JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

今日初めてこちらのサイトにお邪魔させて頂きました。主人の事で専門の方にアドバイスを頂きたく検索していたところ、こちら

解決済みの質問:

今日初めてこちらのサイトにお邪魔させて頂きました。主人の事で専門の方にアドバイスを頂きたく検索していたとこ ろ、こちらのサイトに繋がりました。ご回答よろしくお願いいたします。

主人は現在44歳です。先日夜中から朝方にかけて手首のあたりに激痛が走り、眠れないほど痛かったそうです。取りあえず市販の鎮痛剤を飲み落ち着きましたが、その後病院で血液検査をしたところ、尿酸が7.9ありましたので本日「痛風」と診断されました。実は9年前の人間ドックで尿酸値が9.5あり(結婚をする前)、ここ数年で数値が上下し、先日の検査で7.9という事でした。ただ主人は尿酸値が高いだけではなく、γーGTPは172、GPT95、HbA1cが6.6と色々な数値が高いのです(2011.10.17の検査で)。そのためお昼は必ずお弁当を作り持参してもらっています。毎日お肉とお魚を少しと、野菜を多めになるよう5~6種類のおかずを入れ、バランスを考えて作っているつもりです。毎日仕事が忙しいため週に3回は夕飯分もお弁当を持っていきます。ただおかずはお昼と同じものです。油はオリーブオイルにしなるべく少なめ、揚げ物は外食の時だけにしています。飲酒は月に1~2回程度で基本的にはアルコールは弱い体質です。運動は全くしません。
本日「痛風」と診断され、これからさらに食事に気をつけていかなくてはと思ってはいるのですが、痛風だけでなく脂肪肝や糖も高いため、何をどのように気をつければよいのか悩んでしまいます。どうか生活面や食材などでこれは良い、これは悪いなど、参考になる事があれば是非是非教えて頂きたいのでよろしくお願いいたします。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 6 年 前.
こんばんは。猫山と申します。

精神科医なのですが、摂食障害(拒食症、過食症)の患者さんを診るグループにいたのでこの手の話題には詳しいつもりでおります。

ご主人のお食事には、相談者様は非常に細かく心を砕かれているようです。
しかしながら一方で、いわゆるメタボリックシンドローム関連の検査値は高止まりしているということですよね?

高血糖や高脂血症が怖いのは、その多くが、今すぐどうこうではなく、将来的に心臓・脳血管系の疾患の罹患率を上昇させるからです。
痛風だけは例外で、尿酸値が上がるとすぐに症状が出るので、今回の発作をポジティブにとらえて、他の検査値も改善していく好機とすべきでしょう。

まず、本当に食事が理想的にも関わらずメタボの検査値が高いのなら、ご主人が特殊な体質だという可能性を考えなければなりません。
しかし経験的に言って、その確率は0ではないのですが非常に低いでしょう。
「私は食事には細心の注意を配っている。ウォーキングも毎日一万歩しているし……。だけど血糖値が(血中コレステロール値が/中性脂肪が/尿酸値が)下がらないんですよ」と仰る患者様が2~4週間の教育入院をするとあっさり値が下がることがほとんどなのです。

ご主人の場合は、性悪説的に考えれば、奥様の愛妻弁当の他に、会社でお菓子などを食べている可能性だってあります。あくまで可能性として、ですが。精神科医などやっているとこのあたり性格が悪くなります。ご容赦ください。

また逆に、奥様が気を配って作っているお料理が、意外と高カロリーであるという可能性もあります。

簡単かつベストなのは、試行錯誤を繰り返すよりも(それをしているうちにまた痛風発作が起きるかもしれないので)、栄養指導をしてくれる医療機関で、管理栄養士の栄養相談をお夫婦で受けられることです。
奥様が作られる典型的なお弁当を持参され、内容や量をチェックしてもらうのもよいでしょう。
他にも色々なアドバイスが受けられますから、是非ご利用されてみるべきでしょう。地域によっては保健所や保健センターでそういった相談を受け付けているところもありますから、お問い合わせになってみられるといいですよ。

そこでも指導されると思いますが、ご主人、運動はされた方がいいでしょうね。40歳を過ぎると新陳代謝も落ちてくるので、それを刺激する意味でも効果的です。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問