JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14343
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

20 6 3

解決済みの質問:

はじめまして、息子のことで悩んでいます。息子は、今20才です。親の転勤で、小6から中3までを離島で過ごしました。そのときまでは、学校に行きたくないとか、友だちがいないということはなかったのですが、家から近い公立高校を受験し、合格したので進学させたころから、学校での孤独感と先生方の厳しい指導を理由に不登校気味になり、そのうち震えなどの心的症状が出て、学校に行けなくなりました。しばらくは、部屋から出すのも大変でした。大学病院のカウンセリングに通ったり、心療内科に行ったりしましたが、いっこうによくならず、ついに通信高校へ転校しました。通信高校でも、昼間は、学校に行けず、夜遅い時間にレポートを出しに行く生活でした。学力は あるらしく、本人の希望もあり、大学を受験し、親元を離れて学生生活を送ることになりました。しかし、大学には行けても、人がいる教室に入れないらしく、結局2年次で取れた単位は0のままです。心配して、大学の中のカウンセラーにカウンセリングを受けさせていますが、なかなか約束を守れていない状態です。
大学をやめさせて、親元に帰した方がいいのか、専門の病院にかかった方がいいのか悩んでいます。本人は、「少しずつよくなってきている」の一点張りで病院やカウンセリングを拒否しています。また、「家にも帰りたくない一人暮らしをずっと続けたい」と言っています。どうしてやることが本人のためになるのかわからなくなりました。よかったら、アドバイスしていただけるとうれしいです。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。精神科医です。

身体の病気がないのであれば精神科的な病気なのでしょうし、なのであれば精神科/心療内科を受診すべきで、「病院やカウンセリングを拒否してい」るというのは勝手ですね。
「どうしてやることが本人のためになるのかわからなくなりました」とのことですが、病気を治してあげるのが本人のためなのではないでしょうか。

ご子息が統合失調症のような判断能力が失われている病気を患われているのであれば、ご本人の意思を尊重することは必ずしもご本人のためにはなりません。
判断能力があるにも関わらず病気を治そうとせずにニートを気取っているのは甘え以外のなにものでもないでしょう。

前者ならば縄をつけてでも精神科医に連れて行くべきですし、後者ならば、病院に定期的に通わなければ学費も仕送りも支払わないと説明して受診を促すべきです(ご子息が奨学金で大学に通い、バイトをして家賃も生活費も稼いでいるのでなければ)。

ご自分のお子さんに何を遠慮しているのか存じませんが、親がかりで大学まで行かせてもらってまともに単位もとれずにいるご子息にしてあげられることは、病気が原因ならそれを治す手助けをしてあげることでしょうし、単なる性格要因ならそれを助長して世間様に迷惑をかけないように自立を促すことでしょう。

別にそれは普通のことだと思いますが、その普通のことを実行に移す覚悟がおありであればご返信を下さい。
疾患、対処については目鼻がついております。
専門家:  U-SUKE 返答済み 5 年 前.

何か、治療の過程やカウンセリングの中で嫌な経験をしてしまったのではないでしょうか?

 

また、長年離島で暮らしていて、親元を離れ人口の多い所に行き…そこで孤独感を感じているとのこと、そこに何か原因があるのではないでしょうか?

 

そんな状態であれば、カウンセリングを受けるよう言っても、本人としては拒否しても当然だと考えられます。もし、あなたが同じ状況に身を置いたとき、誰にも自分の正直な気持ちを話すことができないという孤独感の中で、理解者と思っていた人から「あなたは病気だから、カウンセリングを受けなさい!」「病院で治療しなさい!」と言われて、「そうだ、そうしよう!」と受け入れることができるでしょうか??

