JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

(42 )

解決済みの質問:

十数年前、受診した医院で強迫神経症と診断された義弟(42 才無職、両親同居三人暮らし、引きこもり状態)がいて、病院に行こうと言っても、本人は「散らかした部屋を片付けないと、行かれない」と言いながら10数年経ってしまいました。計二十年が経過してしまいました。何とか、病院に連れて行かれないものでしょうか、民間の移送機関に依頼すると百万円近くの費用がかかる見積もり出でおり、とても経済的に無理です。どうしたら、病院に連れて行くことができるのでしょうか、私たちが病院にカウセリングに行っても、病院の先生は「本人が来なくてはダメ」と言われ、病院に行くため説が得できません。よろしくアドバイスお願い申し上げます。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
結論から申し上げると、使えそうな選択肢は、公的機関、つまり市区町の保健所や精神保健福祉センターで行われている精神保健福祉相談を利用することです。
医師、保健師、精神保健福祉士などが対応してくれ、時に往診もしてくれます(これは地域差がありますが)。強迫性障害よりも、ひきこもりの方面からアプローチした方が利用できる選択肢は多くなります。

説得する手段はないでしょう。
あったら「10数年経ってしま」うことはありません。
そういうアクションはこの10数年のうちに、ご両親がもっと若かった時期にとっておくべきでした。

拙い助言ですが、少しでもお役に立てば幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.
再投稿:Other.
医療保護入院の手続き等について詳しく教えてください。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ここが問題なんですよね。
病院に連れて行く前に、その病院に入院させてもらえるという確約をあらかじめとっておく必要があります。何とか病院に連れていけたとして、入院させてもらえず、「外来で様子を見ましょう」とでもとでも言われようものなら、義弟さんの場合は目も当てられません。

入院させる場合は仰る通り、医療保護入院という入院形式をとります。
精神保健指定医という資格をもった精神科医が義弟さんを診察して入院治療が必要だと判断し、ご本人に安定した同意能力がない場合、医療保護入院の対象となります。

病院側でも精神保健指定医による書類作成などがありますが、ご家族側、義弟さんは独身男性だと思われますのでご両親が、家庭裁判所で保護者選任の手続きを行う必要があります。
詳細は以下のWebサイトをご参照ください。
裁判所 | 保護者選任

病院側、家族側の手続き終了後、医療保護入院成立となります。
通常は病院のケースワーカーか、担当事務員が書類手続き等教えてくれますが、それ以前に、繰り返しになりますが、入院の確約をとることを最優先してください。
統合失調症患者様の場合よりはハードルは高いのではないかと思います。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問