JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14384
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

35歳の娘が月経以外の出血が続くので受診した結果、今月子宮体癌と診断されMRIの結果次第では子宮の全摘出の可能性が高

解決済みの質問:

35歳の娘が月経以外の出血が続くので受診した結果、今月子宮体癌と診断されMRIの結果次第では子宮の全摘出の可能性が高くなっています。結果は11月24日です。
娘は検診で最近5年程東広島の記念病院で子宮の検査を受けていましたが、何年か前、内膜が厚くなっているが、医者からハチにさされたようなものと言われ再検査等の指示がなくそのままにしていたと言っています。
何の為の検診かと思い、責任は答えないものか、訴訟は出来ないものか相談致します。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 6 年 前.
こんにちは。猫山と申します。

ご記載の情報からだけでは、健診を行った医師の責任を問えるかどうかは、判断が難しい部分があります。

いくつかの追加情報が必要になります。
最低でも以下の2つの情報が必要です。

①お嬢様の子宮体癌のタイプ:進行が速いタイプの癌なのか、遅いタイプの癌なのか。これはがん細胞の分化度できまります。

②数年前に「内膜が厚くなっている」と判断された時の臨床症状。特に不正性器出血があったか。

数年前に内膜の肥厚があり、不性器出血があったのであれば、その時に組織診断などの精密検査を勧める注意義務が医師側にあったという主張は成り立つと思います。
しかし臨床症状がなかったのであれば、医師の責任を問うのは難しいでしょう。

逆に、お嬢様の子宮体癌が、分化度が低く、進行が早いものである場合は、仮に数年前(この数年前が何年前なのかも大事なポイントです)に不正性器出血があったとしても、医師が精密検査を行わなかったことと、現在の癌の発生の因果関係を問うことは難しいでしょう。
進行が早いということは発症が最近だということなので、数年前の内膜肥厚が現在の癌と関係があるとは見做しがたいからです。
これに関しては類似の判例がございます。
【平成16年裁判例】子宮内膜の細胞診や組織診を実施したとしても患者の子宮体癌を発見し得たかについては発見し得たことを認められないとした事案

従いまして、訴訟を考えられておられるのであれば、こうした情報を整理したうえで、弁護士に相談された方が効率的であると考えます。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問