JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

docmmartに今すぐ質問する

docmmart
docmmart, 医師
カテゴリ: 医療ミス・医療事故
満足したユーザー: 4173
経験:  医師、准教授
61793059
ここに 医療ミス・医療事故 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

母(79歳)が心筋梗塞のカテーテル手術を受け、その2日後ICU内において脳梗塞を発症し、重度の障害を負いました。施術

解決済みの質問:

母(79歳)が心筋梗塞のカテーテル手術を受け、その2日後ICU内において脳梗塞を発症し、重度の障害を負いました。施術した病院は、手術との因果関係についてわからないとの見解を続けてます。なぜ、この結果に至ったか、また、予防は医学的に不可能だったのか明快な回答が欲しい。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療ミス・医療事故
専門家:  docmmart 返答済み 3 年 前.

はじめまして。

私でよろしかったらお力になりたいです。
医療過誤の分野で活動する医師です。
このご質問では弁護士さんには回答は無理ですね。

さて、お母様の件障害を負われたとか、とても残念に思います。
発症から治療までがスムーズに行かなかったのでしょうか。
発症になかなか気がつかなかったとか?

さて、お母様の持病や既往をすべて教えてください。脳梗塞になりやすいようなリスクはあったかどうか判断したいわけです。
高血圧はあったんですよね?ふつうそうですから。
ICU内でのバイタル、特に血圧管理は大丈夫でしたか。
お薬は何を服用されていましたか。

 

施術にあたって起こりうる合併症に関しましては記載してあったと思います。

その中に脳梗塞や脳卒中はありますよね?

質問者: 返答済み 3 年 前.

2010年6月から開業医に月1回通い降圧剤等を飲んでいました。ミコンビ配合錠、アダラートCR錠、エパデールS900(この薬は処方されない時もあり)です。この医者にも話を聞きに行きましたが悪玉コレステロールは140前後だったとのことでした。血圧は130後半で推移していたと思われます。昨日施術した病院に行って話を聞いてきましたが、内頚動脈に直径4mmの血栓が詰まったが、その血栓の発見ができなかったといっていました。そもそもこの結果に至ったのには伏線があると考えています。母は一人暮らしでした。11月2日にこの病院に胸が苦しいと電話をしました。(日記には「胸が重く締められるような状態に苦しくなり血圧もすごく高くなっている」と記載しています)専門医不在のため近所の診療所に行けと言われました。かかりつけ医は土曜日のため休診でした。町内のもう1か所の病院が開いていたため行き心電図をとったが異常なしとのことで薬の処方もなく帰ってきました。夜また苦しくなり長男を呼び午前3~4時にこの病院に救急受診の申し入れをするも前回と同じく医者が来る朝9時以降に来てくれとの回答でした。結局受診できたのはその時間でした。(この病院は地域の急性期病院として京都府からも指定を受けています)病院に母のカルテや検査画像等の情報開示を求めていますので、入手でき次第見ていただけますか?施術をしたドクターは経験10年の若い人です。4ミリもの血栓が見つけられなかったのはどう考えても納得できません。術後は、血圧、脈拍、酸素濃度、所見観察をしていたと言っていました。どうか力になってください。

専門家:  docmmart 返答済み 3 年 前.
お返事ありがとうございます。

ちょっと整理させてください。

お母様の心筋梗塞が判明したのは急性期病院で朝の九時以降だったんですよね?
最初に胸が痛んだときに心電図だけで帰された病院での血圧はどれくらいだったのかわかりますか。血液検査はなかったんですよね?お母様はこの時点でうちには帰されないで入院されるべきでした。
まずここに問題があったと思いますよ。

あと、時間的に脳梗塞の症状が出たときから実際に脳梗塞を疑って検査を始めたときまでにどれくらいの時間が経過しましたか。

あと繰り返し伺いますが同意書の内容には何と書かれていますか。
質問者: 返答済み 3 年 前.

お世話になります。


施術をした病院をA病院、心電図だけで帰された病院をB病院とします。


B病院には事故後一度も行っていませんので、その時の血圧は今わかりません。必要なら聴取にうかがいます。


脳梗塞の症状についてA病院の説明は以下の通りです。


①朝6時に声をかけたときは異常なく、7時に失語右半身まひの兆候を発見した


②その後CT撮影(7:25頃)MRI撮影(7:55終了)


③内頚動脈内の血栓が原因と診断し、別の急性期病院へ転送準備


④この段階で私の携帯に2か所の病院を指定してどちらが都合がよいかを尋ねてきて、私は自宅から近いD病院を希望し、その病院へ向かいました(午前8時ころだったと記憶しています)


⑤D病院で10時15分に同意書を書き、すぐに施術していただきました


 


