JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, 医師
カテゴリ: 医療ミス・医療事故
満足したユーザー: 157
経験:  医師、准教授
61793059
ここに 医療ミス・医療事故 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

お世話になります。昨年12月9日に14歳の息子(心臓、呼吸器障害者1級手帳取得)が、14年間入院する病室で急死しまし

質問者の質問

お世話になります。昨年12月9日に14歳の息子(心臓、呼吸器障害者1級手帳取得)が、14年間入院する病室で急死しました。5年前に慢性呼吸不全を機にBiPAPという非侵襲性陽圧換気療法という脱着タイプの人工呼吸器を夜間に使用開始しました。日中は離脱で院内学級へ。感染時は24時間装着。 今回のご相談は、5年間、主治医から今後の予後の過ごし方、予想される病態変化の説明なし、この期間全く心臓や肺へのX線、心エコー、免疫療法、ステロイド療法などの原因疾患に対する治療が全くなかった。主治医とも5年間口を聞くことがなかった。BiPAP治療後、ICUに行くこともなく病室で元気に過ごす。11月上旬より風邪をひく、SpO2の低下、心拍数(HR)の数字がこれまでの数字を低く上回り毎日、看護師に心配不安な思いを訴えるも医師からの対応はない。インフォームドコンセントのない古い病院の中で、5年間の中で徐々に肺野が悪化したしたことが、死亡後、解剖して判明した。主治医からはこの5年間、病態説明、予後の過ごし方の時間を作らなかったと言われた。12月9日朝、急変し2時間後に他界。病態変化のプロセスの時間を14年間も入院していたにも関わらず息子に会えないまま逝かれてしまい立ち直れないでいる。息子は気持ちを伝えることができず、一人苦しいいまま逝ったことへの息子への慰謝料が請求できるのかお伺いします。既にカルテ開示、解剖初見、話し合いの録音などあります。宜しくお願いいたします。医師から死亡までのプロセスとエンディングの時間を息子と過ごしたかったのが一番の思いです。

投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療ミス・医療事故

医療ミス・医療事故 についての関連する質問