JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

8年間の駐在生活から先々月に本帰国し、以来、娘の将来とか自身の就職が上手くいかないこと 再同居を開始した母との衝突

解決済みの質問:

8年間の駐在生活から 先々月に本帰国し、以来、娘の将来とか自身の就職が上手くいかないこと
再同居を開始した母との衝突、その他諸々全てが嫌になりました。嫌になっている自分の甘さに
更に嫌気がさし最近では一人になると泣き出してばかりです。数日前から何もかも虚しくて何も
かも面倒で朝起きるのも億劫です。非常に甘ったれた考え方だと思いますし今が正念場と踏ん張
りたいのですが「どうせ人間は最後はいつか死ぬんだし」を繰り返してします。鬱を疑った方が
良いのでしょうか?それとも、やはり自身の弱さがゆえと叱咤激励して頑張らないといけないの
でしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ここでご自分を叱咤激励して良い方向に進むことはまずないでしょう。
できるかぎり早急に精神科を受診されることを強くお勧めします。
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
アメリカからこれを書いています。

基本的には猫山先生のご意見に賛成なのですが、このように追加の意見を述べることをお許し下さいませ。

私は在米20年になります。
それゆえ、あなたが8年の海外生活からお帰りになってまだ二月と短く、なかなか環境の変化に、それも大きな変化に適応しきれないでおられる様子、手に取るようにご気苦労をお察しします。
日本は不景気なこともありますし、海外と違って就職に関しましても年齢制限も厳しく、就職活動などもさぞかしたいへんなことでしょう。

お母様とのこと、娘さんのこと、いろいろ思いつめておられるようですね。

おそらく欝が出ておられるのでしょうが、今は、適切な診断の元に治療を一日も早く受けられるといいと思います。治療が進めば、きっと環境の変化も受け取りやすくなると思いますよ。自分自身の気分がよくなれば、今大問題としてあなたが受け止められておられることも、きっと消化しやすくなるはず。

自分の甘さを責めたり、叱咤することはどうぞなさらないでください。
今は、すべてをまかせる気持ちで受診された方がいいですよ。

就職活動等も、お気持ちが楽になられてからでも遅くはないと思いますよ。
そして、どうか栄養のバランスを考えて、体をこわさないようにお気をつけくださいね。




docmmart, ER救急医 准教授
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4173
経験: 医師
docmmartをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
相談者様は本来は能力が高い方なのだと思います。
ただ、今はそれを発揮できない状態です。

うつが悪い間は大きな決断を下すな、というのが精神医学界のセオリーで、これは信じる価値がある経験則だと思います。
この決断にはご自身の生死も含まれます。どうか、心にお留めおき下さい。

現状に関する向き合い方ですが、あまり原因を探る方向では考えられない方がいいと思います。
私はよく、患者さんに、
「あなたが道端の石につまづいて転んで、脚の骨を折ったとします。その石をどかしたらあなたの折れた脚の骨はくっつきますか? 骨折した時、つまづいた石の色や形や大きさをああだこうだ議論しても仕方がありません。折れた脚にギプスを巻いて、骨が癒合するまで安静を保つのが治療です。たしかに、つまづきそうな石がごろごろしているような土地に住まわれていたらまた同じように転ぶリスクは高いでしょう。しかし石をどけていく作業は骨がくっついてからでもいいのではないですか?」という喩え話をします。
解決しなければならない複数の問題がおありのようですが、それらに取り組むことができるようになるためにも、今は精神科を受診し、必要と判断された場合は治療に専念されるべきでしょう。

ちなみに、うつ病と同様の状態を呈する身体疾患もあるので、私もdocmmart先生も初めに内科受診等をお勧めすることが多いのですが、今回はそれなりに深刻な状態と判断し、初めから精神科受診をお勧めしました。
どうかご理解ください。
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14290
経験: 医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問