JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14381
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

80代の父のことでお伺いいたします。

解決済みの質問:

80代の父のことでお伺いいたします。 数週間前から、鼻炎、鼻柱の皮膚の腫れ、微熱、の上頭に針を千本刺されたような痛みを訴え、耳鼻科で抗生物質を処方されて服用していますがよくならず、一つの病気の症状なのか、複数の病気が一度に表れたのかわからず、何の専門医に連れて行ったらいいのかわかりません。ちなみに若いころから鼻炎もちで、植物アレルギーがあります。 どのように対処すればいいのかアドバイスをいただけたら幸いです。

投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 6 年 前.
こんばんは。猫山と申します。

「上頭」というのが前頭部のことならば、副鼻腔炎(いわゆる蓄膿症)を起こしている可能性が高いと考えます。
症状としては「顔面の圧迫感と顔面痛,鼻うっ血と鼻閉,嗅覚減退,口臭,喀痰を伴う咳(特に夜間)である。罹患した副鼻腔を覆う皮膚には圧痛,腫脹,および紅斑が認められる」ですので、当てはまる点が多いと思いますが。

鼻柱の皮膚が腫れていることから、篩骨洞か前頭洞の炎症を疑います。
副鼻腔の解剖(←画像にリンクを張ってあります。クリックしてご確認ください)

耳鼻科、それも小手術に対応できるような大き目の病院を受診することをお勧めします。
質問者: 返答済み 6 年 前.
ご回答ありがとうございます。句読点の位置をまちがえまして、「微熱の上、頭に針を千本…」だったのですがたいした違いはありませんね。頭痛についてですが、「頭をさわっても、風が吹いても頭の骨ががいたい」ということで後頭神経痛かと思いましたが、この場合その疑いはありませんか。
専門家:  猫山司 返答済み 6 年 前.
おはようございました。
ご返信ありがとうございます。

頭痛に関しては、痛みが生じる範囲が耳の後ろや後頭部なのであれば後頭神経痛の可能性はあると思われます。ちなみに額、目、頬、顎が痛くなるなら三叉神経痛の可能性が大です。

「頭をさわっても、風が吹いても頭の骨ががいたい」とのことですが、副鼻腔炎でも激しい頭痛が起こるので、その可能性は棄却しない方がいいと思います。

副鼻腔炎なのかどうか、副鼻腔炎があった場合に頭痛もその一症状として扱って良いものかどうかの鑑別のためにはCTやMRIが有用ですし、頭痛が耳鼻科的な問題とは別個に起こるものだとすれば脳外科受診が必要ですので、やはり大きな病院、総合病院を受診されるのがよろしいかと存じます。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問