JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

docmmartに今すぐ質問する

docmmart
docmmart, ER救急医 准教授
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4173
経験:  医師
61793059
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

同部署の社員、アルバイトが次々と、引継ぎもなしに辞めていきました。その以前から予兆はあり、元々人員がギリギリの部署で

質問者の質問

 同部署の社員、アルバイトが次々と、引継ぎもなしに辞めていきました。その以前から予兆はあり、元々人員がギリギリの部署であったので、いまにも辞めそうな部署の人々を必死で引き止める生活が半年ほど続いていました。


 問題の人間が、いくら会社を休んでも(3日~1週間は月1で当たり前)、その分が私がカバーして、問題定義されないように(人事に言われたら「こうこうこういう理由で申し訳ありません。ご迷惑おかけしますので辞めます」と、そのようにいうようなことを、仲良くしていた私にだけ伝えられていた)必死に残業して、問題の社員は早く帰れるように努力していました。今思えば、そんな努力も無駄なことであったと思います。


 それでもその社員(ほぼ同時にアルバイトも)辞めてしまってからは、精神が病んでしまいました。社内にいても、人のいないときに物を壊したり、声を上げたり、特に午前中は何もない時に涙が止まらなくなったりするようになり、食事も夜に少しだけしか取らなくなしました。体重は1ヶ月~2ヶ月ほどで10キロ落ちて、普段社内を歩くときもふらついたり、変に早足になったり、呼吸が不規則になったり、瞬きが異常に多くなったりするようになり、あんなに必死にしていた仕事に対しても意欲があまり沸かなくなってしまいました。


 社長ははたから見ても無神経な人間で、元からそりが合いませんでした。社長も私に対してはあまりよくは思っていなかったと思います(正社員登用に関しても社長は乗り気でなく、何度か他の社員からの稟議推薦書を退けられた)。部署のリーダーが忽然と姿を消した際、「もっと早く対応していれば」などと口答 えしてしまったときに「部署内で解決できる問題だと思っていた」「パートの主婦に負担がかかっている、負担をかけないように仕事を回せ」「いまこの部署にはもっと安定した人間が必要だ。俺の根回しでずいぶん助かっているだろう」など、攻撃的な態度に攻撃的に返しただけなんかもしれませんが、私を責めるような口ぶりを感じたことも、意欲がなくなった原因であると思います。


 実際に私は、部署のリーダーであった人間が3日いないときも、1週間いないときも、すべてを仕事を回して何とかしていたのに。社長が、人事が、彼女を責めるように言ったのではないか。それが原因で彼女が辞めることになったのではないか。それとも私の日々の勤務態度、会話が彼女の負担になっていたのではないか。私のことが嫌いで、仕返しのつもりでやっているのではないか。と、考えてもきりのないネガティブな思考で埋め尽くされ、それでも出勤はしていました。


 しかしあるとき見かねた人事が、このまま体調が治らないようなら(リーダーが辞めてから2ヶ月?3ヶ月ほどたったころでした)、アルバイトという形で雇用条件を見直したらどうか。と、持ちかけてきました。


 そもそも業務内容が好きで続けていた仕事でして、折角手に入れた正社員という肩書きをなくしなくない思いも強かったですが、会社の人間、社風にはいい気持ちはありませんでした。また不安定な状況であったため、「本当は辞めさせようとしている」「辞めろといえないから辞めろと明言しないだけ」など、再び人事に暴言を吐いてしまいました。日によって体調や気分が変わるため、たまたま賞与が出た日には、人事と再び話し合い「がんばります」「がんばってね、体調が回復したらもっと責任感を持って、ワンランク上の仕事もできるようになろう」と声をかけられました。


 その時につまり、私はやはり、正社員としての義務をまだ果たせていない、と言われたのでした。我慢なりませんでした。私の部署に正式な正社員は私ひとりで、私にしかわからない仕事を回りに一生懸命引き継いで、実際に何ヶ月やっているのに(と、すこしだけの自負はあった)。少しの間しかいられないヘルプ人員に、いちいちはじめから仕事の指導をしているのも主に私であるのに。本当に、実際に、私は要らない人間なのだろうと、人員不足のために、仕方なく「置いてやっている」人間なのだと、良い代わりが入れば用無しの人間だと、そういわれたように感じました。と、いうか、私がどう思うにせよ、会社にとってはそうなのだったと思います。


