜は薬物療法で治ることはありませんので、悪化を防ぐためにはコンタクトレンズは使用されない方がいいでしょう。

治療には充血や肥厚の抑制のために、抗炎症剤とともにステロイドの点眼薬は標準的に用いられます。

審美的な面も問題となる疾患ですので、他院を受信され、治療方針についてセカンドオピニオンを受けられることをお勧めします。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問