JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, ER救急医 准教授
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4173
経験:  医師
61793059
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

10

解決済みの質問:

最初のご回答を読んでいなくて、失礼いたしました。実は紫斑は10近く前から度々でており、心配で色々病院(3件)へ行きましたが、どこもちゃんとした診断も治療もされなくて痛いのを我慢して毎日過ごしてきました。ところが今年の春頃から、足や下腹部、臀部だけじゃなく、腕にも紫斑がでるようになり、さらには関節痛も酷くなったので、総合病院の皮膚科で見ていただきました。医者から生検をしなければ詳しいことはわからないと言われたので、生検をした結果、henoch-Schonlein紫斑病と初めて診断がつきました。医者からは、講談社から出ている医学書を見せられて、治療はステロイドの服用ですが副作用はこれだけありますとA4の紙にびっしり副作用が書かれた紙を見せられ、どうしますか。治療しますか。と聞かれました。ただ見せられた医学書と紙を見てどうしますか。と聞かれてもわけが分からず、色々治療計画など質問したくても他の患者さんが待っていてもう時間がないから、あとは考えてきてください。と言われ帰されました。ちょっと乱暴な診察に信頼どころか不安を感じネットで色々調べているうちにジャストアンサーを偶然見つけ、信頼できる専門医を教えてもらおうと思いました。
さて、さきほどhenoch-Schonlein紫斑病と診断されたと言いましたが、昨日再び病院へ行って、私がネットで調べた札幌病理研究所の「皮膚病理倶楽部」の「白血球核破砕性(アレルギー性)血管炎」のコピーを見せて話をしたところ、実は私は、C型慢性肝炎とリウマチなのですが、(肝炎もリウマチも今のところ症状は出ておらず治療はしていなくて、経過観察の状態です。)その他に、病理診断にIgMの沈着がみられるとかで、医者は皮膚アレルギー性血管炎かもと言い出し、それでまた講談社の医学書を見せられて、これ には両方とも同じくくりで書かれているからどっちでもいいようなことを言われました。現在の私の病状は繰り返し起こる紫斑と朝から1日中痛い関節炎と、時々起きる激しい痛みの腹痛です。特に疲れた時は3つ同時におきて微熱(37.7度)もでます。紫斑がでてからもう10年近くになり、病状も酷くなるので治療をし治したいと思います。そこで、医者に治療方法を聞きましたら、最初はステロイドを6錠飲みなさい。と言われました。理由は講談社の医学書に書いてあるからと言うことでした。がその答えに違和感を感じました。ところが、血液検査や尿検査を終えて戻ると、今度は4錠にします。と言われました。理由は、外来で6錠出すのは多すぎるからとのことでした。4錠と言われてから、私が副作用はいつ頃から出始めますか。と質問すると、副作用が心配なら、2錠にします。と言われました。これなら、お年寄りでも副作用は出ないですからと。1日で薬の量がころころ変わりました。さらに飲む期間を聞きましたら、治るまでと言われただけでした。以前に副作用についてネット調べたら、ステロイド剤の副作用は投与量と投与期間に密接な関係があるので、適当量から症状の改善に伴い減量する。症状の改善は投与量と投与期間が重要とのことでした。私は医者から今までの私の病状と今の病状を考慮し適切な量と飲用期間の説明をうけるものだと思っていました。医者からきちんとした治療計画なるものを教示してもらい納得して治療を始めれば、多少の副作用も仕方ないと思っていました。でも医者は私の病状をみて薬の量を決めているわけではないようです。服用期間を尋ねてもただ「治るまで」とは...。今回見ていただいた医者は、所見では診断が全くつかず、生検をすぐに進めました。
生検の結果がわかると、講談社の医学書(これは医者自身がそう言います。)をみて病気はこれですと読んだだけで、次に治療を聞いても、6錠と書いてありますから、6錠飲んでくださいと...。結果的には2錠まで減りましたが、医者自身の診断、所見がまるでないことに非常に不安を感じてます。このままこの医者にみてもらってて良いのでしょうか。11月からプレドニゾロンを飲むことになってます。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
大変お困りのようですね。

ただあなたの場合はリウマチの既往もあり、お話が少し複雑です。
関節炎が血管炎から来ているのと同時にリウマチも関連している可能性があるからです。
しかし、ふつうステロイドの使い方としてはHenoch-SchonLein紫斑病という診断が正しいなら 紫斑が出て腹 痛がする時などの症状も加えて出ている時に使われます。

そういう時は入院されて症状が落ち着くまでステロイドを静注するべきです。

11月からステロイドを開始するということですが、その時点で症状が出ていなかっても始めるのでしょうか。なんか私にはよくわかりませんね。

確かにステロイドには副作用がありますが、正しい使い方を守って医師の元で服用すれば大丈夫です。

リウマチの方は今のところ大丈夫、ということですがその辺りを含めて私は大きな総合病院にかかった方がいいような気がしますね。
東大病院なんかいいと思いますよ。
docmmartをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問