 そうして私は仕事を辞めて(業務マニュアルなどを作成・仕事内容の引継ぎをするのに事件を3ヶ月ほど費やしました)、以前通った精神科医にもらった、けれど飲まなかった薬を見返して、再び病院へ行きました。担当医師にも「仕事は辞めた、薬もきちんと飲む」という趣旨と、今までの愚痴みたいなものを話し、処方されたスルピリド100mg×2・フルニトラゼパム錠1mgを飲みはじめました。


 次の職もまだ決まっておらず、実家の家族関係にも問題があり、今にも実家を出たい状況ですがそれも引き止められ罵倒されて、結局今も実家でぼうっとすごしています。薬は飲み始めてそろそろ10日ほどになります。 一般的に1週間から10日ほどで薬の効果が出る、とは聞いていました。実際に気分も少しよくなってきて、家族との会話であれば少しずつできるようになっています(副作用は多少感じられます)。


 しかし、仕事を辞めると同時に抗うつ剤?睡眠導入剤?的なものを飲み始めたため、それが本当に薬の効果であるのか甚だ疑問を感じています。仕事がないことへの不安は強いですが、しかしかつての憂鬱な職場にもう行かなくて済む、という事実が私の精神を回復させているのではないかとも思っています。


 離脱作用があるとも聞きましたが、本当に抗うつ剤は必要なのでしょうか。本当は病院へ行くほどの症状じゃないんじゃ、ですとか、「まためんどくさいのがきた」ですかとか、医師にも思われているようで、もしいかないでも済むのなら、病院にだっていきたくないのです。いきたくないです。でも早く元気になって、仕事もしたいです。


 医師を信じられないのかもしれませんが、住んでいる場所が田舎なもので、病院を変えてしまうなんて事はどうもやりにくいです。 抗うつ剤は本当に利くのですか? 次の仕事はすぐに探したはじめたほうが懸命ですか?人には「少しの間ゆっくりしたほうがいい」と言われますが、少しの間とはどれくらいなのか、見当もつきません。


 また、しばらく「何ヶ月から何年」抗うつ剤をのみ続けて、薬をストップした際も大丈夫なのでしょうか。


 担当医の口から直接聞いても、右から左へすり抜けてしまうような感じがしますので、どうか文章にて、ご教授願えたらと思っております。


 長文に大変見苦しい点があるかもしれませんが、よろしくお願いいたします。

投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
ストレス度の高い仕事環境の中、頑張ってこられてたいへんでしたね。
今までの経過をじっくり読ませていただきました。

現在は、体重も戻られましたか。
お気分は少し良くなられたとかで、それはなによりです。

うつ状態になられた原因があなたの場合はほぼはっきりしているので、ストレス性うつ状態をターゲットとしているお薬、スルピリドを服用されているのでしょう。

抗うつ剤はとても有効です。
そして、続けることです。
何ヶ月という単位ではなく、年単位で治療は進むと思いますが、主治医と相談されてじっくりかまえられてください。

ほんとうは、病院に行くまでのことではないのでは?とか、まためんどくさいのが来た、というふうには思われない方がいいですよ。
我々、医師は、患者を救う使命の元、日々努力を続けていますから、誰もそんなふうには思わないと思います。

もしお薬が合わないようなら、最近はいろいろな良いお薬があるので、主治医の下いろいろな細かい調整は可能ですから、今のところはきちんと病院に通って、しっかり信じて毎日お薬を服用することをおすすめします。

抗うつ剤と言うのは薬が必要なくなってストップする時にも徐々に量を減らすなど、医師の監督が必要です(離脱症状をおこすため)ので、どうか、勝手にストップされませんように。

今は少しゆっくりされて下さいね。
今はお仕事をされていないので基本的な体調を整えるいいチャンスです。
心と体は一体ですから、体が健康でなければ心の健康もままなりませんよね。
お仕事をされていないことの不安があるのはよくわかりますが、今のあなたのお仕事は治療に専念し、体調を整えることですよ。

