JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, 医師
カテゴリ: 医療ミス・医療事故
満足したユーザー: 157
経験:  医師、准教授
61793059
ここに 医療ミス・医療事故 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

東京臨海病院に脳腫瘍で入院した61歳の夫が、術前の点滴針から緑膿菌に院内感染して、呼吸器不全で亡くなってしまいました

質問者の質問

東京臨海病院に脳腫瘍で入院した61歳の夫が、術前の点滴針から緑膿菌に院内感染して、呼吸器不全で亡くなってしまいました。脳外科担当のK医師は説明もかなり強引で、見せられた説明書にサインをするしかありませんでした。緑膿菌感染で重篤な肺炎を患っているにもかかわらず、高熱で苦しそうにしている夫に脳腫瘍摘出手術を強行しました。夫と話したのはそれが最後で、それから約一カ月間は意識不明のまま肺炎と戦い、この十数年間風邪ひとつひいたことのない夫が、最後は脳腫瘍ではなく多臓器不全 で苦しみながら亡くなってしまいました。経過の途中5階の観察室というところで、心拍数が170を超えて機械も危険警報が鳴り続けているのに、半ば放り出されたようになって最悪な状態になりました。この時の状況は今思い出しても夫が可哀そうでなりません。何より不審だったのは、緑膿菌感染について十分な説明もなく、死亡診断書にも記載をしなかったことです。誰にでも間違いや失敗はありますが医師に失敗は許されません。ですがそのことについて逃げずに誠意ある謝罪を頂ければ、残された家族も前に進む努力が出来るのです。臨終の時にも居なかった担当医師など到底信用することなど出来ません。しかも掃除は床を拭くだけで窓のサンや棚、手すりはホコリだらけで不潔です。他の病院だったら死なずに済んだのではないかと後悔ばかりしています。
いくら投書をしても病院の口コミではマイナス要因のものは弾かれてしまいます。今更裁判をして訴えようなどとは思っていません。ですが本来口コミというものは、患者のために良いことばかりではなく、こういう事実もあるのだと掲載すべきだと思います。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療ミス・医療事故

医療ミス・医療事故 についての関連する質問