JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Zawan24に今すぐ質問する
Zawan24
Zawan24, 医師
カテゴリ: 医療ミス・医療事故
満足したユーザー: 743
経験:  1998年医学部卒業
81186992
ここに 医療ミス・医療事故 に関する質問を入力してください。
Zawan24がオンラインで質問受付中

先日、心臓の手術を受けました。その際鼻に傷をつけてしまいそれにより血液が内臓にまわり再度血液の除去手術を行いました。三度

解決済みの質問:

先日、心臓の手術を受けました。その際鼻に傷をつけてしまいそれにより血液が内臓にまわり再度血液の除去手術を行いました。三度目は心臓から管(器具)を取り出す際、一部を中に残してしまいレントゲンの結果残っているのを発見し、三度目の手術をすることとなってしまいました。この場合どの様に病院側と対応すべきなのか?お願いします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 医療ミス・医療事故
質問者: 返答済み 1 年 前.
65288;質問者からのリクエストをサイトが代理投稿)こんにちは。次の追加サービスを希望していますが、ご提供いただくことは可能でしょうか?サービス名:電話でのやり取り。 もう少し情報が必要な場合は、どういった情報が必要なのかお知らせください。また別の追加サービスをご提案いただければ、検討します。
質問者: 返答済み 1 年 前.
65288;質問者からのリクエストをサイトが代理投稿)こんにちは。次の追加サービスを希望していますが、ご提供いただくことは可能でしょうか?サービス名:電話でのやり取り。 もう少し情報が必要な場合は、どういった情報が必要なのかお知らせください。また別の追加サービスをご提案いただければ、検討します。
専門家:  sanaek-mod 返答済み 1 年 前.
こんにちは。カテゴリモデレータの小林と申します。
お客様がご投稿になられた質問に回答できる専門家をお捜ししておりますが、回答ができる専門家を見つけるには、残念ながらもう少し時間がかかりそうです。引き続きお探しいたしますが、もうすでにご投稿の質問への回答を見つけられた場合はご連絡ください。回答が投稿されない場合の対処法などヘルプページでご案内しておりますのでご参照ください。
質問に回答が投稿されなかった場合はどうすればいいですか。
http://ww2.justanswer.jp/ja/help/what-if-no-one-answers-my-question-hl
質問の取り消し方法について
http://ww2.justanswer.jp/ja/help/how-can-i-cancel-my-question-0
サイトの仕組みについて
http://ww2.justanswer.jp/ja/how-justanswer-works
専門家:  Dr_GATO 返答済み 1 年 前.

鼻に傷をつけてしまいそれにより血液が内臓にまわり再度血液の除去手術とはどういうことですか。もう少し具体的に説明してください。病院側に何を希望していますか。

質問者: 返答済み 1 年 前.
24515;臓の手術をした際鼻に管が施されたが手術後抜くときに何らかの理由で鼻に傷をつけ?出血が体内にまわりそれに気が付かず終了し、その後異常があり血液が体内にあり再度手術となりました。又、心臓手術の後、管(心臓にあった器具)を抜く際一部遺物が残っていたにも関わらず手術を終了後それが判明し(管の一部がないのが)、レントゲンの結果遺物があることが分り三度目の手術となってしまいました。
病院側は異物混入については認め、謝罪されましたが、これらの事態を正式に損害賠償責任の追及をすべきかをお聞きしたい。
専門家:  Dr_GATO 返答済み 1 年 前.

それはあなた次第です.医療訴訟に強い弁護士と話をしてみてください。

質問者: 返答済み 1 年 前.
20309;か真剣さが見えませんでした。質問に対して真剣に対応しているとは思えず答えが返ってきませんとても残念です。評価は0パーセントです。
以上
専門家:  Zawan24 返答済み 1 年 前.

医療過誤かどうかの判断は、その場の状況や診療録を確認しないことには、難しいです。

病院側に有責になるかどうかに関して、医師は法律の専門家ではないので、判断は困難ですが、遺残した管の大きさがどの程度なのか、術後のチェックで明らかにわかるものなのか、管の一部が脱落すること、鼻を傷つけることが予見できたか、が争点になると思われます。

遺残物が極めて小さく術後の器具確認でわからない程度のものである、鼻を傷つける、遺残物が残るということを予見するのが難しい、場合においては、遺残物発見後の病院の対応は適切なものです。

そのこと含めて弁護士と話し合い、カルテ開示請求を検討されることをお勧めします。

質問者: 返答済み 1 年 前.
26377;難うございました。その回答が欲しかったです。次に進めます。満足です。
専門家:  Zawan24 返答済み 1 年 前.

訴訟となれば、判決が出るまで、年単位で時間がかかることが予測されます。

そのことを踏まえて弁護士と相談されていってください。

Zawan24, 医師
満足したユーザー: 743
経験: 1998年医学部卒業
Zawan24をはじめその他名の医療ミス・医療事故カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
22238;答が要約得られて満足です。

医療ミス・医療事故 についての関連する質問