JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

主人が遺伝性による低カリウム周期性四肢麻痺です。 27歳なのですが、中学のときから発症していたそうです。 手足の

解決済みの質問:

主人が遺伝性による低カリウム周期性四肢麻痺です。
27歳なのですが、中学のときから発症していたそうです。
手足の脱力だけではなく、不整脈や心臓も苦しかったりしたそうです。

20歳以降症状があまりなくなってきてたそうですが、結婚して半年、いきなりひどいときの症状が出て入院をしました。

かなりひさしぶりだったそうですが、このまま悪くなるのでしょうか。

30歳以降はだんだん症状は なくなってくると聞いたのですが、また発症してこのまま・・・なんてこともあるかとおもうと。


血液検査、心電図、尿検査など、数時間置きにカリウムを点滴してもらいながら徐々にまた楽にはなってきていたし、筋肉の炎症検査などは以上なかったのですが、カリウムの異常な低下のみがおかしかったそうです。

典型的な低カリウムによる四肢麻痺でした。

今回微熱と頭痛、くしゃみと口にヘルペスができ、そんななか発症しました。

それも原因だとおもいます。

炭水化物の多い食材をたべないなどもあるとおもいますが、血液検査ではカリウム以外は異常ないと言われましたが、このままひどくなるのでしょうか。

よろしくおねがいいたします。


7、8年ぶりだったようで本人もかなりショックをうけていました。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。神経内科医です。

よくも悪くも典型的な周期性四肢麻痺のようですので、進行して筋肉が戻らなくなるような事態にはならないと思います。

予防としては、発作を誘発する因子を避けるしかないんですよね。
既にご存知のことばかりでしょうが、
激しい運動を避ける
寒冷ストレスをを避ける
できるだけ空 腹を避ける(休日も早く起きて朝食をしっかりとるようにする)

くらいでしょうか。

ご本人もショックを受けられているとのことですが、いつ起こるともわからない発作のために日常生活上の制限が課される、非常にストレスフルな疾患です。
そしてそのストレスが発作に繋がることもありますから、もしもご本人の落ち込みが激しいようなら、心療内科の受診も間接的にはお役にたつかもしれません。

以上、少しでもご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.
どうもありがとうございます。

精神的にはそこまでではなく、今回だけひどくてショックをうけていて、いまはこれからも予防に前向きです。

予防方法もありがとうございました。

脱力があるときは、決まって夜中に目を覚まします。

その際、寝汗がひどいんです。

色々しらべたら汗をかきすぎるのもよくないとありました。

しかし寒いといって厚着をし、ふとんもかぶるので、結局寝汗をまたかいてしまいます。

またカリウムが多くはいってる食材も教えていただけますでしょうか。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信ありがとうございます。

先ほどの予防法の中に高カリウム低炭水化物食、を入れ忘れましたが、言われるまでもなくご存知ですよね。

汗をかくと電解質が損なわれますからね。一般的に朝に発作が多いのはそれが原因かもしれません

カリウムを多く含む食べ物といえば生野菜が筆頭でしょう。
カリウム製剤を処方してもらうのも手っ取り早いのですが、胃腸に負担がかかりますし(粘膜刺激性があるのです)、いかにも病気感が出てしまうので、食事から摂れるのがベストです。

回答としては安易ですが、以下のようなサイトがありましたのでご参考まで。
カリウムの多い食品とカリウムの含有量一覧表
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.
また質問しても大丈夫でしょうか。

入院をして、1日で回復はしたのですが、病院側が様子みて3日は入院と言われ、入院をしてました。


10年ぐらい前と、幼少期にも、このように入院したときに、甲状腺の検査もしてもらったようなのですが、甲状腺は異常なかったそうです。


今になって、甲状腺が原因、などとゆうこともあるのでしょうか。


寝汗が異常にでるひとなので甲状腺も気になりました。

ただ、やはり幼いときから寝汗はひどかったようです。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
お久しぶりです。
ご質問は何度でもどうぞ。

甲状腺機能は、低カリウム血症、特に周期性四肢麻痺ではルーチンで調べる検査なので、病院側に特別の意図があったわけではないでしょう。

20歳までの周期性四肢麻痺は治っていて、それ以降今度は新たに甲状腺機能機能亢進症を発症してそのせいでまた新たに周期性四肢麻痺が出現した……という可能性はきわめて低いでしょう。

実際、検査して異常はなかったわけですから、寝汗は体質的なものと考えるべきでしょうね。
質問者: 返答済み 5 年 前.
ありがとうございます。

この前の入院では、甲状腺の検査、とゆうのはしなかったそうなので、少し 不安になり、難しい病気なので、さらに大きな病院にもいくと良いとすすめられたので、本人も昔からの寝汗体質なのがやっぱり甲状腺かもしれない、とか、低カリウムになると喉の筋も痛くなることがあるのを気にしていたので再度質問させていただきました。

