JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, ER救急医 准教授
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4173
経験:  医師
61793059
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

IPF 8 3 5

解決済みの質問:

IPFを患って8年になります。現在、自宅にて酸素療養中です。安静時3リットル、運動時5リットルですが少し歩くだけでSPO2が96から75くらいまで下がります。台湾に住んでいますのでこちらの医者からは歩行運動とバーベル運動をすすめられていますがこんな状態でもリハビリは必要でしょうか。また、多少の効果はあるでしょうか。 静止時は息切れはありません。恐れ入りますがアドバイスを頂ければ誠にありがたく存じます。今年2月バンコク出張時にSPO2の急激な低下により緊急入院、緑膿菌肺炎の併発、その後14日間の入院後退院、同日、またも呼吸困難にて別の病院に入院、アセネバクターの院内感染と診断され同じく15日間入院、3月帰台後、診察を受けなお、自宅での療養が必要と言われ2か月自宅療養をしました。その後、レントゲン検査で肺炎は終息したといわれました。その後も黄色い痰が続き、今も量、回数とも非常に多いです。特に黄色い痰は約2年続いています。咳もかなり激しいです。こちらの医者の話では単なる汚物だといわれています。やはり何か感染症を疑うべきでしょうか。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  docmmart 返答済み 6 年 前.
はじめまして。

私でよろしかったらお力になりたいと思います。

大 変ですね。
長い間IPFと戦っておられ、頑張っておられるんですね。
お気持ちを心からお察しいたします。

投稿を何度もじっくり読ませていただきました。

二つのご質問が含まれていますのでまずは、リハビリの件にお答えします。

少し歩いただけでSPO2がかなり落ちる現在の状態でのリハビリは感心しません。
今までにもSPO2が下がって緊急入院になったこともあるとか。
ただし、なにもしないで寝ていて下さいと言っているのとは違いますから、時折できる範囲で,つまりSPO2が80台ですむようなごく軽い運動をしていただきたいです。
酸素5Lで70台はきついですね。

さて、次のご質問の最近の増えている黄色の痰の件に移ります。
咳も増えておられるようで、それはかなりお苦しいでしょう。
私なら、喀痰の培養をした上で抗生物質で叩くと思います。

あとALBUTEROLや、ATROVENTなどは吸入されていますか。
両方はいったCOMBIVENTなんか役に立つのではないでしょうか。
痰もうまく切ってくれますしね。

あと、一番大切なこと。
それは栄養ですよ。
栄養がちゃんととれていなければ基本的なところお話しにならないと思います。
もし、お食事のバランスがとれていないようなら、その辺りをぜひ改善していただきたいです。
栄養補助食品を使ってでも栄養の状態から見直して下さいね。
これは意外と盲点になる点なので一応書かせていただきました。

台湾なんですね。
訪問したことがあります。

私は在米です。どうぞよろしく願いいたします。
docmmartをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問