JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14345
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

3 MRI

解決済みの質問:

ここ3カ月来、座骨神経痛で痛み止めの薬を服用しています。
整形外科でMRIを撮っていただいた結果、脊椎骨が前方へ滑っている、との診断でした。
治療方法は手術しかないのでしょうか?
手術するとしたら、その手術は危険なものではないのでしょうか?
三重県内で、お勧めの医療機関があれば教えてください。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

「脊椎骨が前方へ滑っている」というのは脊椎すべり症(腰椎すべり症)という病気であると思われます。

腰椎すべり症そのものでは、症状が出ていなければ、もしくは腰痛程度ならば、手術をせずに服薬やコルセットの使用などで済ませられることがほとんどです(保存的治療といいます)。

しかし腰椎すべり症が原因で坐骨神経痛が起きているケースでは、これはずれた腰椎が坐骨神経を圧迫しているということですから、腰椎の圧迫を取り去らない限り、痛みは引きません。
つまり手術の適応ということになります。

手術には、すべった腰椎を削り、神経の圧迫をとる手術(除圧術)、と、ずれた腰椎を元の位置に戻し金属プレートをあてがって固定する固定術とがあります。
背骨の手術なのでご心配でしょうが、最近は手術の安全性も向上してきていますよ。

三重県内で評価の高い施設となると、脊椎外科をもっている三重大学附属病院ということになるでしょう。

とはいえ、症状が強くても、手術はせずにすごされている患者様もたくさんおられます。
普段できるだけ前かがみの姿勢を取り、腰を反らすような動作をしない、つえを使って歩く、といった工夫をすることで、坐骨神経痛、腰椎すべり症と付き合っている人も大勢います。
いちど、病院で相談されてみることをお勧めします。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問