栄養をしっかりとられて、お食事のバランスがあまり取れていないようならば、サプリとして栄養補助食品などもいいものが出回っていますからぜひ試されてくださいね。
インターネットですぐ検索できますし、ご予算に合わせて選ばれたらいいです。

体調を整えて、うつ状態も安定してから仕事探しは開始された方がいいです。
少しの間、という意味はそういう意味です。
体調を整えられることにより、その期間がより短くなる可能性はありますよ。

どうか、焦らないでくださいね。

遠いアメリカからあなたのご回復をお祈りしております。

docmmart, ER救急医 准教授
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4173
経験: 医師
docmmartをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
おはようございます。
かなり参っておられるようですね。

まず、ご質問への回答ですが、相談者様が飲まれている薬は効かないと思います。
現在処方されているスルピリドに関しては飲むだけ損です。十分ではない用量で、それでも副作用は出るので。
この薬の用法・用量を以下に引用します。

胃・十二指腸潰瘍:1日150mgを3回に分割経口服用する。
うつ病・うつ状態:1日150~300mgを分割経口服用する。1日600mgまで増量することができる。
統合失調症:1日300~600mgを分割経口服用する。1日1200mgまで増量することができる。

スルピリドは中枢移行性が低い薬で、たくさん飲まないと脳まで届きません。
低い用量では首から下に効いて胃薬として、すこし用量を上げると抗うつ薬として、さらに上げると抗精神病薬として作用するといったユニークな薬です。

この守備範囲の広さのために、診断能力が低い精神科医にとっては「とりあえず処方する」薬としては重宝されています。精神科版「葛根湯医者」といったところでしょうか。

かなり古い薬なので、一定年齢以上の精神科医に好んで使われることが多い印象がありますが、治験がおおらかな方法で行われていた時代に承認されたお薬ですが、現代の科学水準の治験を行ったら承認は下りないだろうと私は思っています。

また、脳そのものには届かないのに脳下垂体(人間のホルモン分泌の中枢です)には届き、プロラクチン(乳汁分泌ホルモン)を上昇させるので、女性化乳房のような副作用をしばしば引き起こします。体重増加もよく見られるスルピリドの副作用です。

そもそも効果が低い薬を、ぎりぎりの低用量で用いられているわけですから、効果は期待できません。
相談者様におかれましては、過酷な勤務状況と、職場での人間関係のために調子を崩されたようですので、そこから距離を置いただけでかなり楽になるであろうと思われます。

「かつての憂鬱な職場にもう行かなくて済む、という事実が私の精神を回復させている」というのは、まさにその通りでしょう。

心配されている抗うつ薬の断薬症状(離脱症状ともいいます。あまりイメージの良い言葉ではありませんが、禁断症状のようなものです)は数年前から精神医学界のホットトピックで、確かに存在し、対策を講じなければならない副作用ですが、これはもっとちゃんと効く、「キレの良い」抗うつ薬を一定期間服用した後、その薬を中止した場合に起こります。
現在の量のスルピリドで離脱症状を起こす心配はあまりされなくてよいと思われます。

フルニトラゼパムには依存性があるのですが、眠剤としては効いているのではないかと思いますので、利害得失を考えて、今は服用を続けた方がいいでしょう。

最後に、相談者様の現在の状態と、あるべき治療について私見を述べさせていただきます。
環境要因が強く、疲弊状態となり、あるところからは治療が必要な抑うつ状態を呈していたが、それでも無理をして仕事を続け、ついに破綻してしまった、という印象です。
現在は考え方もかなりネガティブになってしまっているようですが、これは本来の相談者様の人柄とは異なるものでしょう。
診断としては、ご質問の記載内容からは、現時点ではうつ病がもっとも考えられます。

安静と、十分な薬物療法を、十分期間続ける必要があります。
うつの症状がかなりの程度良くなってきたらカウンセリングを受け、心の交通整理をすべきでしょう(今カウンセリングを受けるのはお勧めしません)。
薬物療法については、それこそ離脱症状が出るくらいの薬をきっちりと使うべきです。
離脱症状は(十分な知識がある精神科医にとっては)コントロール可能な副作用だからです。
カウンセリングは精神科医ではなく、臨床心理士によって行われます。以外かもしれませんが、大半の精神科医はカウンセリングを行う技術を持っていませんし、それを行う時間もありません。
安静休養は1~2ヶ月、服薬は、今後の展開にもよりますが、年単位で考えられた方がいいと思います。

