JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

現在50才のオヤジです。1年半前よりスポーツジムなどに通い月に75%の割合で 通っていますが体重が減りません。ほぼ

解決済みの質問:

現在50才のオヤジです。1年半前よりスポーツジムなどに通い月に75%の割合で
通っています が体重が減りません。ほぼジムマシーンですと1時間こなし
時には水泳で水歩行1kmに平泳ぎ300m位こなしています。
通い始め時は71kgでしたが最近74.5kgまでなってきました。
飲酒タバコはしませんしまた、夜8時半以降は口には物はいれませんが睡眠時間は無呼吸症候群でかなり毎日少ない時間しか寝ていません。昼間は怠いことも多いです。
睡眠と体重との関係はありますか?最近ナイシトール85を服用していましたが排便は多くなりましたが体重には変化は見られません。食事は毎朝7時半に食パン1枚(マーガリン塗布)と野菜サラダに果物を食べています。日中は、外食でボリュームのある肉類やアイスなど甘味類の和洋菓子
なども食べています。夜は、カロリー少なめな物を心がけ20時迄には食べています。
とにかく腹周りの脂肪を少なくするには何が御薦めですか?現在BMI 25.4 体脂肪率25.6%
身長171 体脂肪量18.8 筋肉量 50.3kgでした。 とにかく腹の肉をとりたい・・
何かアドバイスを・・・
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
おはようございます。猫山と申します。

運動されているにも関わらず、体重は増えているという状況ですね。ご記載を拝見するにいくつかの落とし穴に嵌まってしまっているのかもしれません。
私は内科との共同研究で「運動療法と食事療法を実践しているが体重も血糖値も低下しない」患者様の調査とカウンセリングを行っていた時期があるのですが、相談者様はそうした患者様の状況に近いように思われます。

各論に入る前に少し周辺情報を下さい。

1) 体重やBMIは把握されているようですが、基礎代謝量を測定されたことはおありでしょうか。

2) 1日の総摂取カロリーはどれくらいでしょう?

3) ジムでのトレーニングでは、どれだけのエネルギーを消費されていますか? トレーニングメニューは、インストラクターに目的を伝えてメニューを組んでもらっていますか?

4) 中性脂肪やコレステロール、血糖値といった、メタボ系の血液検査値の最新値を教えていただけますか?

運動と食事のタイミングや食事内容について助言を差し上げる前に、上記について確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

1) 体重やBMIは把握されているようですが、基礎代謝量を測定されたことはおありでしょうか。 基礎代謝は1352kcalです。
2) 1日の総摂取カロリーはどれくらいでしょう?
   大体ですが最近は日中お腹が減り2500~3000kcal
3) ジムでのトレーニングでは、どれだけのエネルギーを消費されていますか? トレーニングメニューは、インストラクターに目的を伝えてメニューを組んでもらっていますか?
  一日合計で600~800kcal
4) 中性脂肪やコレステロール、血糖値といった、メタボ系の血液検査値の最新値を教えていただけますか?

  中性脂肪TG=51 総コレステロール171 血糖値(空腹)105 HDL=67 LDL=95

  ヘモグロビンA1c5.5 です。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信ありがとうございます。

摂取カロリーが基礎代謝+運動による消費カロリーを上回っていますので、体重は増えますよね。運動量はこれ以上増やせそうもありませんので、食事を減らしてアンダーカロリーにしない限りは、食事のタイミングに気を付けたりナイシトールを服用しても体重は減りません。

ジムで600~800kcal消費したとして、どんなに効率的に脂肪を燃やせた場合でも利用率は50%程度なので(他の50%は炭水化物と蛋白質が消費されます)、脂肪減量量は50gに過ぎません。
運動量を増やすよりも、食事量を減らした方が効率的にエネルギーバランスの是正が出来ます。
池谷幸男さんの例を挙げられていましたが、一食で1000kcalを摂取した場合、それをずべて運動で消費するのは不可能です。

タイミングということで申し上げれば、現在2つの有力な説があります。
1つは、食前に運動した方が脂肪の燃焼効率が高いというもの。血糖値が低い状態なので体がエネルギーとして脂肪を使わざるを得ず、脂肪の燃焼効率が上がるとする説で、最近の流行ですが、アスリート向けの技法ですので一般の方にはお勧めできません。
オーソドックスには食後2時間がベストタイミングでしょう。胃から食事内容は無くなっており、血糖値がもっとも上昇している時間帯です。ここで運動をすれば、摂ったカロリーが細胞に取り込まれる前に消費することができますし、消化に必要な血流の筋肉によるスティールを心配する必要もありません。

食事は規則的にするに越したことはありませんが、お仕事などの関係で難しいこともあるでしょうから、出来る範囲で、ということで構わないでしょう。
総摂取カロリーが同じなら、小分けにして食べた方が太りにくいし、空腹感も覚えにくく結果として摂取カロリー減少に繋がるので、これを推奨する人もいます。

ただ、まずは摂取カロリーを2000kcal以下に抑えられることが必要でしょうね。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問