JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14356
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

22

質問者の質問

現在 22歳、男性の秀樹ともうします。
今、左の三叉神経の三本ともが痛み、かつリンパも顎があけられないほど腫れ、今は頭痛も伴い、肩や胸のリンパも腫れている状態です。
しかし、よく言われている三叉神経の針を突き刺されたような痛みではなく、もう少し鈍い痛みです。
また、現在、親知らずが炎症を起こしているのと、扁桃腺とその周辺に炎症を起こしてしているので、そちらからの可能性も模索中で、今月24日には抜歯する予定ですが、何かパッとしない感じです。
始めは体状放心かとも思われ、色々と薬も出されましたが検査の検査結果、以前にかかっていた可能性はあるが現在は反応はないと言われました。

一体どうなっているのか不安でたまりません。
何か良い御教授を頂ければ幸いです。
よろしくお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
おはようございます。猫山と申します。神経内科医です。

ご記載の症状からは、続発性三叉神経痛(症候性三叉神経痛)の可能性を考えます。
続発性三叉神経痛は、虫歯、副鼻腔炎など顔面の炎症や、腫瘍や血管による三叉神経の圧迫によって生じ、痛みが深在性で鈍痛であるのが特徴です。
標準的神経治療:三叉神経痛
(112ページ参照)

特徴的な皮膚症状が無かったのであれば、そもそも帯状疱疹の可能性は低かったであろうと思われます。帯状疱疹を血液検査で確定診断するためには、皮膚症状がある時と無い時の2回のデータを比較する必要があるからです。

相談者様の場合、まずは現存する炎症巣の治療を優先されるべきでしょう。
親知らずと扁桃腺の炎症は治療は早急に行うべきですが、広い範囲でリンパ節腫脹が認められているようですので、他の感染巣や腫瘍の検索が必要と考えます。

対症的には、三叉神経痛に対しては通常の三叉神経痛(特発性三叉神経痛)と同様の治療がなされるべきでしょう。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.
広い範囲での病巣を見付けるための検査とは、具体的にどういった場所を診て頂くべきものなのでしょうか。
顔面が痛み始めた1月半程前に、脳神経内科の開業医の先生に診察していただき、CTも撮っていただきましたが、異常はないと言われました。

よろしくお願いいたします。
 
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
CTはどの範囲を撮影されたのでしょうか?

炎症所見を確認するための血液検査(CRP)は行われましたか?
質問者: 返答済み 5 年 前.

CTは頭の天辺から脳の最下部までです。

また、MRIも1センチ刻みですが顔の横から(整形外科)で写したものもありますが

三叉神経はよく写っていません。

 

血液検査は何度もしましたが、最初の頃の検査ではウイルス反応も炎症反応も出ませんでした。

但し、現在は喉に炎症を起こしているため、炎症反応は出ています。

現在、掛かり付けの病院の先生は、数ヶ月前か、数年前に体状ほうしんにかかったことのある所見はでているが、今は出ていない、と言われおっしゃられました。

おそらく何かのウイルスか炎症の後に三叉神経に係わるところに病変が残り、それが後を

引いているのだろうと考えておられるようです。

 

耳鼻咽喉科の先生は、現在、扁桃腺と、その周辺に出来ている炎症が病巣なっている可能性も考えれるともおっしゃられていました。

 

今の自分の考えでは、先ず親知らずの治療を済まし、それから扁桃腺と喉の手術を受けようかと考えているのですが、どうでしょうか、、、

 

またもし、それで治らないようであれば、紹介状を書いてもらい大学病院で診てもらいたいと考えています。

 

白血球の通常範囲でした。

 

以上、よろしくお願いいたします。

 

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信ありがとうございます。

まずは明らかな感染が起こっている親知らず⇒扁桃腺という治療順位はリーズナブルだと私も思います。

CTやMRIが今一つ痒いところに手が届いていない感はありますが、脳腫瘍の類がないことは確認されているので一定の役割は果たしているといえるでしょう。

これで駄目なら大学病院、というのもまた正しい選択だと思います。

ご快癒を祈念しております。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問