JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

50 40

解決済みの質問:

50才女性です。40才過ぎから、老眼と思える症状を感じ、老眼鏡を作ってかけていますが、最近、特に細かい文字が見えなくなってきました。元に近いぐらいには、視力が回復させる手術もあると聞いたことがあります。仕事上、細かい文字を見るため、できれば、その手術を受けてみたいと思っています。
老眼になっている状態を少しでも、よくできるような治療はあるのでしょうか。あわせて、手術についてもご教示いただけると、助かります。よろしくお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんにちは。猫山と申します。

近視・乱視・遠視に対して行われるレーシック手術は、残念ながら老眼には効果がありません。
近視・乱視・遠視が角膜の屈折異常によって起こるのに対して、老眼は水晶体の弾力性が低下する事による起こる老化現象だからです。

しかし、老眼に対して有効な手術もあります。

ひとつはアキュフォーカス(レーシックカメラ)で、角膜にカメラインレーと呼ばれるリング状のものを挿入することによって、近くの見え方を改善する、老眼の方を対象とした手術です。

「遠近両用眼内レンズ」への交換も老眼に対する治療として行われます。角膜の水晶体を人口のレンズと取り換えるわけですが(白内障の手術と同じ手技です)、保険が効かず自由診療になるので、数十万円かかります。

最近は伝導性角膜形成術という、高周波エネルギーをあてることで老眼を改善させる手術もありますが、まだ長期の安全性は確定しておらず、やはり自由診療です。

どの手術治療も、近視に対するレーシック手術に比べて効果が不安定で、安全性については未だ不明瞭が部分が残るように思われます。

現時点では老眼鏡の使用がベストチョイスなのではないかと愚考いたしますが……
質問者: 返答済み 5 年 前.
手術についてのご回答、ありがとうございました。
伝導性角膜形成術について、まだ、長期の安全性が確定していないということで、やはり、不安がありますね。よく、考えてみます。

あと、ひとつだけ、質問させてください。
年々、老眼の症状が進行しているように、感じます。この進行を止める、もしくは、少しでも、前よりも見えるようになるような、治療などは、ないのでしょうか。
これまで、1.8という視力でモノが見えていたので、たいへん、ストレスを感じています。
机上の原稿は老眼鏡をかけて、パソコンの画面は裸眼で。。。という状況を少しでも改善できないものかと、悩んでいます。

よろしくお願いいたします。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信ありがとうございます。
本来の視力との落差もあってストレスを感じられているのは良くわかります。私も目は良い方なので。

ただ……老眼は老化現象と申し上げましたが、その老化を早める要素としてもっとも注意しなければならないのは眼精疲労で、眼精疲労をもっとも引き起こしやすいとされているのがパソコンを使った作業なのです。

お仕事柄難しいかもしれませんが、細目に遠くを見るようにするなどして、水晶体を動かす(ストレッチする)のが予防策ということになるでしょうか。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問