A病院から説明を受けた「心臓カテーテル検査、治療に関する説明書」には、次の通りあります。


「検査治療に伴って起こる不都合な事象(合併症)はまれではありますが、一定の頻度で発生することがあります。①穿刺部からの出血、皮下血腫・・・⑥脳血栓塞栓症(脳梗塞)・・・⑫抹消神経障害 などがあります」 ただし、それは検査中もしくは手術直後に発症するものだということで説明を受けていますので、私の理解は心臓カテーテル手術過程で発生した血栓の移動による詰まりが起こりうるということです。ただし、「それには迅速かつ適切な処置をする」とも説明書には書かれています。


 


また、脳梗塞が発症してA病院で処置できない場合(技術的に無理な場合)があるとは一言も説明されていませんので、5日に電話を受けた時は、状況がよく理解できていませんでした。この件は、2月18日にA病院から説明を受けた際にも「事前に説明を受けていれば、最初(心臓)からD病院で受診をしていた」と訴えています。

専門家:  docmmart 返答済み 3 年 前.
わかりました。
それで、心筋梗塞の治療の方は全てうまくいったわけですよね。
タイミング的に心筋梗塞は命に関わりますので脳梗塞の合併症が起こった時のことまで実際問題考える余裕があったかどうかそのあたりはいかがでしょうか。
質問者: 返答済み 3 年 前.

お世話になります。


 


「手術は成功です」とはドクターから直接聞いてはおりませんが、術後の様子(3~4日)は手術前と全く変わらず、いつものように家族と会話しておりました。


 


私はこれまでの病院からの説明やインターネットからの情報で、梗塞は心臓でも脳でも同種の病気と考えています。血管そのものに問題がある場合は別として、血栓が詰まるというのは、血栓が体のどこかで出来上がってしまいそれが血流にのってどこかで詰まる。こう考えると心筋梗塞は命に関わることでも重篤な結果を招く脳梗塞も当然想定して、全身管理を行うのがドクターの当然持ち合わせているべきスキルと考えます。しかも、今回のケースでは、最初の診断は「不安定狭心症」です。心臓が止まっているわけでもなく冷静に対処できる余裕はあったはずと考えます。


 


繰り返しになりますが、私の主張は大きな血栓ができているのに医療機関が見つけられないのであれば、予防は100%不可能です。そうであれば、万が一起こった時に対処できる病院で治療を受けることがリスクを最小にするための患者側の唯一の選択です。


 


母のことを「歳が歳だから」とか「運が悪かった」(A病院はこういう趣旨の話を盛んにします)とかで納得することはできないのです。病気の前は歳を感じさせないシャキシャキした生活を送っていたのでなおさらです。

専門家:  docmmart 返答済み 3 年 前.
わかりました。
少しお時間をいただけますか。
カテの行われる前の診断が筋梗塞ではなかった事実がわかったので、お話も変わってきます。
どこの心臓の血管が詰まっていたというわけではなかったということでしょうか。
手術の際に何が見つかってどのような治療をしたのかも具体的に知りたいです。
そのあたりわかる範囲で教えてください。
今またお返事は昨日の同じくらいの時になりますのでよろしくお願いいたします。
質問者: 返答済み 3 年 前.

カテ診断で3本ある太い血管の真ん中が99%の閉塞であったことから、バルーンでふくらまして治療で2.75×14mmのステントを留置したそうです。あと右も75%、左も90%の閉塞があったようです。1月末に別のF病院(リハビリで世話になっているE病院の系列急性期病院)で右はステントを入れてもらいました。F病院の担当医は今の身体機能から考えると左は当面大丈夫との説明でした。A病院の担当医は100%が梗塞で99%以下が狭心症と私に説明しています。

専門家:  docmmart 返答済み 3 年 前.
 
私なりにご質問の趣旨ならびにお母様がかかられた脳梗塞の背後にありうる原因の可能性や、事実の前後関係(情報は一つまみしかないですが。。。)を解釈するために何度も何度も読み返させていただきました。

まずは私のバックグラウンドをお話しますが、私は長年脳卒中センターと心筋梗塞センターを兼ね合わせた救急救命センターで勤務しております。
ただし、脳梗塞の詳細を知り尽くした神経内科医ではありませんし、心臓のカテーテル検査のできるような訓練をされた心臓の専門医でもありません。ですからすべてのカルテ情報やカテの検査結果等を後ほど送っていただいても詳しい所は読みきれないと思いますが、全体の流れはつかめますし、この場合どこをどう突けばいいかはアドバイス可能であると思っています。このサイトはご存知のように公になっていますのでどうかカルテなどの詳細はぜったいに送らないで下さい。