電解質検査でやはり主人の昔からの症状のカリウムだけが異常に低下してしまうとゆう結果だけだったので、やはり寝汗は体質のようですね。

主人の会社での健康診断での血液検査でも甲状腺とゆうか、異常はみられない結果だったようなので、やはりむかしからの持病と考えて、上手にむきあっていけたらと思います。

前回教えていただいたサイトもとても参考になりました。

ありがとうございました。


専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
少しでもお役に立てたのであれば幸いです。

また何か心配事があればお気軽にご質問ください。
質問者: 返答済み 5 年 前.
お久しぶりです。

退院後、白米を少なめにし、夕飯後もすぐに休まず散歩を30分程度し、寝る前にお風呂にはいるようにしてから今までよりも調子が良いそうです。

今まではさきにお風呂に入り夕飯後すぐに横になっていました。
夕飯後に調子が少しわるくなることもあったので、炭水化 物が糖にかわりやすかったのかなとおもいましたが、なにか関係があるのでしょうか?


そこで、主人が気にしていたのですが、もう本人は四肢麻痺とは10年以上のつきあいなので、よく知っていたのですが、甘草がカリウムを減らしてしまう成分があることはもう承知しているのですが、ステビアもカリウムを減らしてしまう成分があるのではないかと言っていました。

あと、よく風邪のときに飲むくず湯。

本くず粉を買って溶かして飲んだりするのもカリウムを減らしてしまうのでしょうか。

ステビアとくず粉が大丈夫か気になります。


主人もとても先生に質問を気軽にできることに感謝しております。

ありがとうございます。

よろしくお願いいたします。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
お待たせしました。

> 夕飯後に調子が少しわるくなることもあったので、炭水化 物が糖にかわりやすかったのかなとおもいましたが、なにか関係があるのでしょうか?
あると思います。
炭水化物は糖(ブドウ糖)に分解され、十二指腸から吸収されて血中に溶け出します。これによる血糖値の上昇を脳のセンサーが捉え、膵臓にインスリンを放出するよう命令を出します。
インスリンが分泌されると全身の細胞がブドウ糖を取り込むのですが、この時いっしょに血中のカリウムも細胞内に移動してしまうのです。
つまり、インスリンレベルが大きく上昇するような状況では血清カリウム値も低下するわけです。
普通の人なら問題の無い変動ですが、ご主人のような体質の方であれば倦怠感や脱力のような症状が出る可能性はあります。
これを防ぐコツとしては、ちょっと前に流行った「低インスリンダイエット」で勧められていたような食べ方が参考になるでしょう。
シンプルな改善策は、主食を、ブドウ糖に早く変わってしまう白米ではなく、グライセミック指数が低い玄米にする方法が考えられます。ただこれは調理上の手間がかかるので、市販されている、白米に混ぜて炊き込むことで「六穀米」とか「十五穀米」に出来る雑穀のパックを使うことでも代用できます。
野菜に含まれる食物繊維はブドウ糖の吸収を遅れさせる作用があるので、まず食事の最初にサラダを食べ、それから主食とその他のおかずにとりかかるのも有効でしょう。サラダでカリウムが補給できもするので一石二鳥です。

くず湯とステビアに関しては少々お待ちください。
成分を調べてから回答いたします。
質問者: 返答済み 5 年 前.
ありがとうございます!

参考にします!

葛湯とステビアの件おまちしています。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
お待たせしました。

葛湯とは何かを存じなかったものですから。
「葛粉は、マメ科のつる性多年草、秋の七草の一つクズの根から得られるデンプンを精製して作られる食用の粉で、デンプン類の中では、最高級とされている」とのことで、さらに「葛湯とは、葛粉から作ったとろみのある飲み物である。通常、葛粉を水で溶いて砂糖を加え、鍋等で緩やかに加熱しながら透明になるまで練って作る」ということですから、カリウムは低下させる方向に働くことがあります。

葛自体が澱粉ですから、分解されるとブドウ糖になります。これを緩やかに加熱して作った葛湯は消化が良い=グライセミック指数が高くなっている可能性大ですので、前述のインスリン上昇の理屈でカリウムを低下させるでしょう。砂糖が入っていれば尚更です。

ステビアは問題なさそうです。インスリン上昇を起こさないので、糖尿病の患者様にも勧められているくらいですので。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.
本当にありがとうございました。

四肢麻痺の症状はまったくないのですが、鼻喉風邪を少しひいていて、葛湯が好きらしく昨日飲んでたのですが、そおいえば風邪をひくと 葛湯をよく飲んでやんだけど、甘草を種類が似てるらしいから本当はよくないのではないかと言っていました。
昔から風邪を引いて脱力がおこったのも葛湯のせいなのかもと言ってて、でもネットで調べてもよくわからなかったので助かりました。

ステビアは大丈夫なのですね。
いままでステビアはカリウムを低下させるものだと思っていたようなので安心しました。

本当にありがとうございます。

またなにかあったらご相談させてください。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
いつでもどうぞ。
ではまた。

医療 についての関連する質問