JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

猫山司に今すぐ質問する

猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14133
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

27

解決済みの質問:

27歳の娘の相談ですが、19歳頃から不安症の症状があり、動悸、息切れ、めまい、吐き気、胃部膨満感など、毎日訴えています。
症状は、毎日違いますが、すぐに 気持ちが悪くなり、外出するのが怖いといっています。3年前に結婚し、2歳半になる子供もいますが、夫に理解されずに苦しんいます。働いていますが、母親として、できるかぎりがんばって面倒をみている
つもりですが、会社を長期休んで面倒をみて欲しいと言っています。あと10年で定年ですが、やめてそばで面倒をみて
あげることで改善できるのでしょうか?他になにか手立てはないでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.

娘さんは精神科/心療内科にはかかられたことはないのでしょうか。

 

相談者様のお推察の通り、内科や婦人科の問題がないのであれば、お嬢さんの症状は不安障害(といってもいくつかの病気がありますが)で矛盾しないように思われます。

 

精神科では、一般論として、調子が悪い時には重要な決断を下すべきではない、というセオリーがあります。

相談者様に関して、今のご時世、正社員(ですよね?)の立場を投げ打ってお孫さんの面倒をみるのは得策ではないと思います。

 

既に成人であるお嬢さんが母親である相談者様にそこまでを要求するのは、いわゆる「巻き込み型」の病型を呈しているか、症状やご主人の無理解が辛くてかなり切羽詰まっているかのどちらかであろうと思われますが、治療を受けられて症状が改善すればいずれも場合でも状況は好転します。

 

何より症状改善のために、また、ご主人の理解を得るためにも、精神科/心療内科を受診し、然るべき治療を受け、それでも問題があるなら初めて相談者様の方でどのような支え方をするかを検討すべきだと愚考します。

 

拙い助言ですが、少しでもお役にたてば幸いです。

質問者: 返答済み 5 年 前.

ご回答どうもありがとうございました。申し訳ありませんが、ご回答いただきました内容は私の方で理解していることでした。心療内科にはすでに娘一人でかかっており、すでに診断され薬をいただいています。ただ、娘が薬を飲むのを躊躇しております。また、一人ではなく、家族も病院に行って欲しいと言っています。原因が小さいときの両親の愛情不足も要因と考えているようです。一緒に行くのが得策なのですしょうか?その前に何かできることがないかご相談したかったのす。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.

申し訳ありません。

午後以降追加回答いたします。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.

過不足なく質問して、求める回答を得るのは難しいですよね。

 

私の見解ですが、相談者様が常にお嬢さんの受診に付き添うのは、お嬢さんの相談者様への依存、巻き込みを強めるだけで、治療的に望ましいとは思いません。

 

しかし、疾患の説明や今後の治療方針、家族としての関わり方について主治医に説明してもらう機会を設けていただき、そこに相談者様が同伴するのは悪くないやり方でしょう。

普段の外来でそれを行うのは困難なので、主治医に予め希望を伝えて、時間を確保してもらう必要がありますが。

また、重要な点ですが、その場合は相談者様だけでなく、ご主人も同席すべきです。というよりは、ご主人がご家族への病状説明のメインの対象であるべきです。

 

成人して結婚されているわけですから、お嬢さんは自分の判断で薬を処方された通りに服用すべきですし、ご主人はお嬢さんの疾患を理解して支えるべきです。

相談者様は、あくまで側面支援に徹するべきでしょう。

 

お嬢さんとそのご主人が主体的に治療を取り組まずに、相談者様が巻き込まれて1人犠牲を払って奮闘する、というのは正しい治療の在り方とはいえません。

不安障害の治療においては、ご本人の正しい疾患理解と努力が不可欠だからです。

 

最後に、精神疾患の病因を生育歴に求める考え方は過去の遺物です。

その文脈において相談者様が責任を感じられる必要は希薄でしょう。

 

お知りになりたい情報をお示し出来ているといいのですが。

猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14133
経験: 医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • Dr_GATO

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2642
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2642
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    ER救急医 准教授

    満足した利用者:

    1799
    医師
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/NO/nounomoribito/2014-6-24_125138_名称未設定.64x64.png nou-no-moribito さんのアバター

    nou-no-moribito

    医師

    満足した利用者:

    300
    脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    医師

    満足した利用者:

    340
    総合診療医
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/horacicurgeon/2015-11-16_288_doctorbanner.64x64.jpg Dr.K さんのアバター

    Dr.K

    医師

    満足した利用者:

    162
    医師、医学博士として、臨床及び研究に10 年以上従事。専門は呼吸器疾患で、特に呼吸器がん(肺癌、悪性胸膜中皮腫など)や喘息、COPDなどの呼吸器良性疾患及び、一般外科、救急医療に関しても精通しております。呼吸器外科専門医、呼吸器専門医、気管支鏡専門医、がん治療認定医、外科専門医、産業医。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/PC/PchanDr./2013-5-7_01659_IMG2692.64x64.JPG P-chanDr. さんのアバター

    P-chanDr.

    医師

    満足した利用者:

    40
    泌尿器科専門医・指導医
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HE/heartDr./2014-7-24_112459_TshirtFemale5B15D.64x64.JPG Dr-KUMA さんのアバター

    Dr-KUMA

    医師

    満足した利用者:

    125
    国立大学病院勤務経験あり
 
 
 

医療 についての関連する質問