JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

はじめまして。 離れて暮らす、25才の息子のことについてご相談します。 只今ステロイドを使ってアトピーを調整して

解決済みの質問:

はじめまして。
離れて暮らす、25才の息子のことについてご相談します。
只今ステロイドを 使ってアトピーを調整しています。
3年ほど前に左目にアトピー性白内障と言われ、外観は症状が分かりませんでしたが、今年の8月には、瞳の中央が白く盛り上がっていて驚きました。進行も速く感じます。大学病院に定期的に検診に行っていて、暑さがおさまる11月に手術をという話でしたが、まだ、しなくても大丈夫だからしないと言ってきました。手術が手遅れにならないかと心配しています。
 また、右目も近頃白内障を発症していると言ってきました。右目だけでも食い止める方法はないかと思案しています。只今、ネットで盛んに宣伝しているクララティスは、どう思われますか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
おはようございます。猫山と申します。

まず、アトピー性白内障については、アトピー性皮膚炎全体の治療の一部として行われるべきものです。
手術をすれば視界はクリアになりますが、ピントの調整がきかなくなりますから、手術はぎりぎりまで控えたい、というのが主治医側の意向でしょう。

ご質問のクララスティルですが、あまりお勧めできるものではありません。
ネット検索をされたのであれば、全く同じ文章が用いられたWebサイトがやけに多いことに気づかれたでしょう。
典型的なサプリメント商法です。

さかんに、「2010年9月に米国で特許を取得」「10年に渡る臨床試験」が強調されていますが、この特許というのは「物質特許」と呼ばれるものです。
これは医薬品であろうがなかろうが、新規の化学式をもつ化合物を合成し、申請すれば取得できる特許です。
臨床試験も、FDA(食品医薬品局)から医薬品としての認可が得られる水準のものではありません(FDAのホームページに載っていません)。
これらのWebサイトで盛んに喧伝されているような革新的な効果が本当にあるのであれば、どこの製薬会社も新薬不足にあえぐ昨今、その特許の争奪戦が起こって、大手の製薬会社が医薬品としての承認を得るための臨床試験(治験)を行い、医療用医薬品としての承認を取得しているはずです。

ご子息のために出来ることがあるなら何でもしてあげたいという親心は理解しますが、有効性も安全性も確認されておらず、しかも高価なこの謎の物質を、個人輸入で偽物を掴まされるリスクを冒して購入し、ご子息の目に垂らすという行為を、積極的にはお勧めできるものでもありません。
どうしてもというのであれば、これを使用することの同意を主治医からとり、何か副作用が起きた時に対応してもらえるような体制を整えてから試されるべきかと愚考いたします。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問