JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr.morinoに今すぐ質問する
Dr.morino
Dr.morino, 医師
カテゴリ: 医療ミス・医療事故
満足したユーザー: 739
経験:  医学部卒業。精神科医。
76003100
ここに 医療ミス・医療事故 に関する質問を入力してください。
Dr.morinoがオンラインで質問受付中

医師の診断情報開示について 母親が、グループホームで「パーキンソン」(国定難病)と書かれていた。・・・後日の情報開

解決済みの質問:

医師の診断情報開示について
母親が、グループホームで「パーキンソン」(国定難病)と書かれていた。・・・後日の情報開示より判明。
ケアマネジャは、「現状がこの状態であるの で」と、医師との連携を全くとっていなかった。
投薬の副作用で、「再生不良性貧血」「凡性血小板減少症」等の、国定難病が発症した。
何故、「パーキンソン」と判断した時点で、家族に知らせなかったのか。医師の情報提供不提示には呆れる。「診療情報と検査データを見せた欲しい」と言ったところ、黙ってドアを閉めた。
なお、最終的には、薬剤の効果が切れて来た時点で、検査データ全てが正常に戻った。
念のため、「DNA」検査をしたところ、まったく欠損・損傷等は無かった。
明らかに、故意の医療過誤、未必の故意による、不適切な診断・投薬で有った。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療ミス・医療事故
専門家:  Dr.morino 返答済み 3 年 前.
明らかに、担当医の情報開示義務違反と投薬ミスですね。
相談者様は、担当医を訴えるおつもりですか?
質問者: 返答済み 3 年 前.


明らかにそうですが、病名を記載し投薬を指示した医師が「在日韓国人」ですので現時点においては難しく思われます。


民事にすれば、調停に持ち込まれます。


刑事事件として、検察へ提出しましたが時期が悪かったのでしょう。


非常に広範囲に及びますので、纏める事が難しいのです。

質問者: 返答済み 3 年 前.


明らかにそうですが、病名を記載し投薬を指示した医師が「在日韓国人」ですので現時点においては難しく思われます。


民事にすれば、調停に持ち込まれます。


刑事事件として、検察へ提出しましたが時期が悪かったのでしょう。


非常に広範囲に及びますので、纏める事が難しいのです。

専門家:  Dr.morino 返答済み 3 年 前.
相手が、韓国人医師ということが、難しいですね。
病院に申し立てしても、外国人医師なので、日本の制度は知らないと逃げるでしょう。
医師会も、取り合わないでしょう。

医薬品副作用救済制度を申請してみては?
もし、認められれば、医療ミスを証明できるかもしれません。
Dr.morinoをはじめその他名の医療ミス・医療事故カテゴリの専門家が質問受付中

医療ミス・医療事故 についての関連する質問