JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14381
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

48歳の主婦です。19年前2人目の子供を産んでから、体調が悪くなり、過呼吸、めまい、頭痛など・・・いろいろな病院

解決済みの質問:

48歳の主婦です。 19年前2人目の子供を産んでから、体調が悪くなり、過呼吸、めまい、頭痛など・・・いろ いろな病院を回り やっと心療内科にかかり、産後の血の道、不安神経症という診断で、「セニラン2mm、アナフラニール10mm」を朝晩1錠ずつ、5年位前から、片頭痛予防に「テラナス5mm」を朝晩2錠ずつ、頭痛時に頓服で「アマージ」を服用しています。 おかげで、一人で外出も出来なかったのですが、出かけられるようになり、パートで仕事もできるようになりました。 その一方で、ずっと薬を飲み続けていて体の為にいいのかな?という不安がずっとあります。 飲むのを止めて、また昔のような状態に戻るのか?という不安があります。 どうしたらいいのでしょうか? アドバイスをお願いします。
肩凝りもひどくマッサージに行かないと頭痛の回数が増えます。

薬を飲まないと寝付けません。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 6 年 前.
こんばんは。
猫山と申します。精神科医です。

相談者様は恐らく、向精神薬依存と呼んでもよい状態にはあると思われます。
不安神経症に対して用いられている2種類のお薬(セニランとアナフラニール)のうち、セニランは化学的にはベンゾジアゼピン系抗不安薬に属し、依存性を有しています。19年も服用していれば依存はほぼ確実に成立しています。

19年前発症の不安神経症ですから、病気自体は治っている可能性が高いと思います。
そもそもアナフラニール20mgは有効用量ではないので、止めても影響はない理屈です。
しかし、19年もの間これらのお薬が脳の働きを支えてきたせいで、相談者様の脳内には機能的な変化が起きています。

これらのお薬は脳が本来持っている眠りを司る機能や不安を鎮める作用を補助する働きを持っています。
しかし長期間脳にお薬が投与され続けると、これらの脳機能が薬に頼りきってしまって、自前の能力で眠りや不安をコントロールすることができなくなってしまうのです。
その状態で薬を止めると、脳としてはハシゴを外されたようなもので、大きくバランスを崩します。
臨床的には、強い不安と不眠が現れます。

止めるには専門知識をもった精神科医/心療内科に相談する必要があり、特にセニランは、依存性が少ない同効薬にまず切り替え、そこからそれを漸減していくような工夫が必要です。
失礼ながら、19年間も漫然とこれらのお薬を投与してきた老医師にそうした知識や技術があるとは思われませんので、本気で減量・断薬をお考えなら、別の医療機関を受診されるべきでしょう。

ただし、依存が生じていても副作用が無いのであれば飲み続けてもいいのではないか、という意見は精神医学界内にもあり、これは処方医や患者様の考え方、大げさに言えば哲学の問題でもあります。

片頭痛の方はもう少し話が複雑です。
片頭痛は体質的なものなので、なかなか薬はやめられません。
ただ、もしも片頭痛の診断を下し、薬を処方したのがセニランとアナフラニールを処方したのと同じ心療内科医であるなら、頭痛外来をもっている医療施設を受診して専門医(脳外科医か神経内科医になります)の診察を受け、「片頭痛」という診断から見直し、処方について相談するのがよいでしょう。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 6 年 前.
片頭痛については、特効薬た言われる、「レルパックス」を最初に試しましたが合わず、生理の前後に頭痛が起こることが多いため「アマージ」を飲むと治まっています。

本気で減量、断薬を考えていますが、新しく神経内科を選ぶのに何かありますでしょうか?

愛媛県松山市で良い神経内科をご存知なら教えていただけませんか?

薬を処方したのがセニランとアナフラニールを処方したのと同じ心療内科医であるなら、というのは、セニランとアナフラニールは、飲み合わせが良くないのですか?
質問者: 返答済み 6 年 前.
再投稿:回答が不完全.
質問者: 返答済み 6 年 前.
片頭痛については、特効薬と言われる、「レルパックス」を最初に試しましたが合わず、生理の前後に頭痛が起こることが多いため「アマージ」を飲むと治まっています。 本気で減量、断薬を考えていますが、新しく神経内科を選ぶのに何かありますでしょうか? 愛媛県松山市で良い神経内科をご存知なら教えていただけませんか? 薬を処方したのがセニランとアナフラニールを処方したのと同じ心療内科医であるなら、というのは、セニランとアナフラニールは、飲み合わせが良くないのですか?
薬を飲み始めて、10キロ太りましたが(15年間)薬の影響がありますか?
専門家:  猫山司 返答済み 6 年 前.
薬を処方したのがセニランとアナフラニールを処方したのと同じ心療内科医であるなら、というのは、もしそうだったら診断からして信用がおけないだろうな、という意味です。
不安神経症(最近はパニック障害と呼びますが)は心療内科、片頭痛は神経内科で診られるべき疾患です。
心療内科の疾患も決してうまく捌けているようには見受けられる心療内科が、専門分野外の疾患の診断や治療をうまく行える可能性は低いのではないかと予想します。

さておき、従って、セニランとアナフラニールを止めるためには心療内科を、レルパックスとアマージを止めるためには神経内科もうしくは脳神経外科を、それぞれ新たに受診する必要があるということになります。

愛媛県松山市については、申し訳ありません、土地勘がなく知己の医師もいないので個別の病院名を挙げての推薦はできません。
選ぶ基準も……こればっかりはホームページやネットの評判を見てもわからないものなんですよね。
しいて言えば、心療内科に関しては若い医師が院長を務めているクリニックがいいとは思います。ベンゾジアゼピンの依存が問題視されるようになってきたのは比較的最近なので、ご高齢の先生方はそういった概念すらご存じない方が大多数ですので。
神経内科や脳神経外科は心療内科ほど当たり外れが大きくないので、「頭痛外来」をもっているところなら間違いはないと思います。

ご参考になれば幸いです。


追伸 体重増加とセニラン、アナフラニールは関係があるかもしれません。精神科のお薬は基本的にどれも、体重を増やす方向に働くので。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問