JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

前略、数年前より両臀部に膿みのしこりのようなものができ、膿みが溜まって(非常に痛いで す)は排出を繰り返しておりま

解決済みの質問:

前略、数年前より両臀部に膿みのしこりのようなものができ、膿みが溜まって(非常に痛いで
す)は排出を繰り返しております。治療の方法はあるのでしょうか?他人には言えず、肛門科に
1回受診したところ、“これは治らないよ”の一言でした・・・。いっそのことガンの方がまし
だと(ガンの方には申し訳ないのですが・・・)と投げやりな気持ちになってしまっています。
どうぞ、良い方法を教えて下さい。宜しくお願い申し上げます。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 6 年 前.
こんばんは。猫山と申します。

皮膚科系の病気は視認しないと診断・判断が付きづらいのですが、

毛包性ブドウ球菌性膿皮症

癤腫症

どちらかに似ていますかね(写真にリンクしてありますのでクリックしてご確認ください)?
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験: 医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  docmmart 返答済み 6 年 前.
はじめまして。

非常にお困りのようで、解決策をということですのですでに猫山先生がお答えになって いて横からで申し訳ないのですが提案を2、3させていただきます。
私は救急医でこのような臀部の膿瘍の切開治療をよく行っています。

さて、数年この膿が溜まっては出ての状態が繰り返し起こっているんですね。

まず場所なのですが、肛門に近い臀部のなのでしょうか。
もしそうなら、繰り返して膿がたまる理由としては慢性化したために直腸との道がついてしまっている可能性がありますね。
それは、CTを取ればすぐにわかりますので、今度膿が溜まったらCTをとってもらって下さい。
それによっては肛門科の先生が手術をして膿をすべて出してついてしまった道を取り除かなければなりませんからね。

もし、肛門からかなり離れた部分ならば急性期に切開してもらえばほんとうに楽になります。
切開してもらった時点で痛みはずっと楽になります。
そして抗生物質を処方してもらい一定期間服用されて下さいね。

近年、その膿瘍を繰り返し起こす菌としてMRSAという厄介なバクテリアが問題になっています。
切開した際に出た膿を培養すればそれはすぐにわかります。
膿がそんなに長く出たり治ったりしておられるので、その可能性は高いですね。
でも、まだMRSAに効くお薬はありますから主治医の支持に従って下さい。

これは治らないよ、という発言にはがっくりですね。
あきらめずにセカンドオピニオンを求めることです。

いかがでしょうか。
質問者: 返答済み 6 年 前.

猫山先生

ご回答有難うございました。私の住んでいる所は、静岡県富士市です。

仕事の立場上(別に高給取りではないんですが)長い休暇がとれません。

手術の場合どれくらいの治療期間を有するのでしょうか?

また、友人と温泉等のレジャーに行けるようになりますか?

ちなみに、肛門からは遠い部位です。

たびたび申し訳けありませんが、教えて下さい。

 

質問者: 返答済み 6 年 前.

猫山先生

ご回答有難うございました。私の住んでいる所は、静岡県富士市です。

仕事の立場上(別に高給取りではないんですが)長い休暇がとれません。

手術の場合どれくらいの治療期間を有するのでしょうか?

また、友人と温泉等のレジャーに行けるようになりますか?

ちなみに、肛門からは遠い部位です。

たびたび申し訳けありませんが、教えて下さい。

 

専門家:  猫山司 返答済み 6 年 前.
こんばんは。
こちらこそ拙回答のご承諾ありがとうございました。

肛門から遠い部位であるというのは朗報です。痔ろう合併の心配が無いので。

相談者様が患われているのは臀部膿瘍という治る病気です(適切な治療をすれば)。

治療機関は膿瘍の深さ如何ですが、あまり深くなければ切って縫ってで1~2週間というところでしょうか。入院期間はもっと短くて済むと思いますが、病院の方針があるので幅をもって考えていた方がよいでしょう。

膿瘍は多発性でしょうか?

医療 についての関連する質問