JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中
医療

喉が渇く、足が非常に疲れやすい という症状だったので、病院で血液検査をしてもらったのですが、血糖値など正常で、

喉が渇く、足が非常に疲れやすい という症状だったので、病院で血液検査をしてもらったのですが、 血糖値など正常で、 悪いところはありませんでした。 足の筋力の低下が、だんだんひどくなっており、まず、ジョギングがゆっくりしか走れなくなり、... 詳細を表示
喉が渇く、足が非常に疲れやすい という症状だったので、病院で血液検査をしてもらったのですが、 血糖値など正常で、 悪いところはありませんでした。 足の筋力の低下が、だんだんひどくなっており、まず、ジョギングがゆっくりしか走れなくなり、 次に走れなくなったので歩くようにしましたが、歩いても15分ほどで非常に疲れて、ひざが 痛くなる状況で、 最近では、5分程度しか歩けない状況です。
この症状は、1ヶ月ぐらい前から、だんだんひどくなってきた感じです。 
8年ほど前に、胸椎を痛めて(おそらくヘルニア)、両腕が上がらない症状になり、半年ぐらいで回復はしましたが、その後、肩、腕は疲れやすい状況が継続してきたのですが、何らかの関連が懸念されます。 時々、手がしびれるような感じになることがあります。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療
詳細を非表示
内科 に関する質問をする
返答済み 5 年 前.
こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

日常生活にも影響が及びかねない症状が存在し、しかも進行しているようなのが懸念されます。

相談者様の年齢と性別を教えていただけますか?「おそらくヘルニア」とのことですが、当時、または最近、整形外科を受診して診断を受けたわけではないということでしょうか?

取り急ぎ確認させていただきたく存じます。

質問者の返答 返答済み 5 年 前.
猫山様

ご回答ありがとうございます。
情報不足しておりすいません。現在49歳、男性です。
当時(約8年前)、整形外科受診して診断を受けましたが、関節、骨には異常なし、 リハビリなどして様子を見る というような結果を受けています。
よろしくお願いします。
質問者の返答 返答済み 5 年 前.
もう少し、経過について、詳細にご説明します。
8年前に痛めた頚椎ですが、 それ以前から、腰痛を見てもらうため、
カイロプラクティクに通っておりましたが、 首の運動を教えてもらい、
うつぶせで、枕の上にあごをのせて、右、左に動かす運動をしていた
ところ、動かしすぎで、痛めました。 やったときはそれほど痛みは
なく、何か変な感じだったのですが、その夜、寝ているあいだに
激痛が生じるようになり、また、 腕を上げられなくなりました。
力がはいらない感じです。 だんだん痛みはやわらいで、3ヶ月
ぐらいで、運動(テニス)をできるようになりました。
腕はだんだん上げられるようになりましたが、肩の筋肉を全部
使えないような感じで、 洗濯を干すときや、手を上げる動作など、
10秒以上はとてもつらい状況が、ずーっと継続していました。
それでも日常生活にはそれほど支障がなく、 運動もできていました。
ただ、肩こり、上腕のこりは、継続していて、カイロプラクティクには
かよっていた状況です。
ジョギングを行う習慣があるのですが、3ヶ月ぐらいまえから、ふんばる
力がなくなってきて、ゆっくりしか走れなくなり、 3週間前ぐらいに、
ひざが痛むようになったので、走るのはやめて、歩くようにしていますが、
ここ1週間は歩くのもつらくなった状況です。
肩、足以外の状況としては、3,4年ほど前から、めまい、ふらつきが
あり、眠れない(早く目が覚める)状況があったので、心療内科を受信して、
薬(ドグマチール、リーゼ、デパス)を処方してもらい、服用していました。
当初は、1日3回1錠ずつ(デパスは就寝前のみ)していましたが、だんだん
量を減らして、最近では、2日に1回ぐらいにしているのですが、 飲まないと
少しふらふらする感じがするという状況です。
ストレスによるものなのか、神経によるものなのか判然とせず、これまで
経過していますが、 足がだめになると、生活全般に影響が出そうで、
困ったものだと心配しています。
仕事は、通信機器の開発で、1日中デスクワークで、PCを前に仕事を
しています。 
これまでは、通勤時、行きは30分徒歩、帰りは20分ジョギングを毎日、
休日は30分程度のジョギングと、たまにテニスというような運動を心がけ
てきましたが、現在、どちらもできず、今後、体力低下がとても懸念されます。

長々と、なってしまい申し訳ありませんが、 ご助言いただけると、
助かります。
以上、よろしくお願いいたします。


猫山司, メディカルアドバイザー 返答済み 5 年 前.

詳細な情報ありがとうございました。

 

神経内科的には、進行性の下肢の筋力低下を呈する疾患は数え切れないほどあるのですが、ご記載いただいた経過からもっとも疑わしいのは頸椎椎間板ヘルニアです。

 

もともと腰痛が有られたということですし、腰椎の椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症

を合併している可能性もあります。

 

カイロプラクティックは私もしばしば利用しますし、こうした代替医療の効果を全面的に否定するものではありませんが、まず現在すべきは整形外科を受診して脊髄のMRI検査を含めた検査を受けられることでしょう。

 

整形外科的な疾患が否定された場合は、紹介状を作成してもらい、神経内科(心療内科とは異なる科ですのでご注意ください)を受診されるのがよいでしょう。

 

以上、ご参考になれば幸いです。

質問者の返答 返答済み 5 年 前.
ご回答ありがとうございます。
最近の症状に関して、首や背中、腰の痛みはあまりないのですが、
そのような部位に痛みがなくても、
頸椎椎間板ヘルニアの症状が出るものでしょうか?
確かに、手足のしびれ、排尿、排便がつらい場合 というのが、ときどき
ありますので、そうなっているのかもしれません。
最近、足の筋力が急に低下したのですが、首、腰のあたりにつては、
良い状態とはいえないまでも、以前とあまり変化がない状況でした。
コメントいただけますと幸いです。

猫山司, メディカルアドバイザー 返答済み 5 年 前.
頸部の痛みが無くとも四肢の運動障害や感覚障害が認められることはありうると考えます。

医療 についての関連する質問