JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

腰椎変形すべり症で、手術で固定器具をいれたのですが、そのため床に直接座ることも寝ることもできず、なおかつ、長時間歩く

解決済みの質問:

腰椎変形すべり症で、手術で固定器具をいれたのですが、そのため床に直接座ることも寝ることもできず、なおかつ、長時間歩くと腰も痛く足にしびれがでてしまい、通常の生活が困難となっています。
病院 では痛み止めを出すだけで、我慢しなさいと言われています。
できれば、固定器具を外したく医師に相談したのですが、手術をした医師が移動してしまい、いま診ていただいてる先生は手術をした医師でないと無理だと言われました。
固定器具をとることはできないのでしょうか?
他の医師に診ていただくにはどうすればよいのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.

おはようございます。猫山と申します。神経内科医です。

 

何番の腰椎と何番の腰椎がずれていたのか、術前にどのような症状があったのか、どういった術式が用いられたのかが不明ですので回答の正確性も限定的にならざるをえないことをご了承ください。

 

ただ、「時間歩くと腰も痛く足にしびれがでてしまい、通常の生活が困難となって」いるという症状が術後から出始めたのであれば、それは脊柱管狭窄症の症状であって、脊髄から伸びる神経根の圧迫が起きるような状態が手術によって生じてしまったということになります。

 

プレートを用いた固定術の適応になるくらいですから、プレートを外してしまうのは難しいでしょうが、入れ替えの手術は必要であるように思われます。

 

今の病院の他の医師ではなく、他の病院を受診されることをお勧めいたします。

紹介状を作成し、検査所見一式をもって、他の整形外科でセカンドオピニオンを求めて、必要ならば転院・手術を受けられるような方法をとられることを考慮すべきでしょう。

 

以上、ご参考になれば幸いです。

 

 

猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問