……というのが、相談者様の個人的状況を全く考慮しない場合の「机上の空論的」理想の治療ですが、経済状況その他が月単位の休養を許さないかもしれませんし、主治医に十分な薬物療法の知識と技術が無いかもしれません。お通いの病院に臨床心理士はいるでしょうか?
100%の環境が整っている患者さんはおられませんので、教科書的な治療論を振りかざして、患者様がそれにそぐわない行動をとると不機嫌になる精神科医も(たくさん)いますが、あまりプロフェッショナルな態度とは言えないでしょう。
治療の方を患者様の都合に合わせて、それでもそれなりに結果をだすのがプロです。
相談者様ならおわかりかと思いますが、今のご時世、どこの職場でも、予算は足りない、人手も十分ではない、環境だって整ってはいない、という中で皆さん工夫をしながら結果を出そうとしているわけで、医療職においても同じ態度が求められるべきでしょう。

正直なところ、処方だけを拝見するに、転院したほうがいいような気がしますが、もうしばらくは今の病院で主治医との関係構築に努めてもいいでしょう。
ただ、診断を確認し、長い休養が取れない状況ならばそれも伝えた方がいいでしょう。

こちらこそ長文になってしまい申し訳ありませんでした。
読むのがご負担にならなければよいのですが。
また一部乱暴ともとれる表現があったかもしれませんが、相談者様の状況がそれなりに差し迫ったものと判断してのコメントです。ご容赦いただければ幸いです。

JustAnswer メディア掲載:

 
 
 
Ask-a-doc ウェブサイト:簡単な質問がある場合は、さまざまな分野の専門家が回答してくれるサイトに投稿してみてはいかがだろうか。Justanswer.jp は特にお薦めだ。
10 月以来、JustAnswer.jp では一時解雇や失業、契約解除に関する法的な質問が急増している。
justanswer.jp/legal といったウェブサイトでは、
法律に関する確実な回答が得られる。
過去 30 日で JustAnswer のトラフィックは 14 パーセント上昇し、ページ閲覧回数は 40 万に近付いている...ストレスや高血圧、飲酒、心臓の痛みに関する質問にいたっては 33 パーセントという増加率を記録した。
グッド モーニング アメリカに出演しているキャリア専門家の Tory Johnson は、注目の在宅ビジネスとして、さまざまな分野の専門家がユーザーの質問に答える JustAnswer などを紹介。
専門家として登録するには、かなり厳しい審査をパスしなければなりません。
 
 
 

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • Dr_GATO

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2642
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2642
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    ER救急医 准教授

    満足した利用者:

    1799
    医師
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/NO/nounomoribito/2014-6-24_125138_名称未設定.64x64.png nou-no-moribito さんのアバター

    nou-no-moribito

    医師

    満足した利用者:

    300
    脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    医師

    満足した利用者:

    340
    総合診療医
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/horacicurgeon/2015-11-16_288_doctorbanner.64x64.jpg Dr.K さんのアバター

    Dr.K

    医師

    満足した利用者:

    162
    医師、医学博士として、臨床及び研究に10 年以上従事。専門は呼吸器疾患で、特に呼吸器がん(肺癌、悪性胸膜中皮腫など)や喘息、COPDなどの呼吸器良性疾患及び、一般外科、救急医療に関しても精通しております。呼吸器外科専門医、呼吸器専門医、気管支鏡専門医、がん治療認定医、外科専門医、産業医。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/PC/PchanDr./2013-5-7_01659_IMG2692.64x64.JPG P-chanDr. さんのアバター

    P-chanDr.

    医師

    満足した利用者:

    40
    泌尿器科専門医・指導医
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HE/heartDr./2014-7-24_112459_TshirtFemale5B15D.64x64.JPG Dr-KUMA さんのアバター

    Dr-KUMA

    医師

    満足した利用者:

    125
    国立大学病院勤務経験あり
 
 
 

医療 についての関連する質問