まず、お母様のような冠状動脈疾患のおありになる患者さんは一般的にすべての血管にアテローム性の動脈硬化が進んでいて動脈内膜にプラークというやっかいな物質が形成されます。そのプラークに潰瘍、血栓、塞栓、内膜の出血や剥離が生じますと急速で重篤な血流障害を起し、梗塞の危険性を伴ってきます。簡単に言えばそういうメカニズムで血管がつまって心筋梗塞や脳卒中が起こるわけです。お母様の場合、コントロールされていたとは言え、高脂血症はあったようです。

病気というものはそれに関するリスクファクターがあればあるほどかかりやすいということは周知の事実です。脳卒中のリスクファクターの中に高血圧症、高脂血症、動脈硬化症が含まれますが、お母様はご高齢であったという事実もあり、脳梗塞にかかるリスクファクターは非常に高いです。また、リサーチによりますと心カテにまつわる脳卒中の発生率は約0.4%と言われていますが女性が多いそうです。通常の脳卒中なら男性の方が多いというのにです。この女性であるという事実、そしてご高齢であるという事実は悲しいかな変更が不可能なリスクファクターです。

心カテを施術された先生にいったい心カテにまつわる脳梗塞のリスクファクターに関する十分な知識と予防策があったかどうかに関してですがおそらくなかったと思いますのでそれはあなたのおっしゃっているとおり十分責めることができる部分でありましょう。
心カテにのぞむにあたってそれが心筋梗塞のマーカーであるトロポニンの上がった状態ではない不安定型狭心症であったとすればお母様やご家族に対して十分な情報を提供する時間は多少なりともあったと思います。また心カテの前に心エコーで心臓の内部の情報を得る時間はあったと思います。左心室の駆出率が低い場合や左心室肥大がエコーによってわかっていたならそれも心カテにまつわる脳梗塞のリスクファクターになりますから。
そういうリスクファクターがある場合は頚動脈のエコーだって事前にできたでしょうに。ほんの10分くらいでできる検査ですし、血管の狭窄の有無は心カテの前にわかったわけです。

それらを踏まえた上で脳梗塞にかかったとき適切な処置がすぐにできる病院に事前に転送するべきだったでしょうね。お母様もご家族もそういう知識がまったくないわけですから、主治医がありとあらゆる可能性を示唆するべきでした。まったくあなたのおっしゃるとおりだと思います。

因果関係ですが、リサーチによりますと施術後、36時間は可能性があります。
お母様の場合は術後2日経っていますが、朝6時の段階でどのような看護記録が残っているかによっては夜間に渡って脳梗塞の症状が出始めた可能性はあったわけですからそのあたりを注意されてカルテをご覧下さい。

一般に心カテ後の脳梗塞は予後がとても悪いです。
心臓の血管の詰まりと、心カテ後の脳梗塞の血栓の成分と大きさ(通常大きいそうです)には違いがあります。脳梗塞の元になる血栓は通常とても古く、より硬いので、治療は難しいとされていますよ。

心カテ後の血栓ですが通常は心臓の中からか、脳血管以外の近心の動脈から飛びます。
エコーを心カテの直前にすることで見当はつけられたかもしれませんね。もしエコーは行われていたのでしたら左記に示した駆出率と左心室の肥大の程度はどのようなものであったのか伺ってください。

この時点からどの方向に持っていかれるのかはわかりませんが、もし私が指摘した部分に納得できるようでしたら次のステップはやはり医療過誤に強い弁護士でしょう。
お金はかかるかもしれませんが、それが一番いいと思いますよ。
docmmart, 医師
満足したユーザー: 4173
経験: 医師、准教授
docmmartをはじめその他名の医療ミス・医療事故カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • docmmart

    docmmart

    医師

    満足した利用者:

    157
    医師、准教授
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    医師

    満足した利用者:

    157
    医師、准教授
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    3316
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    441
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/RI/rikonnsouzoku/2012-4-28_141443_066960x1280.64x64.jpg rikonnsouzoku さんのアバター

    rikonnsouzoku

    行政書士

    満足した利用者:

    181
    弁護士事務所事務員行政書士事務所所長
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SR/srlee7208/2012-9-19_13750_IMG9317.64x64.JPG srlee さんのアバター

    srlee

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    42
    早稲田大学卒業。1999年社労士事務所開業。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/EO/eokuyama/2011-11-8_163713_BioPic3.64x64.jpg eokuyama さんのアバター

    eokuyama

    弁護士

    満足した利用者:

    27
    University of New Hampshire Law School, University of Arizona, Keio University.Law Offices of Eiji Okuyama.
 
 
 

医療ミス・医療事故 についての関連する質問