 

成人とはいえ、人間というものは支える人なしでは生きていくことはつらいものです。まずは、本人がどうしたいのか、食事でもしながら落ち着いた雰囲気の中で焦らずに話し合う機会をもうけてみることが先決ではないかとおもいます。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
おはようございます。

混乱されているかもしれないので1点だけ補足を。
「親の転勤で、小6から中3までを離島で過ごし」、その後都会へ、という環境変化がご子息の現在の状況に影響を与えているのではないか……という考え方はいかにもそれらしく響きますが、同じような境遇で育った方たちが皆ご子息と同じような問題を抱えるわけではありません。

或いはご両親にも若干の負い目があるのかもしれませんが、責任を感じられる必要は無いと思います。経験的に申し上げて、広義の精神医学的問題の原因を過去に求めるやり方はあまり解決の役には立ちません。

私はよく、患者様に、

「あなたが道端の石につまづいて転んで、脚の骨を折ったとします。その石をどかしたらあなたの折れた脚の骨はくっつきますか? 骨折した時、つまづいた石の色や形や大きさをああだこうだ議論しても仕方がありません。折れた脚にギプスを巻いて、骨が癒合するまで安静を保つのが治療です。たしかに、つまづきそうな石がごろごろしているような土地に住まわれていたらまた同じように転ぶリスクは高いでしょう。しかし石をどけていく作業は骨がくっついてからでもいいのではないですか?」

という喩え話をします。
もしご子息が精神疾患にかかっていてその状態がわるいのであれば、一刻も早く治療すべきです。周辺の問題処理は治ってからでいいでしょう。

ご子息は年齢的に今、とても大事な時期にあります。
ここで学業を続けられるか、続けられなくとも社会との関係性のありかたを学べるかは、今後の人生に大きな影響を及ぼすでしょう。

ご子息のためにも、焦られたほうがいいと思います。
35歳になって病気は治ったけれど、学歴無し、手に職も無し、世間とのかかわり合い方も知らない、といった浦島太郎にご子息がなってしまうことは避けるべきであると愚考します。
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14343
経験: 医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。
拙回答をご承諾いただきありがとうございました。

もちろん今後もご相談は継続的に受けさせていただきます。
このままこのスレッドでご質問⇔回答を続けることは可能です。

新たにスレッドを立ててご指名していただくことは可能なはずなのですが(既に数本、指名で相談を受けています)、私は質問者側の画面操作をしたことがないので、具体的にどのようにすればそうなるのかがわかりません。申し訳ありません。

ご指名の操作がお分かりにならない場合はこのスレッドで継続してご質問を下さい。
何とかいたします。
質問者: 返答済み 5 年 前.
ありがとうございます。実は、この相談を入力した後、結果を待たずに主人と息子の所に 行きました。会いたくないと拒否され、少し強引ですが、スペアキーで部屋に入り、話をしました。
親として、きちんと病院にかかって欲しいこと、大学に行けないようであれば、家に戻ってくることなどを提案しましたが、依然、「自分は病気ではない」「家に帰りたくない」「親の顔を見たくない、無視して欲しい」というばかりです。
その様子が、もう病的に見えて仕方がありませんでした。
先生がおっしゃるように、仕送りのこと、働くことも言いました。彼は、「なんとかする。」「べつに死んでもいい」と投げやりな態度です。
無理矢理にでも病院にかからせようと思うのですが、どのような病院にかかればいいのか、具体的に教えてください。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご連絡ありがとうございます。

ご記載から判断するに、「こじれたうつ病」という印象ですが(以前は社交不安障害という病気を予想していました)、精神病的な感じはしません(あくまで印象ですが)。

相談すべき医療機関ですが、クリニックではなく病院がいいでしょう(入院病床があるという意味です)。それも医療保護入院が可能な閉鎖病棟がある病院がよいと思います。

ご子息をいきなり連れて行くのではなく、まずご両親が家族相談の形で受診し(ご子息の名前でカルテができます)、担当医にご子息の様子を伝えてください。その段階で担当医が診察し、入院が必要だと判断したら入院させてもらえるかも確認しておくとよいでしょう。
その担当医と方針をよく相談し、受診日・日時を打ち合わせして、その日・時間にご子息を連れて行くのがよいと考えます。

通院しないのであれば入院、という姿勢を(ポーズだけでも)示せる体制を整えておくべきだと思います。

医療 についての関連する質問